羽田空港国際線ターミナルのおすすめ野宿スポット


 

『野宿じゃねぇ、もはやホテルや!!』
 

おはようございますよっしです!
てことで、ついにやってきました!

キャンプ好き旅行好きには欠かせない
空港での野宿のおすすめスポットについて。
 

今回は、羽田空港国際線ターミナルのおすすめ野宿スポットをご紹介します!!

あ、ちなみに!

間違われないかと思いますが、
国内線だと泊まれないので注意されてくださいね!笑
ちなみに僕は間違えました笑

警備員さんにここは閉まるよ?笑、といわれて
バスまで教えてもらって国内線から国際線まで移動したのは秘密です。

普段は平日しか旅行はしませんが、
今回は平日でもあの羽田空港が舞台です!
平日でしたが人が多かったですねwwそらそうか

ということで、

羽田空港、国際線ターミナルのおすすめ野宿スポット見て行きましょー!!!

羽田空港国際線ターミナルで空港野宿

羽田空港国際線ターミナルは24時間空いている空港です。

成田空港と違って臨海部なので
騒音問題とかないんでしょうね。

ですので早朝便に合わせて夜来て泊まることもできます。
(最近ではLCCで早朝便も増えてきましたので利用する方も増えた、らしい)
 

寝る場所の候補としては以下4か所らしい。

2F-到着ロビー
3F-出発ロビー
4F-江戸小町
5F-TOKYO POP TOWN+屋上展望台
 

1階のエントランスプラザはエリアも小さく、
寝るのにはあまり適していないので今回は除外です。

 
なんか江戸小町で寝るには気が引けそうだったので、
普通に空いてるベンチを狙っていきました。

 
時間帯は23~25時とかになってくると
ベンチは結構埋まってきていて、
あまり寝床を確保するのにおすすめできません。

なので21時くらいにはできれば寝床を確保されるようにされた方がイイです。

もちろん時と場合、運にもよりますが、
時間が遅くなればなるほど寝床が減っていると思っていただいて大丈夫です!

寝床争奪戦。

 
ちなみに僕は21時にはついていたので(暇人か)
今回はしっかり選んで寝床を確保できました!

コンビニ、Wi-fi、シャワー、ロッカー等完備

完全にホテルやないか笑

ということで24時間営業のコンビニがあるのはもちろん、
ロッカーも当然あるし、シャワーもあります。
 


 


  

シャワーは1000円ほどしますが、
空港の中で体が洗えるとなると
かなり便利ですよね(^^)/

もちろん僕は野宿なので使わなかったですけど笑
 

トイレで顔を洗って、歯磨きもしてコンタクトは外しておいて
眼鏡で過ごしてワイファイ繋いで仕事して電話とかもして。
 

うーん・・・
コレは野宿じゃないな笑

便利すぎて何も苦じゃないぞ・・
 

ちなみに女性も野宿している人もチラホラいて
日本人かどうかわからないですが、
老若男女、外国人も多くいろんな人が寝て過ごしていました。

野宿にあれば便利、おすすめの持ち物

この場所もおすすめですね、ロビーです。
通行人がバカみたいに多いですがw 

ここでは野宿に便利なおすすめグッズを紹介していきます!

僕は最低限の荷物しか持っていきませんが、
ぜひ参考にしてもらえればと思います。
 

でもでも!
装備を整えて行けば、野宿というより、普通に寝れるし、
キャンプに近い感覚になるので楽しくて仕方ないですw

確かにちょいと疲れますが笑
無料だし、色々経験するためには疲労なんて安いものですしね!

おじさんになりつつありますが、
こういったことは続けて行こうと思いますw
 

枕(空気で膨らませることができるもの)

特にこれは欠かせないです、カバンとか枕にしている人がいますが、
荷物はロッカーに入れておくのが間違いないし
なんせ枕があればしっかり休めますので!

荷物は出しておくと盗まれる可能性もあります、
警備員や警察官がいますが、
それでも盗まれる可能性は0ではないので。
 

しかも枕はかなりコンパクトになるので
(折りたためばペットボトルくらいになる)
持ち運びも便利です。

枕とスマホ、小銭、寝る道具、これら以外は
全部ロッカーに預けるくらいがイイかと思います。

ユニクロ、ウルトラライトダウン

↑これウルトラライトダウン、フード付き、です笑

寒さ対策として、
また寝返りもうちやすく軽い、そして温かい
ユニクロさんのultraライトダウンはかなり重宝します!
 

こちらもコンパクトに畳めるので持ち運びも便利。
夏以外のシーズンは持っていって損なし!

というか必需品!

できればフードありのダウンの方がイイですね、
頭からも体温は奪われていくので、
頭を守ってくれるフードが付いているultraライトダウンがおすすめです。

マスク

これも特に!

こちらも乾燥から身を守るために必要ですね。
 

僕は二枚持って行って、
明るいのでアイマスクの代わりに着用しました!

こんな感じでw

空港は室内といえども人通りも多いし、
カナリ乾燥している感じだったので、
風邪を引かないためにもマスクは必需品ですね!

耳栓

何と言っても場所に寄りますが、
やかましいのは避けて通れませんw

まあやかましい!

前回はイヤホンでしたがまあまあうるさいです。
交差点の真ん中で寝ている感じw
 

端っこのベンチなら、耳栓なしでもいけなくはないですが、
やはりあった方がイイです、コロコロの音とか歩く音、
喋り声にアナウンス、このあたりは最強ですので笑

100均で買って持っていった方がイイです!

オススメは端っこのベンチですね。
トイレを通り過ぎたところにあります。

イヤホン

静かにジャズを流しながらゆっくり寝る、
これを前回取り入れましたがいい感じでした。
 

オシャレに眠りに付けますw
防音になるのでぜひ試してみてください。

僕はultraライトダウンのチャック付きポケットに
アイポッドを入れて隙間からイヤホンを出していました。

マットレス

かなり邪魔、笑
これは必需品ではないです汗

 
私よっしはキャンパーなので折りたたみのマットレスを、
又は寝袋を持っていますが、荷物がかさばります。

ただ、ベンチの上に敷いて、枕もあれば
家と何ら変わらない寝心地を手に入れれます。

弱点としては荷物が、
鬼のようにかさばるというところ。

羽田空港国際線ターミナル野宿まとめ

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!
最後にまとめておきます!

・静かな所なら寝やすい、奥のベンチ。
・とは言っても多少は疲れるw
・荷物はできるだけロッカーが安全

・必須の持ち物
1、枕
2、ウルトラライトダウン
3、マスク
4、耳栓
5、イヤホン

 
という感じですね。

もっとこういうのも持っていった方がいいよ!
なんていうのがあればぜひ教えてください!(^u^)

では最後までご覧いただきまして、
ありがとうございました!

あ、もし僕が野宿していたら声をかけてください、
野宿されるのであれば、一緒に飲みましょう笑

 
その他の旅行記事はこちら

⇒ 山口県角島大橋へのアクセス!晴れを狙って一度は行きたい絶景ポイント
⇒ メタセコイア並木道の紅葉、滋賀県へのアクセスや駐車場
 

追伸:

文中にも少し書かせていただきましたが、僕は平日にしか旅行に行きません、
その理由は簡単で、土日は混んでいるからです苦笑

ユニバもディズニーも平日です(滅多に行きませんが笑)

今ではこういった自由な生活を手に入れていますが、
数年前まではひたすら金融機関で営業をしていました。

朝から晩まで営業ひたすらピンポン、
これで毎日終わりです。

そんな僕が月収700万円を超え、
自由な生活を送るようになった軌跡をまとめました。

⇒ 社畜がネットビジネスで人生を変えた。社畜脱出物語


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ