マーケティング・ファネルとは?ブランディング

どうも、よっしです。

今回は、『 マーケティング・ファネル 』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

マーケティング・ファネルという言葉ですが、
ファネルは英語で『漏斗(ろうと)』という意味があります。

昔小学生の理科の実験で、泥水を泥と水に分けたと思うんですが、 
その時に使ったのが、漏斗だったんですね。

思い出すことができましたか?
 

集まってきた人をしっかりと道筋通りに導くことができる
それがマーケティング・ファネルです。


 
これから集客をしていく中で多種多様な人たちが集まってきてくれます。

道筋をしっかりと立てておけば、迷うことなくすすめて、
こちら側も次どのような道に案内するのか、を決めやすいんです。
 

このマーケティング・ファネルはDRMには欠かせませんので、
シッカリと教育の段階でふるいにかけていきます。

全く勉強もできない、何もしたくないけど100万円稼ぎたい。

と思っている人が来た場合、私のようなしっかり自己投資をし
行動していくことを推奨する人間は腑に落ちないわけです。
 

しっかりとマーケティング・ファネルでリストの数、質というものを
見ていくことによって販売がかなりスムーズになります。

アフィリエイトをしていく場合、
本当に必須の考え方になります。
 

そしてステップメールを組み合わせても、自動でお客さんの意識を高め、
行動してくれるお客さんを増やしていきます。
 

要は道筋が見えるので、次打つ戦略が立てやすく
イメージがしっかりとできる、というわけです。

 

DRMと切れない関係のフロントエンド、バックエンドを合体させて、
どんどん販売を促進させていきましょう。

超重要なマーケティング・ファネル、です。
 
ですので動画で詳しくご説明していますので
理解をすすめていってくださいね。
 

参考記事:ブランディング構築講義
 
参考記事:DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング) 

 

ではありがとうございました。

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
大体、全体の1割くらいの人しか行動できませんが、
迅速な行動は成功していくためには必須です。

では、また次の記事でお会いしましょう。

 
 

集客講義まとめ

⇒無料レポートについて

⇒無料レポートの作成方法

⇒動画マーケティング時代の到来

⇒集客、ビジネスの最重要課題1

 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ