ヴェブレン効果と消費の非合理性

どうも、よっしです。

今回は、『 ヴェブレン効果 』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。

 

 
【ヴェブレン効果】(Veblen Effect)は価格が高まるほど効用も高まる
という効果で、いわゆる顕示的消費のこと。

そう感じてしまうこと、というわけですね。
アメリカの経営学者ヴェブレンさんが提唱したみたいです。

ネット上ではたくさんの情報がありますが、

・無料のモノより有料のモノ
・100円の中古の本、1万円の限定の本

の後者の方に価値を感じますし、お金を払った人は意識が高まっていきます。

無料だと挫折したり、諦めることは必至ですし、
今まで本当にたくさんそういった人を見てきました。

より高い金額をかけたので継続でき、
途中で挫折することも少なく、意識も高い。

つまりは安かろう悪かろう、の逆、ということですね。

しっかりとブランディングができれば、構築していけば、
意識の高いお客さんがあつまり、高額商品であっても
しっかり販売することができます。

もちろん、

機能的価値、感情的価値、自己本体価値を理解してもらい
ブランドとなれるような提供は欠かせません。

徐々にインプットを重ね、お客さんと繋がれるよう
フットインザドアテクニックで進んでいきましょう。

参照:フット・イン・ザ・ドア・テクニックと恋愛の心理学

ではではありがとうございました。

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってくださいね。
では、また次の記事でお会いしましょう。

【復習】
確証バイアスとは?具体例
認知的不協和とは?具体例と恋愛の心理学
権威性の心理効果、行動とは?
両面提示、片面提示の法則と説得の心理学

【次の講義】
保有効果の例と行動経済学、損失回避について

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ