コピーライティング講座 行動せざるを得ない強制力 

 
どうも、よっしです。

今日は、【 コレでお客さんは行動する!? 】 についてです。

非常に強いパワーを持つコピーライティングで
私たちの意志をしっかり伝えて、読み手を行動させてください。

では動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 

私たち人間が行動するときは、恐怖、快楽が関係していると
マインドセット編で詳しくお伝えさせていただきました。

恐怖から逃れるために行動し(強い衝動)、
快楽を得たいと行動するのが人間です。

これが行動の大きく分けて2つの要因というわけですね。
 

では、どうすればその2つの行動をコピーライティングで
引き起こすことができるのか、というテーマに入っていきます。
 
コピーライティング、つまりペンは剣より強し、
と言われるゆえんはここにあります。
 

言葉を見聞きすると私たちは想像してしまう


 
色んな言葉があり、それぞれ持っているイメージがありますよね、
赤い靴下、京都大学、ステーキ、強盗。

たったこれだけでも色んなイメージが湧いたと思います。
言葉は強いですよ、どんどんいきます。
(※参考記事:芸能人のスキャンダルの話)
 
 
つまり、

言葉によってイメージが湧き(想像し)、
それが感情の波を立てます。感情が動くわけです。

 

そして、

それがポジティブであれば快楽、ネガティブであれば恐怖といった形で
それぞれの行動を引き起こすわけですね。


詳しくいきましょう。
 

例えば、私たちは銀行員として働いているとします、
すると覆面をかぶった男がいきなり現れて、
 

「5秒以内にお金を渡せ、渡さないと撃つぞ!!」


 
と言ってきました。
 
渡さないと撃たれて死んじゃう!!!こわい!

恐怖が私たちを包み込み、お金を渡すとい行動を引き起こすわけです。
 

1、渡さないと撃つ
2、撃たれたら死ぬという想像
3、死ぬのは絶対いやだ痛いのもいやだ
4、恐怖を避けようとして行動する

 

という順番で私たちは行動するというわけです。
(※参考記事:仕事のモチベーションを高め行動する方法)
 
 
これはコピーライティングでも非常に効果を発揮し、
物語やイメージの強い言葉(反社会性)などを並べられれば
嫌でも人間は想像してしまいます。

そのタイミングで確実に感情が動くので、
行動するきっかけになるわけです。

 
もちろん中途半端であれば、行動には至らないですし、
先ほどの銀行強盗の話のような強烈な恐怖、
ストレスは人を確実に動かします。

 
ただ、死を恐れない人には効き目はないですし、
それはターゲットを間違えた、ということになります。
(※参考記事:ターゲティングの重要性)
 

極論ですが、死を恐れない人はいないですし、人間の欲求に
訴えかけるものは基本的に普遍的と言えます。
 

お金を得る、という欲求も強いので、
人を行動させるには強いインパクトといえます。
 

人を行動させる文章はまだまだ奥が深いですが、
こういうカラクリでも成り立っている、わけですね。
 

ではではお付き合いいただきありがとうございました。
 
感想はいつでもお気軽に送ってくださいね。
動画ではより詳しくお伝えしていますのでぜひごらんください。

 
では、また次の記事でお会いしましょう。
 
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ