草食系(農耕型)と肉食系(狩猟型)ビジネスとセールス方法

どうも、よっしです。

今日は、『 草食系、肉食系ビジネス 』 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 
セールスとお金に対するマインドブロックを変えることで、
圧倒的なコンテンツでお客さんの救う
、ということを
お伝えさせていただきました。

また今後どういうマインドセットでビジネスを展開していくのか?
ということなんですが、どちらのビジネスモデルがイイのでしょうか?

・狩猟型ビジネス
・農耕型ビジネス

のこの2つです。

狩猟型ビジネス、というのは従来のビジネスモデルで、
読んで字のごとくまさに、狩り、です。

セールスにいいイメージがないのも、その原因はこの狩猟型ビジネスにあります。
ゴリゴリ系で何としても買ってもらおうとするわけですね。

セールスをする前には必ず情報提供の段階があり、
信頼構築をせずにいきなりモノが売れることは基本的にありません。

参考記事:セールスはするな!ものは売るな!

DRMでも情報提供があり信頼構築ができるからこそ、
始めて、ものが勝手に売れていくという状況になります。

それを全てぶっ飛ばしたのが狩猟型ビジネスであり、
私たちはそれを避けていきます。

そして、

もう1つの農耕型ビジネス、ですが、
これがまさにDRM、信頼を構築して、同じベクトルで
歩んでいくモデルです。
参考記事:DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

すべてで、この情報提供、つまりDRMでいう教育(価値提供)が
要になってきていることがお分かり頂けると思います。

いかに多くの価値をお客さんに提供できるか、
これが本当の意味でのLTV(ライフタイムバリュー)です。

 

提供できるものが圧倒的であればあるほど、
心を動かし成長していくことができる。

 

だからこそ多くの利益を結果としてもたらしてくれるわけですね。

順番を間違えて最初から利益を取れば、
確実にしぼんでいきます。

こちら側が本気で提供できるからこそ、それを感じて
向こう側も提供してくれる関係になってくれるわけです。

ではではお付き合いいただきありがとうございました。

感想はいつでもお気軽に送ってくださいね、
しっかり拝読し返信させていただきます。

では、また次の記事でお会いしましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ