ザイアンスの法則とは?単純接触効果

どうも、よっしです。

今回は、『 ザイアンスの法則 』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

【ザイアンスの法則】とは接触頻度の高いものに好感を抱く心理のことです。

私たちは毎日顔を合わせている人とは挨拶を交わしますし、
会社の人とも深く関わりがありますよね。

また、

よく似た言葉で単純接触効果というものがありますが、
毎週ポストに投函されている広告、とかですね。

私であればユニクロさんの広告がよく入っています。
 

入っているだけで、頭の中に毎週ユニクロ情報が
刷り込まれて好感を持つ形になります。

購入したことある場合はなおさらユニクロで下着や
靴下などを買う人も多いはずです。
 

他にも、

気になる異性がいた場合、毎日とは言わないまでも
単純接触効果で定期的に連絡を取り合い、相談したり、
ご飯を食べたりして好感を保つこともできます。
 
しかし、

注意する点としては、ある程度の関係が構築できているということです。

また接触しすぎても、というところがありますので、
バランスは非常に重要と言えます。
 

例えば、

メルマガの接触頻度ですが毎日2,3通送れば、
かなりの接触頻度で煙たがる人は多いわけですね。

そんなに毎日メールを見る時間はありませんので。

 
かといって、1ヶ月に1回だとたいていの人は忘れられますし、
それができるのは圧倒的なブランドが構築できている人に限ります。
 
セールスレターの中で重要なことを連呼したり、
選挙カーが候補者名を連呼するのも、何度も伝えて
認知して好感をもってもらいためです。

なので注意点としては、

距離感と頻度

ということですね。
 

ではではありがとうございました。
 
動画では詳しくご説明していますのでご覧くださいね。

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
ガンガン行動していきましょう。
では、また次の記事でお会いしましょう。
 

【復習はこちら】
確証バイアスとは?具体例
認知的不協和とは?具体例と恋愛の心理学
権威性の心理効果、行動とは?
両面提示、片面提示の法則と説得の心理学
ヴェブレン効果と消費の非合理性
保有効果の例と行動経済学、損失回避について
自己奉仕バイアス
宣言効果とは?学習心理学?
ウィンザー効果とは?恋愛の心理効果
選択肢削減の法則、選択肢が多いのは地獄
同調現象という集団心理のマーケティング
カクテルパーティ効果とは?理由?

 
【次の講義はこちらから】
ブーメラン効果の例とは?心理学
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ