選択肢削減の法則、選択肢が多いのは地獄

どうも、よっしです。

今回は、『 選択肢が多いのは地獄 』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

【選択肢削減の法則】というものがあるのですが、
人は選択肢が多すぎると、どれか1つに決めることが困難になる、
というわけですね。

たくさんメニューが並んでいてどれもおいしそうであれば、
本当に決めにくいですし、決定しても他の選択肢に
目移りしたり後悔してしまった経験があると思います。
 

要は選択肢はコチラから提示し、2択、多くても3択に
おさえることが基本系です。

 

コピーライティングの鉄則でご紹介いたしましたが、
3つのONE、というものがありました。
 

1メッセージ、1マーケット、1アウトカム
 

この中の1アウトカム、つまり出口(選択肢)を1つにする、
ことを徹底していきましょう。

選択肢を狭めて提示することでお客さんは行動しやすくなり、
他の選択肢を考える手間が省けます。
 

1つの選択をするかどうかだけ悩めば、いいわけですね。
 

それだけでいいわけなので、1つの選択肢を取る必要性を徹底して
解いていくことに集中できるわけです。

こうすることで私たちも文章を書く際の1メッセージにもつながり
コピーライティングはさらに力を増します。
 

余計な選択肢は減らしていきましょう。
 

ではご覧いただき、ありがとうございました。

動画ではより詳しくご説明していますのでご覧くださいね。

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
ガンガン行動していきましょう。

では、また次の記事でお会いしましょう。
 

【復習はこちら】
確証バイアスとは?具体例
認知的不協和とは?具体例と恋愛の心理学
権威性の心理効果、行動とは?
両面提示、片面提示の法則と説得の心理学
ヴェブレン効果と消費の非合理性
保有効果の例と行動経済学、損失回避について
自己奉仕バイアス
宣言効果とは?学習心理学?

ウィンザー効果とは?恋愛の心理効果

 
【次の講義はこちらから】 
同調現象 集団心理のマーケティング
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ