カメラ転売でおすすめの仕入れ先まとめ

どうもよっしです。

今回はカメラ転売、のおすすめの仕入れ先や
有在庫、無在庫に使える仕入れ先について
いくつかご紹介していきたいと思います。
 

得意不得意が後々出てくると思いますが、
最初はぜひすべてやってみて、
多くの仕入れ先を抑えて行っていただければと思います。

カメラ転売の仕入れ先が多いほど、安定につながるし、
商品を仕入れて行けるようになります。

カメラ転売でおすすめの仕入れ先

 

カメラ転売の仕入れ先は

ヤフオクなどのネット仕入れと
実際にお店に足を運ぶオフライン仕入れの2つにわけることができます。

ネットか実際のお店か、ですね。

ネット仕入れ
オフライン仕入れ

 
なのでこの2つに当てはまっていれば、
というかカメラがある場所であればどこでも仕入れ先になります。

なので今回はネット、お店に分けて詳しく見ていきましょう。
中でもおすすめをご紹介します。

カメラ転売初心者のためのおすすめネット仕入れとオフライン仕入れ先

 

リサイクルショップ全般

 

ご近所にある、リサイクルショップも仕入れ対象になります。

私はかなり田舎に済んでいますが、幸いにもリサイクルショップがかなりあって、
セカンドストリートやその他リサイクルショップにいって仕入れることもあります。
 

お店によって、値段にかなりばらつきがあるので
商品やタイミングによっては1回で数万円など利益を出すことも可能です。

カメラのキタムラ、実店舗

 

カメラを専門に販売や写真現像など色々な事をしてくれる、
カメラのお医者さん的なポジションですね。
 

ただ、1つ注意しておいてほしいのが
カメラのキタムラは、中古品を扱っているところと
扱っていない店舗がありますので、

実際に行かれる際は、中古品を扱っているかどうかをネットでチェックして、
扱っているようであれば足を運んでみてくださいね。
 

またこちらは比較的都会に多い傾向にありますが、
【中古買取センター】の店舗はさらにおすすめで、
買い取られた多くの中古品が店舗に並び、
かつ回転率も高く、お店によってはどんどん新しい中古品が店頭に並ぶことになります。

カメラボディ、レンズ、ストロボ、ストラップなど、
たくさんの種類の商品があるので、
色々仕入れることができるのも強みです。

 
店員さんと仲良くなれば、色々教えてくれますし、
そういったところも実際お店に行って仕入れるメリットでもあります。

 
カメラのキタムラの仕入れの基準としては、
商品のコンディションと価格で主に決めていきます。
 

A良い
B普通
C悪い
 

こういった感じで商品のコンディション表記があるので、
B、C品は必ずチェックされるようにしてください。
 
利益がとれる商品が多いですし、モノによってはC品でガツンと利益を出せます。

 
Aはやはり状態が良い分、値段も高いので
もちろん利益はとれますが、B、C品の方が利益のとれる可能性が高く、
仕入れの優先順位は高くなる、というわけですね。

 
まずはB、C品をしらみつぶしにチェックし
商品数が多くなければA品もチェックしてみるようにしてください。

多すぎてパンクしてもダメなので、まずはBCです!

ハードオフ

 

ブックオフが展開している、家電など、電化製品の中古品を扱っているのが
このハードオフ、です。買い取り販売、ブックオフの電化製品版ですね。
 

ブックオフやハードオフ、そのリサイクルショップは
駅から離れていることが多いので、できれば車、最低でも自転車で
まわることをおすすめしますが、

自転車は商品購入後が大変なので、できれば車で、
リサイクルショップやハードオフなどを
半日くらいかけてザーッと回っていかれるのがイイですね。
 

赤い値札、
緑の値札、この2つが主な仕入れ商品となります。

ご覧のとおり、
赤色は保証付きの比較的きれいな中古品
緑色は、ジャンク品、です。

もちろんどちらも利益の出る値札なので、
相場と照らし合わせながらチェックしていかれてください。

 
ハードオフの中古カメラの値札が赤か、緑の物を狙っていきましょう。

 
カメラのキタムラなどのカメラ専門店の中古ショップよりも
こういったハードオフやリサイクルショップなどの方が

「え?」

というように驚くような利益が出る商品が
多く置かれている傾向があります。

カメラのキタムラ、ネット中古

 

ではここからはネット仕入れについてになりますが、
まずはカメラのキタムラ、ネット中古の仕入れについてです。
 

他でもお伝えしておりますが、
利用者が多いのがキタムラです。

ライバルが強いと感じる場合もあるかと思いますので、
慣れるまでは仕入れを行わず、商品購入の直前まで行って、実際は買わない、
というようにシュミレーションを繰り返して練習してください。

徐々に相場が入ってきて慣れてきたら、スピードも上がって
仕入れる商品も増えてきます。

ここでもA品を狙うのではなく、B、C品をメインに狙っていきましょう。

ヤフオク

 

続きまして、ヤフーオークション、ヤフオクです。

こちらも有名なこともアリ、商品数も多いですが、
利用者もおおく、仕入れられないことも多々ありました。

特に始めたばかりの時は普通に仕入れられないこともあるので、
ここを理解したうえでやっていきましょう。

慣れてきても仕入れられない、ということもあるくらいですので。
 

ヤフオクで仕入れるのは中古品全般ですね、
新品は、まず基本的には除外します。
 

カメラ、レンズ、アクセサリー系など中古でも商品数を増やして
多角的に仕入れができるようになっていくといいです。

特に最初はわからないことが多いので、作業量を増やして
どういった感じなのか、感覚を磨いていきましょう。
 

カメラ転売、ヤフオク仕入れのやり方と注意点、コツについて

ヤフオクに商品を出品する方法、転売や不用品販売のやり方など

 

Jカメラ

 

おもに無在庫カメラ転売の仕入れ先になるのが、
このJカメラという、カメラのまとめサイト的な場所です。

ネットで仕入れる際、各社のサイトからこのJカメラに出品されている商品を
1つ1つチェックしていきましょう。

最安値の商品は仕入れ対象から除外して、
相場をよく見て仕入れのめどが立ってから
無在庫カメラ転売の1ステップ、出品をamazonで行っていきます。

メルカリ、ラクマ

 

フリマサイト、でも仕入れをすることが可能です。

スマホでざっと見ることがメインになるかと思いますが、
パソコンでもサイトを見ることができます。

 

なので移動時間など、細切れの時間はスマホでチェックして、
ある程度時間が取れる場合は、
パソコンでザーッとチェックしていってみてください。

そうされた方が効率がイイですので!

また、スマホでチェックする場合は、相場をリサーチしたりオークファンを見る際に
パソコンよりも作業効率がどうしても下がってしまうため、
時間があるときはスマホではなく、パソコンの別タブでオークファンも開きながら
ガンガンチェックしていきましょう。

相場がある程度頭に入ってくれば、
スマホ仕入れもスピードアップしていきます!

カメラ転売でおすすめの仕入れ先まとめ

 

ということで最後までご覧いただきありがとうございました。

ヤフオクで最高20個ほど、1日で仕入れたことがありますが、
やはりヤフオクはおすすめです。

ネット上はどんどん新しい商品がやってきて、
更新されていきます。

 
仕入れ、落札、やり取り、商品受け取り、商品発送、受け取り確認、入金確認

とヤフオク1つで全てが完結するのも
かなり素晴らしいですし、完全在宅で利益を出せるのも
圧倒的なメリットと言えますね。
 

ヤフオクだけ、フリマサイトだけ、
などでも稼いでいるコンサル生もいますので、
まずはヤフオク仕入れができるようにやっていきましょう。

 
オフライン仕入れ、はネット仕入れと違い、
商品の更新頻度が遅いです。

なので、毎日行くのも、毎週行くのもあまりおすすめできません。

 
商品の更新頻度はお店にもよりますが、
早くても2週間に1回、または1ヶ月に1回くらいのペースで
お店に足を運んでみてください。

商品知識などがついた状態で行けば、ウハウハなものをたくさん見つけれることも普通にありますし、数万円の利益を撮れますので、ぜひワクワクしながら行ってみてくださいね!

 

商品数を見て、どんどん知識を蓄えていきましょう。

ではありがとうございました。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ