男子1人社畜地獄物語

「(・・・ただいまぁ)」

パチンッ、ぴ、ぴかぁ

真っ暗な6畳の部屋にぼんやりと明かりがついた。

ベッドと机とイス、散らかったプリントやYシャツで
足の踏み場の無い、狭い床があらわになった。

帰宅した彼はサラリーマンだったが
そこらへんにいるようなサラリーマンじゃなかった。

何故なら、毎朝4時半に起きて、
5時から新聞を読み、6時半には出社
満員電車で帰宅するのは夜11時。

漫画のような一方的に叱ってくる上司と
渋谷からの、疲れ果てたおじさんのすし詰め満員電車。

それを毎日続けているみたいだからだ。

ちょっときつい。

そんな日常、唯一楽しみがあったみたいだが、
それが何だかお分かりだろうか?

週終わりの金曜日、つまりハナキンである。

地獄の一週間のうっぷんを晴らすように
その日に照準を合わせストレスを発散しまくる。

夜のお店、居酒屋、お酒にクラブ、金曜日に家に帰ることは少なく、
夜から朝まで飲みまくり、土曜の朝に帰ることが多かった。

土曜日はそのまま、深い深い眠りにおち、
昼過ぎの15時くらいに目覚め、また寝る。

レンタルビデオ屋にDVDを借りに行って
散らかりきった6畳の部屋で見る。

手に入れたばかりのパソコンで見るユーチューブ、
懐かしいプレイステーション、麻雀、温泉。

ゴルフの打ちっぱなし。

それが終わればまた地獄の月曜日が始まり、
地獄の一週間のゴングが鳴る。

そしてまた金曜日になり、同じ土日を過ごす。

会社では静かな彼も土日はハシャギまわっていた。

・・・

彼が会社にこき使われて、何の成長もなかったのは言うまでもないが、
その理由が明確になったのでお伝えさせていただければと思う。

彼を含めた圧倒的に多くの人が成功できない理由。

と申し上げても過言ではないのだけれど
ガンガン成功する人と大きな差がある。

それは毎日毎日、確実に大きな差となって、

いつまでたっても彼のように上司に怒られ、
週末だけ元気になる人間と、

副業で100万円以上を毎月稼ぎ、
上司を鼻で笑ってしまえる人間。

これくらいの差が開いている。

毎日毎日、確実に開いていく。

ビジネスで成功し、毎月100万円以上の収入を得て、
会社のみんなをひそかに鼻で笑うために
しなければならないコト。

それが、無駄の排除、である。

先ほどの彼の場合、

レンタルビデオ屋にDVDを借りに、
手に入れたばかりのパソコンで見るユーチューブ、
懐かしいプレイステーション、麻雀、温泉。

ゴルフの打ちっぱなし。

お分かりいただけると思うが
無駄や、邪魔が多すぎるのである。

何かの目標を達成したいときに最も重要視すべき事は、

・本気で取り組む
・努力する
・諦めない

ことではなく、

その行為を絶対に邪魔されない環境を
手に入れるコトだと言える。

そんな彼は今では「人生を左右する環境」について
音声で配信しているみたいだ。

途中で諦めたり、モチベーションが下がってしまうのは、

確実に、お酒や飲み会、夜のお店など、
誘惑してくるものがあったり、

テレビやユーチューブを見たりと無駄が多すぎるのである。

「やるべきでないこと」を排除できないわけである。

だからこそ「やるべきこと」に一切フォーカスできず、
意識がそれてしまう。

質も下がる。

同じことをしている人間同士でも、
結果にありえない差が生じるのである。

ダイエットでも筋トレでも、
副業でもビジネスでも全て同じ。

もし誘惑に負けそうになるなら、
その誘惑を断つ必要がある。

友達からの飲み会の誘いが、頻繁にあるなら、
夜の2時間は携帯の電源を切っておく。

筋トレが長続きしないのであれば、
スポーツジムに入会してしまう。

9800円もする、ダンベルをAmazonで買ってしまう。

ダイエット中で甘いものを食べたくなるなら
テレビを見ない、ケーキ屋さんの前を歩かない。

こういったこと、つまり、やるべきでないこと、
にフォーカスできれば間違いなくお金も稼げて、
理想の体を手に入れることができる。

一生懸命やる、ことは当然であり、
あとはそれをいかに長く続かせて、
モチベーションを保ったままにできるか。

だからこそ無駄を排除すること、
邪魔者を叩き潰すことが最重要になってくる。

フォーカスするための、無駄、誘惑、邪魔をいかになくせるか。

ここを断つことができれば
自然とやりたいこと、やるべきことに
フォーカスできるようになる。

もちろん、ずーっとスマホゲームしてたり、
お酒ばっかり飲んだり。

そういう明らかなものから減らすことで時間は作られる。

自分が思う明らかな無駄から減らしていった結果、

サラリーマンの彼は、金曜日、同期や先輩からの飲み会を断り、
土日は朝7時からカフェにこもって勉強する日々が始まった。

そして平日も電車の中、移動時間、飲み会の時間
帰宅後の時間を使って勉強をした。

もちろん夜の店も封印である。

その結果脱サラし、ネットだけで生きれるようになり、
収入もサラリーマン時代を上回り続け、
当時の半分以下の労働時間で何倍もの収入を得るようになった。

これはひとえに、

やるべきでないこと、を排除できたからである。
そしてその時間を使うことができたからなのだ。

ぜひぜひ、いつも無意識でやってしまっていること、

目標のためにやるべきでない無駄なことを
見つけて頂きたいと思う。

飲み会を週1回に減らす、睡眠時間を30分減らす、
スマホアプリを辞める。

ユーチューブを見ない、ニコニコ動画を見ない。

テレビの時間を決める。

やるべきことにフォーカスする環境、そして時間を持つ。

これが稼いで、成功して、理想の体を手に入れ、
目標を達成していく人の共通点である。

もしこれが全くできなければ、

サラリーマンの彼のように、生きた心地のしない社畜の毎日を60歳まで続け、

夜のお店、居酒屋、お酒にクラブ、

レンタルビデオ屋にDVDを借りに行って
散らかりきった6畳の部屋で見る。

手に入れたばかりのパソコンで見るユーチューブ、
懐かしいプレイステーション、麻雀、温泉。

ゴルフの打ちっぱなし。

娯楽に明け暮れ、貯金も全くできず、
いつリストラされるかもわからない。

首の皮一枚でつながった人生を送る可能性が
グググッと高くなることを忘れないでいただきたい。

それを回避するのは「フォーカス」だけだ。

ではここまでご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

 

追伸:

男子1人社畜地獄物語

いかがでしたでしょうか?

そのフォーカスの環境、よっしの限定プログラムが
今月も始まろうとしてます。

来週の日曜日にメールできると思います。

ネットビジネスで10カ月間、収入が0円だったサラリーマンが

プログラム参加後、1ヶ月目で15万円を達成した対談音声を
持ってまいりますね。

確実に成果を上げて頂くために
人数はやはりかなり限定ですので。

メールチェックをよろしくお願いいたします。

ではありがとうございました。

 

 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ