就職や公務員がハイリスクで、起業が超ローリスクの驚きの理由


どうもこんにちはよっしです。
ご覧いただきありがとうございます。

ご覧のあなたはサラリーマンであっても、学生であっても、
はたまた起業なんてする気がない場合でも、
非常に役に立つ記事なのでぜひワクワクしてご覧下さいね。

※関連記事
内定がもらえない就活生、社畜ダメリーマンはどう活路を見出すべき?
 

就職や公務員がハイリスクで、起業が超ローリスクの驚きの理由

就職は私が数年前に実際して、当時大手金融機関で働いていました。
 

ブラック企業までとは言わないまでも、
毎朝4時半に起きて23時に帰宅して寝るだけの生活でした。

給料は年収300万円ちょいで大手でもこのくらいです。

20年も勤めれば倍くらいにはなるかもしれませんが、
永遠ロボットのように働き続けるのは地獄以外の何物でもないです。

その職業が天職だと、ご自身で思える場合は別ですけど。
 

『大手金融機関、メガバンクの実情?23歳の実体験』

 
として語っていますのでぜひご覧ください。 

 

人の人生に責任は絶対に負えない、というのがミソですね。

あなたの人生の主役はあなたであり、
どれだけいいアドバイスをされても
やらなければ何の意味もなくなります。

 
就職であれ、ネットビジネスで稼ぐであれ、
とにかくすべては自己責任であり、やるのは私たち自身です。

 
また、
 
現在、私の周りには元公務員の起業家の方がたくさんいますが、
先日も毎月数百万円を稼いでいる人とお会いしていきました。

ではその公務員、は一体どういったものなのか?を語ってみました。 
 

公務員は本当に安定なのか?

 

こんな現状があることも事実です。

もちろんメリットデメリットが混在しているわけですが、
起業はハイリスクだという認識は間違っています。

※参考記事
公務員の年収、給料は本当に安定?

 
その理由として、

私がネットビジネスで月収711万円の純利益を
生んだ時にかかっていたコストですが。

メルマガ配信料、サーバー等、合わせて8000円くらいです。
 

8000円で711万円ということなので考えにくい利益率ですし、
いかにネットビジネスが超ローリスク、超ハイリターンか
お分かり頂けると思います。

 
もちろん赤字の経験なんて生まれてこの方一度もありません。
 
というよりネットビジネスのモデル上、
赤字にしたくてもできないようにできます。
(※物販はよりリスクを抑えて仕入れます)
 

しかし、私がしていたサラリーマンは、
いきなり目の前でリストラがあったり。

結婚が決まった先輩が突如解雇されたり。
 

給料ももちろん多くないし、その給料がいきなりなくなったりと、
今考えれば恐ろしいリスクがあります。

しかもその業界でしか使えない知識だけ持ってても、
ほぼほぼ役に立たない事ばかりです。

だから、また、同じように転職活動をする以外の道がないわけですよね。
 

『ネットビジネスに絶対取り組まなければならない理由』

  

なので、そうやって依存するだけではなくて、

 
ビジネスとは何なのか?を考えたり。

人の心を動かすためにはコピーライティングを、
学んでいかないといけない、であったり。

それを一人でも多くの人に提供するために、
ネットのレバレッジを使わないとかなりナンセンスだったり。

 
まずリスク0で稼いでみて、視野を広げていかないと、
就職しか選択肢がなければ、この先ヤバいです。

確実に二極化に巻き込まれていきます。
見えないくらい勝ち組が少ないですね汗

 
o0190013612459076947
 

そうならないためにも私たちは脳ミソに知識を詰め込んでいく必要があります。

ハードルが著しく下がって、誰でも初心者でも
今日から参入で来て、今日から稼げる。

そんなネットビジネスに取り組んで、全力で取り組む価値があります。

※参考記事
就職でも会社でも起業でも成功するためのマインドセット
 
私自身パソコンがない状態からでもここまで来ましたので、
心配はあるとは思いますが、大丈夫です。
  
 
具体的な方法はこちらから見てくださいね。
一気に作業がはかどりますので。
 

ネットビジネスコンプリートパック
 
 
 

では最後までご覧いただきありがとうございました。
 
以下に、ネットビジネスで月20万円を稼いで行くための、
私の無料講義がありますので、ぜひご覧ください。
 

実際、完全に初心者の方に教えて、
月収10万円を突破する人は本当にたくさんいます。

⇒ 実績者一覧
 
 

まだ無料メール講義をご覧いただいてない場合は、
こちらからご覧ください。すぐにメールをお届けします。
 

⇒ 無料講義でまず月収20万円まで稼いでみる
 
 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ