コピーライティング講座 数字を用いて具体的に 

 
どうも、よっしです。

今日は、【 数字を用いて具体的に 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 
 
読まない信じない行動しないでおなじみの4つの壁、
でお伝えさせていただきましたが、
今回は【信じない】についての補足です。
 
私たちが信じない、つまり「嘘でしょ~」と思うことについてですが、
どういうときにそう思うでしょうか?

もちろん信じられない時ですね。
 

数字に宿る説得、証拠のパワー

 
その中でも【証拠】というものがかなりのパワーがあって、
どれだけ嘘っぽくても、ほら証拠、と言われれば
信じてしまうほどの力があります。

 

刑事ドラマでも証拠がない、証拠がないと言って
なかなか犯人を捕まえることができない、なんてことはよくありますよね。
 

それはネットビジネスでも全く同じで、証拠がなければ
真実味がなく信憑性もありませんし、特にこの業界ナイーブな世界です。
 

証拠がないものは全く信じられないし、証拠があっても、
というレベルまで来ています。

 

そんな厳しい中で、数字は力を発揮します。

数字は結果を具体的に表すのに必要なので、
あと2か月で10万円稼げなければ就職する。

というように具体的な説得にも使えます。

 
あと少しだけ挑戦させて!と簡単に言うよりも、はるかに説得力があり
結果が出た後に数字を使えば、さらに説得力が増します。

 
1ヶ月で10万円の利益がでて、2か月で20万円利益が出た、
だから3ヶ月目では25万円以上の利益が出せる。

と言って結果が出た後に数字で証拠を載せてくれば、
圧倒的な説得になり、相手の不安を消すことができます。

 
ポイントは、
 

【数字、証拠によって相手の不安を消す】


 
ということです。
 
数字は、具体的であればあるほど不安を掻き消し、
信憑性が上がり説得力も増します。
 

また、

より普遍的で数字は基本的に誰にでも通用して
非常にわかりやすい共通言語と言えます。

ネットビジネスに限らずどんなビジネスをする際にも、
数字を用いてより具体的に結果で語れば、相手の不安は無くなります。
 

そして不安がなくなれば、行動することが可能になっていくので、
セールスレターなどでは、この数字がよく使われているというわけです。
 

・募集人数は何人なのか?
・募集締め切りまで何日なのか?
・何日でいくら体重が減ったのか?

 
などの、

数字が具体的であればお客さんを安心させる1つの要因になります。
 
このポイントを上手く抑えて、パワーのある証拠として
数字を使っていってください。

(※参考記事:希少性と限定性)
 
コピーライティング講座、3つのONE
コピーライティング講座、4つのポイント

ではではお付き合いいただきありがとうございました。
 
動画ではより詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。
感想はいつでもお気軽に送ってくださいね。 

では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ