コピーライティング講座 芸能人のスキャンダルの話

どうも、よっしです

今日は、【 芸能人のスキャンダルの話 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 
まず、なんですが、

私のサラリーマン時代もそうでしたが、基本的に毎日同じことを
くり返して生きていました。

電車に乗り会社に行き仕事をし帰って寝る。
これを週5つづけて土日は寝てちょっと遊ぶ。

そしてまた月曜日から同じ。

という感じで毎日過ぎていきました。

まさにマンネリという、同じことの繰り返しだったので
可能性を求めて、いろいろやろうとしてました。

 

現代人は刺激を求めている

 

日本人は可能性のない毎日に慣れ過ぎているので、
非日常的なことを好む傾向にあります。

どこか旅行にいって、現実を忘れられる、というのも
同じことを繰り返している人生がつまらないからです。

雑誌などでもスキャンダルや、フライデーを見たいのは
非日常を味わえて感情が動くからですね。

【反社会性】が高いものに、より心が動く

芸能人の不倫や離婚、お泊りデート、こういった
ネガティブなニュースは毎日つまらない人にとって
感情が動く楽しみになっているわけです。

Yahooのニュースタイトルでもそういったものが多く、
どうしても私たちはクリックしてしまいます。

メールのタイトルでもこの反社会性は開く理由になります。
※参考記事:アダルトビデオから学ぶギャップ論

その大きな理由は、感情が動くから、です。

今まで、

ギャップや希少性などなどいろいろお伝えしてきましたが
それらを組み合わせれば、効果は絶大になります。

目を背けたいけど見たい、ダメとわかってるけど見たい。

こういうぎりぎりのラインで私たちの感情は
大きく動くんですね。

上戸彩さんが出演された【昼顔】という、
2014年大流行した?ドラマも
反社会性が高い、強いドラマでした。

不倫をしてしまうドラマですね。

不倫とかも世間一般にはやってはいけないことであり、
禁断だからこそ燃える、という要素があります。

絶対に見てはいけないノート。

と言われれば大半の人は気になってみたくなってしまうわけです。

反社会性は目を引く、そしてフックなどと絡ませれば
読まずにはいられないそんな文章ができあがります。

強いコピーを書いて読み手の無感情とはおさらばしましょう。

コピーライティング講座、参考記事一覧:

FAB FORMULA ベネフィットの4段階
OATHの法則
UPWARDS FORMULA 鮮やかすぎるイメージの提示
GDTの法則
QUEST formulaで読者を導く

ではではお付き合いいただきありがとうございました。
感想はいつでもお気軽に送ってくださいね、
しっかり拝読し返信させていただきます。

では、また次の記事でお会いしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ