セルフブランディングとは?ブランディングを極める

どうもこんにちは、よっしです。

今日は、『 あなただけのブランドを 構築する 』 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 

この『セルフブランディング』が構成されれば、
お客さんが行動がスムーズになり、商品を買ってくれます。

そして、

情報がたくさん出回り情報過多な現代に、
頼れる存在としてあなたをブランドとして認識します。
 

例えば、

「この教材を買うべきでしょうか?」という質問が来るのは
ブランディングされた人に答えを求めているからですね。

こういったメールは私の元にもよく送られてきます。
 

情報が多すぎるので、道を照らしてくれ、と無意識で思うわけですね。
わからないことはそういった人に聞く、わけです。
 

では、

まず、このブランディング、お客さんの頭の一部を占めるためには
3つの構成要素を理解していく必要があります。

それを1つずつご説明いたしますね。
 

ブランディングの3つの構成要素とは?

 
1、機能的価値(役に立つ)
2、感情的価値(好き嫌い)
3、自己本体価値(キャラクター)

 

この3つがブランディングの構成要因となります。
 

ブランディングと聞くと堅苦しい言葉のように聞こえますが、
インターネットの普及で格段とハードルは下がりました。
 

つまり、

誰でもそういった媒体(Twitter、フェイスブックなど)を
使ってブランディングができるようになったわけですね。
 
発信して誰とでもつながれるからです。
 
 
ですので、

あなたのブランドがしっかりと確立していけば、
どんどんビジネスが強固になり収入が上がっていき、
あなたを取り囲む仲間も意識の高い人が増えていきます。

 
それはつまり、
 

ピンチの時こそ支えてくれるお客さんや仲間が増えていく

 
1、機能的価値(役に立つ)
2、感情的価値(好き嫌い)
3、自己本体価値(キャラクター)

 

これら3つのブランディング構成要因の価値を高めることで
その境地にたどり着くことができます。
 
 
役に立ち、好きになってもらう、これを続けていくことで
信じられないような利益が楽々上がるようになります。
 

月収100万円以上を情報発信で稼いでいる人の多くは
ブランディングがなされています。

私がサラリーマン時代の10倍の収入を得たのも、
セルフブランディングがなされているからです。
 

なので、動画講義と続編でぜひ知識を深めていってくださいね。
 

インプットを積み重ねていけば誰でも可能な境地ですので、
淡々と行動していきましょう。
私も全力でサポートさせていただきますので。

 
ではではお付き合いいただきありがとうございました。
動画ではより詳しくご説明していますのでぜひご覧ください。

 
そして、感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。
 
大体、全体の1割くらいの人しか行動できませんが、
迅速な行動は成功していくためには必須です。
 

余裕があれば第0章へとお進みください。
 

⇒ ブランディング構築講義第0章

 
では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ