2017年、正月、新年の落とし穴

・・・

『え、おれ??31日から3日までが休みやで!

そーそー金融機関やからめっちゃ少ないねん

そら初詣いって、ちょっとゆっくりして高校の友達に会って、
最終日は帰らなあかんから移動で半日くらいかかるしなー』

そんなことを言っていた社畜時代のよっしは
元旦なんて何のインプットもしてないし、
アウトプットもできるはずがなかった。

お金が減るだけ、意味不明な正月番組に
思考停止状態で挑んで、気が付けば昼過ぎになり、
むしゃむしゃ何かを食べてたら夜になる。

いわばゾンビのように年末年始を過ごした。

そして正月ムードに陥るほどの休みがなかったにも関わらず、
お正月ムードで仕事が始まり、
叱られまくる1月。
 

・・・・

 
あけましておめでとうございます。

あ昨日の、去年の記事見てもらえましたでしょうか?

目標設定について本質をとらえて書いてます。
年始にぜひどうぞ。

正月テレビよりは確実に役に立ちますので。

⇒ 『目標を立てる』の本質はココ

 
数字だけですよね、2016、2017って。
別に何も変わるわけではないです。

そして、ひどい、非常にひどい。

なにがひどいって、ひどいということに全く気が付かないということが何よりひどい。

 
ゾンビという過激な表現を使ったのも
ちょっとワケがあります。

無意識で、思考停止状態でテレビを見ていると
何も頭に入ってこないので死んでる状態と非常に近いわけです。

社畜よっしはですね、この時間が非常に多かった。
 

そしてそれに全く気が付いてなかった、だって無意識だから。

もうね、改善のしようがないわけですよ。

 
え?テレビ?正月なんて普通テレビ見るでしょ?他に何やることあるの?

なんて言ってたと思います。
 

まずい、非常にまずい。

テレビは見たらいいですけど、
見なくてもいいモノです。

優先順位が著しく低いのがテレビです、時間がもったいない。

CMもあるし、結論まで遠いし、
結論も予想できてしまうし。
 

身につくことが低いです、それはなぜテレビが存在しているか、
ということを考えれば簡単なのですが、
当時の僕にはそんなこと考える隙間がありません。

だから無意識でぼけーっとテレビが流れている
みたいなエグイ時間の浪費をしていたわけです。

 

無意識でやっていること、例えば呼吸ですね。

意識せずともできます、今も書きながら読みながら息をしています。

 
じゃあ腹式呼吸、どうでしょうか?

えっとどうやるんだっけ?
お腹を膨らませながら鼻で息を吸って・・・

みたいに考えますよね、意識してやると思います。

 
で、練習して無意識でできるようになってくるわけです。

意識してやってることは成長していくけど、
無意識でやってしまっていることは成長しない。

ということがわかると思います。
 

歯磨き、無意識にやるといつも通りですよね。

定期健診で歯垢が溜まってますねぇ、と言われたら
意識して磨くわけです。

虫歯は嫌だ、しっかり磨こうって。

意識してやる⇒練習する⇒無意識でできるようになる(成長止まる)

無意識でできるコト⇒意識を挟む⇒レベルが上がっていく。

 
ポイントですが、意識を挟むってことです。

無意識でやってることに意識を挟む。

そうすることで頭を使って考えてレベルを上げていけます。

毎日当たり前のようにやってること、をリスト化でもなんでもやってみて
それに意識して取り組んでみてください。

 
例えば、
筋トレならどこの筋肉を使っているのか、
その使っている部位を見ながら意識して
筋肉の収縮を感じる。

これをやるだけでかなり筋肉に意識が行って、
しっかり刺激を送ることができるわけです。

筋トレされてる場合はぜひ試してみてください。

腕を鍛えてるなら実際に腕の力こぶを見る、です。

意識が送られますので。
 

洗濯もそう、どうすれば服を長持ちさせてしわがつかず首回りがヨレないで洗えるのか?

当たり前のようにピピピッとボタンを押して
無意識でやってしまっているのであれば、

ネットで調べる、と意識して行動できれば
洗濯のレベルが上がるわけです。
 

人生すべて意識を挟んでレベルを上げます。

野球もそうです、恋愛もそう、車の運転も全部。

1日の無意識の行動を書いてみて、意識を挟む。

これだけです。

マジであり得ないレベルで人生変わります。

 
意識を挟む意識を挟む意識を挟む。

 
どうですかね、できそうですか?
ぜひ実践してみてください。

これってどうなんだろ?
ちょいとそう思いながらもう一度読んでみてほしいんです。

では今日も感謝感謝で邁進しましょう。
ありがとうございました。
 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ