コピーライティング講座 QUEST formula で読者を導く

どうも、よっしです。

今回は、【 QUEST formula で読者を導く 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

クエスト、という言葉には、冒険するといった意味がありますが、
ここでは5つの単語の頭文字を取ったので、直接的には冒険するという意味は
ないです。

ないのですが、登頂するという意味合いを込められているので
冒険する、と近い意味がある感じではあります。

では詳しく見ていきましょう。
 

QUEST、クエストフォーミュラを徹底的に

 
1、Q・・・Qualify(適任である)
2、U・・・Understand(理解する)
3、E・・・Educate (教育する)
4、S・・・Stimulate(刺激する)
5、T・・・Transition  (移行する)

 

以上の5つですが、頭文字を1番から順番にとって
QUESTフォーミュラ、です。

1つずつ確認していきましょう。 
 

1、Q・・・Qualify(適任である)


 
適任である、資格がある(宣言する)

「(暗に)私があなたの悩みを解決します」

Hidden message 隠れたメッセージで暗に示していく

私があなたを助ける(レター、メルマガなど)と宣言し、
ターゲットの選定、当事者意識の植え付けをする。
 

2、U・・・Understand(理解する)



理解する、共感する
⇒ 私もそうだったんです(サラリーマン時代の経験)

過去の出来事、感情への共感、痛み分け、共有

距離感が近く、信頼関係が芽生える

共感できるポイントが無ければ読めない
 

3、E・・・Educate (教育する)


 
教育する、価値観のすり合わせ、紹介する。

進むべき道を提示していくが、ここですべては語らない。

ポイントは芽生えた信頼関係の補強。

証拠や実践者の声(テスティモニュアル)をのせていく。
 

4、S・・・Stimulate(刺激する)



行動する、移行する(商品販売、返信など)

それではこちらから申し込んでください ⇒ リンク

今までの全てを踏まえて行動、言い切る

保証、サポート、値段、最後の一押し、理念
  

5、T・・・Transition  (移行する)


 
刺激し、感情の起伏を起こす、興奮など

どういう未来が待っているのか?
⇒ ベネフィット

希少性、限定性、特典などで刺激する
 

 
以上がクエストフォーミュラの概要です。
 

【QUEST formula で読者を導く】とタイトルにも書きましたが、
読者さんが進みやすいように、道案内をして導いてあげてください。
 

絶対的法則ではありませんが、
最初はしっかりこの型で書き進めていきましょう。

もちろんしっかりやっていけば、
とんでもなく高い反応を得ることができます。
 

この型はオススメですので。
 
 

コピーライティング講座、参考記事一覧:

FAB FORMULA ベネフィットの4段階
OATHの法則
UPWARDS FORMULA 鮮やかすぎるイメージの提示
GDTの法則

 
ではではありがとうございました。
動画では詳しくご説明していますのでご覧くださいね。
 

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
ガンガン行動していきましょう。

では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ