ネットビジネスにはセンス、才能が必要なの?いらんいらんw

こんばんはよっしです。
ご覧いただきありがとうございます。

暑かったですね今日はもう蚊が飛んでて夏でした。
 

さてさて、

現在コンサル企画は2つしているのですが
毎月実績者が出ていていい感じです。
毎日頑張ってくださりありがとうございます。
 

3月から毎月、月収10万円、月収100万円突破者が出ています。
実績者一覧

実績者は、ネットビジネス初心者や
初めて数か月とかそんな人達しかいません。

センスとか才能とか一切なかった人達ですね、
僕もそうです。

 
以前紹介したTさんは、先月に続き今月も月収100万円突破したみたいで、
ちょいと話を聞いていると、稼ぎながら勉強もされていて
ややハードな毎日を全力で生きていられました。
 
ということで本題の。

ネットビジネスにはセンス、才能が必要なの?

 
ということですが、
センス、僕はあった方がいいと思いますけど、
必要だとは思わないです。

僕自身、恐ろしいほど凡人だし、
パソコンの使い方もわからない状態から始めました。

というかパソコンさえもってなかったので、
まずパソコンを買いに行くところから始めてます笑

どう考えてもセンスはないですよね、泣
 

じゃあなぜそれでも毎月数百万円を稼ぎ、
月収700万円を突破できたのかというと、
謙虚に学び続けたから、というのが理由だと自分で思います。

僕も特に勉強もせず、センスだけで成功してきた!
といいたいですが、やはりそれは無理でした。
 

独学でやろうとして失敗したり、鬼ほど遠回りしたり、
意味不明なことを一人でやっていたと今になって思います。

変な自信があって、僕は謙虚に学ぶことができていませんでした、
コレは本当に猛省につぐ猛省です泣

マジで遠回りしたので。

というかよく途中で諦めなかったなと
自分をほめてあげたいレベルです笑

センスがある場合は勝手に成功していきますが、
ない場合は成功していかないので
僕はさっさと諦めて、謙虚に学ぶことにしました。

かなりプライドがボロボロになったので、捨て去りました笑

 
ただ、この記事でもお伝えしているように、
後発組の方が稼げる可能性は高いですかなり。

ネットビジネスではもう稼げない、という出遅れてる論について

 
なのであとはしっかり積み重ねて行くのみですね、
道がハッキリわかっているので。

 

そして収入が上がってきたら、
人生の満足度について考えて行きます。 

肉体労働と自動化のバランスを考えていかないと
毎月コンサルだけ、毎日コンサルのみ、だと
終わらないラットレースが始まります。
 

つまり抜け出せない『肉体労働しないと稼げない』状態です。
参考記事:就職や公務員がハイリスクで、起業が超ローリスクの驚きの理由
 

そうです、これはアルバイトや以前の私のような嫌々会社にいく社畜と
何ら変わらないということになるわけです。

 
以前お金持ちは働いていない、ということを言いましたが、
いや実際は働いてるんですけど、働かなくても稼げる状態を作ってます。
 

遊んでるのに、旅行してるのに稼ぐ

 
その辺、つまり自動化もしていきながら、
より人とダイレクトにつながり素晴らしいコンサルも
やっていく、のはアリだと思います。
 

最終的には、

『自動化、資産化、と肉体労働でしか味わえないやりがい』

 
の融合が1度は目指すべき場所かと思うんですね。

 

肉体労働が悪なのではなく、それだけだと、
時間をお金に変えることしかできなくなる、てことです。

厳しい話肉体労働は多くの人ができます。
できますが、自動化資産化は多くの人ができないです。

もちろん時間は有限なので、変えてても限界があります。

全員に一から全て対面で説明するんじゃなくて、
なんか昔ありましたよね。

 
中学校、高校の先生が全く同じ授業を他のクラスでもやって、
同じところで同じネタで笑わせるみたいな。

同じネタやるのは恥ずかしいなーと思いながら見てました。

 
ずれましたので話を戻しますと
つまり、

 
初心者の最初のステップとして
アフィリエイト・タイムズを作成しましたし、
ネットビジネスはどういうもので何でどう稼ぎ、
そのためにどういうマインドセットが必要なのか?

をすべて動画で語っているわけです。

 
こういったところは肉体労働ではなく
自動化して学んでもらった方が早いからです。

私は時間が浮き、知識経験を蓄え
また提供することができる、そんな時間が増えます。

それができないと、時間だけが過ぎて
提供できるものが増えにくくなり、
お客さんも受け取るモノが減る、もしくは増えない。

というウィンウィンならぬルーズルーズになるわけですね。

 

時間は有限なので全て自分でやるのは無理だし、
ネットで自動化した方が沢山の人が効率よく見てくれて学んでくれます。

私も学べて提供できる。

私が金融機関時代にやっていたような
真夏でもスーツ着て1件1件訪問するようなことは
しなくていいんです。汗汗

動画講義は東進ハイスクールと似てますよね。

 
全て自分でやろうとするんじゃなくて、自動化の視点を入れて行く。

自分がやりたいところを考えて、
やりたくない、やるべきでないことを考える。

 

というのも、ちょっと自分でやろうとして努力の方向を間違ったり、
フォーカスできずにお金と時間を浪費している人をよく見かけますので。
参考記事:最強のフォーカス環境 を作る方法

無理なら任せればいいですし、
余裕があれば外注でもいいです。
 

コンテンツを作り、コンサルティングをし、
メール書くのは私のやりたいことです。

ですがメールを配信するのはスタンドに、
動画の再生もYOUTUBEに任せてます。

やるべきこととやるべきでないことを明確に。

 
 

日本の洗脳かわからないですが、
一度やったことは最後までやり切らなくていいです。

この損切りも非常に大切で、
途中で無理だと思ったら諦めてください。

損切り参考記事:FXで連絡が取れなくなった友達の話
 

私もネットビジネスを始めた時とか、
毎日14時間×4か月間かけてアフィリエイトタイムズを
作った時など。
 

『これだけやって無理ならセンスないわ、諦めよう』

 
そう決めてスタートしています、全力で正しい方向に進んで
全く結果がでないなら諦めて次行きましょう。

ずっと1人の異性を好きになることはすばらしいです、
ただ周りを見てみて初めて気づくこともあれば、
やっぱりこの人だと感じることもあります。
参考記事:凡人は自ら、自分の成長を止めている!?ソクラテスに学ぶ名言縛りはきつい理由とは?
 

上手くいかない時は何かうまくいってないので、
やり方を変えるか、考え方を変えるか、さらに本気でやるか。

やってかないとズルズルいきますよ。

 

例えば気になったりわからない所を
質問してみるとか何でもやっていくといいです。

上手くいってない現実を受け入れると次に進めますので。
嫌なんですけどね、上手く言ってない現実を受け入れるの。

 
ただ、弱みだと思うところをしっかりと見つめれる人は
せっせと修正して、みるみる次に進んでいきます。

成功できる、得意な点はどんどん成長させて、
弱みは修正できたら成功しますよね普通に。
 

人は普通であれば弱みを直視できないので、
本質を見て見ないふりをします。
 

『仕事でストレスたまったー飲みにいこーー!』

 
これは本質的な解決じゃないですよね、
この方法を否定しているわけではないですけども。
参考記事:忘年会に行く人が成功できない理由
 

根元から解決するには、
ストレスの原因だったり、
ストレスを感じてしまう自分だったり、
ストレスを悪と決めている自分であったり。

 
こういったところを見ないと、

飲み会⇒一時的にストレスなくなる⇒時間が経てば貯まる⇒飲み会・・・

このループにハマるわけです。
 

見たくない本質や、直視したくない弱み、
このあたりに人生のヒントは隠れてます。

ぜひ探してみてください。

ガラスのハートをお持ち場合は
調子がいい時にやってみてくださいね。

「今日は忙しいし用事があって仕方なかった」と勉強しない。

「趣味にはお金を使わないと」と言って自己投資しない。

「毎日テレビとお酒」が帰宅後の日課。

↑これを読んで、

 

「ぎくっ!私の事だ」

「図星です・・・」

 

こんな感じで思うことを見ていかれてください。
そこが弱みであり修正すべき点です。

では今回はそんな感じで。

最後までご覧いただきありがとうございました。

ご感想やご質問はこのメールに返信してください。
拝読し、返信いたします。

では!

 

追伸
僕は毎月数百万円を自動で稼いでいます。
月収700万円も突破しました。

「は?月収?年収だろ?」と、飛びぬけて怪しいですよね。

この業界多いのは、超貧乏で、コンプレックスの塊で、
借金だらけで、人生を終わらせようとした・・・
という崖っぷちから立ち上がったストーリーをお持ちの方達です。

なんですが、僕は

凡人も凡人、中卒でも高卒でもない、才能もない、
普通に大学も行って就活もして会社勤めでした。
日本人90%の中の凡人中の凡人でした。

そんな毎朝4時半起き、23時帰宅の完全体社畜の僕が
一体何をやって月収700万円を突破していったのか?
その説明を下記の記事で公開しております。

凡人、時間がない、自信がない、知識もない、
そんな状態でも着実に学べば、ぺろんと人生はひっくり返せます。

⇒月収700万円になれた完全体社畜よっしの脱サラ目録

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ