気になる人脈…あなたは友達、仲間、先輩、上司、関係をすべて断ってビジネスを仕事をするべきなのか?

 

おはようございますよっしです。

結論から申し上げますと、人脈は作ろうと思って作るモノじゃないです。

作ろうとする場合も自分に何かしらの魅力があればの話です。

何もないのに、イチロー選手に会いに行ってもファンになることはあっても

人脈になるのは不可能というわけですね。

あなたは友達、仲間、先輩、上司、関係をすべて断ってビジネスをするべきなのか? 

結論から言いますと、私たちが一体どういう人脈をつくるか?

というところにあります。

すいません間違えました。

どういう人脈を作れる脳を持っているか?ということです。

どういうステージの仲間を引き寄せれるか?

そしてその魅力が私たちにあるか?ということですね。

ただ人間は環境にとんでもないくらい影響を受けますので、

というかここが全てなので、

そういう人脈セミナーとか意味不明な場所に行く必要はないです。

基本的に人脈つくろう、という考えを持った人が来ているので

その段階にいる人と繋がっても、という感じです。

 

もちろん無意味ではないですが、優先順位が低すぎると思うんですね。

脳ミソのパワー、つまり脳力を高めないと何も引き寄せられないわけです。

お金はもちろん、人間も、環境も、考え思考も。

すべては私たちの脳ミソが引き寄せるものなので。

 

例えば、あなたが1日中パズドラのことを考えていれば、パズドラ仲間が集まりやすいです。

close-up131118_img03

お金はプロになって人を集めたり、メディアにでれば稼げるかもしれませんが、

なかなか難しいでしょう、パズドラの事しか考えていないので。

何かを得ようとすれば、結果何かを失うのですが、

私は今パズドラを失っています。やらないですので。

その分、仲間や金銭、時間、空間の自由を持っています。

という話はどうでもいいのですが、

まずは時間、お金、この自由を手に入れに行ってから、

つまり自分の脳力を高めることからやってくれと思います。

その後、まだまだ死ぬほどパズドラをやりたければやればいいと思います。

ちなみに今、死ぬほどパズドラをやりたい場合は

ガンガンやればいいと思います。

その辺は本当にバランスで、さっき言った感じで、

スマホアプリ自体に進化の要素は少ないと思います。

今、楽しい。

これに特化しているだけだと思うんですね。

 

もちろんそれは人生で死ぬほど重要だと思いますが、

今ずーっと楽をし続けると後々しんどくなり、

今ずーっと勉強してると後々楽になる。

というマインドセットを学んでからは

この、今、楽しい、だけではいけないと感じてます。

ここはかなり重要です。

今、楽しいのも重要です。

人脈から話がそれていますが続けます。

 

多くの人が成功できないのは、半年無給、1年後には月収30万円。

ここまで待てないからですね。

もう明日でも100万円欲しいんです。

私もそうで、今楽をしたいような生き物、それが人間です。

ただ、半年間の勉強がどんどんどんどん資産になって

その脳力がお金を引き寄せるわけです。

その脳力がないのに何かを引き寄せようとしてもお門違いだよ、と思わないですか?

 

基本的にビジネスの勉強は人間を理解する、ことにつながるので、

無人島で生きない限りはかなり応用がききます。

異性同姓、人間からモテるようになります。

お客さんもお金を払うわけですが、私たちがどういうときにお金を払っているか?

これを考えてみてください。

1、何か欲を満たしたい。

2、恐怖から逃れたい(病院)

2の方が強いと思います。

ナイフが刺さってクビからぴゅーーーっと血が出れば

間違いなく病院にいきます。

手術は173万円です、といわれて、

う~ん、173万かぁ、(ぴゅーーー)どうしよう、高いなやめておこう。

とはならないですよね、値段を聞かずに手術です。

 

身体的、精神的に痛みがある、または掘り起こす、そのお客さん集めて、

その解決策を提示。

これだけです。

だからなんたらテクニックで稼ぐのは良いですが、脳力としては

それ以上の磨きをかけれないので、私はやらないというわけです。

身体的、精神的に痛みがある、または掘り起こす、そのお客さん集めて、

その解決策を提示。

詳しくは下に書きましたのでぜひご覧ください!

追伸

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

そんな私が毎月数百万円の利益を上げている理由。

脱サラできた理由は下記をクリックしてください。

 

⇒ 3252人が受け取った、月20万稼ぐための無料講義はコチラからどうぞ

 

ではご覧いただき、ありがとうございました。

 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ