コンサル生のTKさんが月収15万円を突破されました

こんにちは、よっしです。
 
今回、コンサル生が15万円を突破されましたので
ご紹介します。

初心者ということでしたが
しっかり実践して結果を出されています。
 

月収15万円突破、TKさん(30代男性)
 
こんばんは。よっしさん。

僕としてはネットビジネスで成功したいなら
ネットビジネスで成功している人の話を、
自分の出来る限り忠実に行うことが
理想だと思います。

 

正解か不正解かはそのステージに立たなきゃ見えてこないものですし、
今やってることを一歩でも正解に導くためだったら、
可能な限り言われたことをやっていき、
自分で考え行動していくしかないと思います。
 

要するに自分はまだ愚か者ですので、
可能な限り忠実によっしさんに指導を受けたいです!
 

まだまだ進化してませんので、
とりあえず学びまくってそのステージにいきたいです。

 

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
 

 

ありがとうございます。

依存するわけではないですが僕自身も
駆け出しの頃から今までずっと、

謙虚に学ぶ。

 
コレだけを大切にしてきました。
教材からも人からも全てから謙虚に学ぶ、です。

 
意味不明な自信とか、根拠のない自信とか

『おれは大丈夫でしょーー』

とか気持ち悪いことを言ってた時や
思ってた時は全く稼げてませんし結果も出てませんでした。

 
かなりダサイやつです。
マジで恥ずかしい。

 
謙虚になればいろんなところから素直に情報を受け取れます。

偏見で切り落としたりすることもなければ、
必要な情報を拾い損ねる可能性も下げれる。

 
謙虚に学んで実践する、
これで僕の人生は大きく変わりました。

 
収入ももちろん、時間の自由、場所、精神的な自由。

 
こういったものが手に入るようになったのは
人生の充実の面から見てもやはりでかいです。

なんだか小学生の時に言われたような、
そんな内容でしたが、やはり謙虚は
死ぬまで大切にしたいですね。
 

あ。それで思い出したけど

知ってる知ってる、って言って切り落とすのも
かなりもったいなくて。
 

自分が勉強したりアウトプットしていけば
自分の数値が変わります。

 

例えば、テニス初心者の時と、
テニスの試合に実際出て、1回戦勝って、
2回戦も何とか勝った。
 

そして3回戦、シード選手を倒して
準決勝戦でおしくも敗れてしまった。
 

と経験値が高まれば、
受け取り手の力量は増えます。

 
色んな事、多くのことを感じ取れるようになる。

 
相手の、自分のどこが弱点だったのか
相手との駆け引きは上手くできていたか
長い試合になった時、体力がなくなっていなかったか
体力を温存して次戦にのぞめていたか

 
こういうことって実際試合に出ないと分かんないわけで、
出ない状態で同じことを考えたとしても
考える内容や、改善点はかなり変わってきます。

 
練習して試合して、つまり
インプットしてアウトプットしていけば
自分の数値が変わる。

 
その自分に、練習は大切、駆け引きが大切というのを
掛け合わせていくので、数値は変わるってことです。

自分のレベルや数値を高めて行けば
どんどんいろんな情報を生み出せるし
キャッチできるし進化していけるわけです。

 
だから勉強は欠かせないし、
数値が変わった状態では何を感じるか
変化前ではわからないので

知ってる知ってる、で片づけない方がいい
と僕は思っています。
 

新しい発見があった、とかよく聞きますけど、
それは数値が変わっていろいろ受け取れてるからです。

 
好奇心持ってしっかり行動できてる証です。

 
新しい発見があった!これは毎日でも言いたい言葉ですね。

  
ではではそんな感じで。
ありがとうございました。
 

追伸
僕は毎月数百万円を自動で稼いでいます。
月収700万円も突破しました。

「は?月収?年収だろ?」と、飛びぬけて怪しいですよね。

この業界多いのは、超貧乏で、コンプレックスの塊で、
借金だらけで、人生を終わらせようとした・・・
という崖っぷちから立ち上がったストーリーをお持ちの方達です。

なんですが、僕は

凡人も凡人、中卒でも高卒でもない、才能もない、
普通に大学も行って就活もして会社勤めでした。
日本人90%の中の凡人中の凡人でした。

そんな毎朝4時半起き、23時帰宅の完全体社畜の僕が
一体何をやって月収700万円を突破していったのか?
その説明を下記の記事で公開しております。

凡人、時間がない、自信がない、知識もない、
そんな状態でも着実に学べば、ぺろんと人生はひっくり返せます。

⇒月収700万円になれた完全体社畜よっしの脱サラ目録


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ