大学の授業がくそつまらなくサボってしまう理由。教師五者たれ

大学や高校の授業ってめちゃくちゃ眠いときないです?
サボりたいなーって思ったこととか。

会社の会議とか打ち合わせも
ねみいいい、と言いながら参加した経験が
僕には何度もあります。
 
もちろん聞く側にも問題があるんですけど、
話す側になった時意識しないといけないことがあります。

好きな子、同僚、先輩、上司、後輩、仲間、家族
など、しゃべるときは意識すると相手の心をつかめます。

ビジネスならしっかり結果が出ます、
僕も意識することで数百万円の利益が自動で上がっていますので。

それが、教師は五者たれ、ですね。

ではこちらから画像をクリックして動画をご覧下さい。
 

 

教師五者たれ

1、学者
2、役者
3、易者
4、芸者
5、医者
 

1、学者

豊富な知識を有すること。卓越した問題解答能力を有する

インプット
本質をとらえる、枠組み、戦略目的

大学の授業が楽しくない理由は
教授が完全学者パターンの時で
専門用語のオンパレード、
かつ黒板に向かって永遠喋っている時です。

超絶眠くなることは間違いないです。
 

とまあそれはさておき、残りの
2、役者
3、易者
4、芸者
5、医者

もすべては学者から始まります、
学ぶから全てのポジションに行けるわけで、
インプットを断ったらすべて完全に止まります。

流れてくる水を土で完全に止めている状態なので。

インプット学者が一番上流でそこから
2、役者
3、易者
4、芸者
5、医者
へと水が流れてくるイメージですね。

学びを断ったら全て終わります。

2、役者

生徒との強い信頼関係、良好なクラス環境を構築する力を有する(色々な役割)

視座
様々な立場からの意見やアドバイス
 

たまにおもしろい先生がいますけど、
授業内容を色々な角度から説明してくれたり、
たとえ話があったりするパターンですね。

ポジションが学者以外にもあるから
上手く生徒に情報が届きますし、
飽きさせない授業に近づけるわけです。

3、易者

最新の入試動向・受験情報・進路情報を分析し、的確な進路指導ができる(占い)

先読み
対応力
コアを抑える
 

対応能力については大切過ぎるので
コチラにまとめております。

先読みなんて限界がありますし、
その先読みはあってるかどうかも不明です。

もちろん先読み能力も高めていきますが、
対応能力があった方が強いに決まってますよね。

公務員の友達から言われたごもっとも過ぎる1言

 

4、芸者

励ましやる気にさせる力を有する(芸達者の意味)
芸者という意味ではない。

この芸者というポジションも相手の理解ができれば
より強いポジションになります。

相手のことを考えて理解できるから
相手に合った共感ができるし
共感ができるから信頼されるわけで
信頼されるからアドバイスも受け取ってもらいやすくなるわけです。
 

様々な角度から情報を得て行けばポジション、視座が増えます。

増えていくからこそ、
色んな角度から相手の理解ができます。

海外旅行に行こうか、と悩んでいる人がいて、
実際行ったこともないし、海外のことを全く知らなければ
何のアドバイスもできないわけで。

でも実際行ってたり、調べてたり、
行ってなくても行った経験のある友達の話を
熱心に聴いていれば話すことができます。

多面的にとらえることができるわけですね、
ポジションを増やしていくことで。

捉え方も変わっていきます。

 
海外旅行は怖い、と僕は思っていましたが、
それは知らないことが多いからです。

実際、知っていけば、なんだーそうだったのかー
となりましたし、考え方も変わりました。
 

1つのポジションだけだとその情報源に依存します。
怖い、危ない、リスクがある。

いやそりゃどこへ行ってもリスクはあるし
海外旅行でリスクを抑える方法とか、
比較的危なくない所を旅するとか、

勉強してポジションを増やしていけば
なんだー大丈夫じゃないかーとなるわけですね。

 
話がそれました、戻します。
 

5、医者

生徒の精神面・体力面で万全のフォローができる

健康の面
睡眠、運動、食事

スクワット、睡眠への入り方

スクワットについては素晴らしすぎるので記事にしてます。
スクワットは健康、人生を変えると僕は思います。

よかったらご覧ください。

スクワットと背筋で超健康になって収入も上がりまくった件

中学の時の先生

 

『人間勉強、一生勉強、死ぬまで勉強』

 
この言葉は本当に本当に刻んでおいてほしいです。

中学生のよっしには吐き気がするレベルで嫌いなワードですがw

亀田先生、僕にこんなにすばらしいことを
教えてくれてありがとうございました。

中学生では受け取れない言葉やけどもw
ではありがとうございました。
 
 

追伸
僕は毎月数百万円を自動で稼いでいます。
月収700万円も突破しました。

「は?月収?年収だろ?」と、飛びぬけて怪しいですよね。

この業界多いのは、超貧乏で、コンプレックスの塊で、
借金だらけで、人生を終わらせようとした・・・
という崖っぷちから立ち上がったストーリーをお持ちの方達です。

なんですが、僕は

凡人も凡人、中卒でも高卒でもない、才能もない、
普通に大学も行って就活もして会社勤めでした。
日本人90%の中の凡人中の凡人でした。

そんな毎朝4時半起き、23時帰宅の完全体社畜の僕が
一体何をやって月収700万円を突破していったのか?
その説明を下記の記事で公開しております。

凡人、時間がない、自信がない、知識もない、
そんな状態でも着実に学べば、ぺろんと人生はひっくり返せます。

⇒月収700万円になれた完全体社畜よっしの脱サラ目録


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ