謙虚になれない理由と謙虚さが生きやすさ向上に直結する話

 

こんにちはよっしです。

謙虚さがない上に、プライドがあって物事がホント上手くいきませんでした。

 

以前こういったツイートをしました。

謙虚が良い。「それ知ってる」を最初に言ってしまうとそれ以上何も学べなくなる、会話でもそうで、なるほどなるほどと聞いた方がより多くの情報が入ってくる。聞き上手、そして適切なタイミングで「~ということですよね?」で話を整理すれば相手も話しやすいしコミュ力が上がる。まずは謙虚に聞くべし 

 

ということで上記のツイートをもう少し深く解説していきながら、「謙虚になって人生を生きやすくする方法」を実体験をもとに語っていきます。

謙虚になれない理由

 

シンプルに謙虚になれない理由としては、
自分が正しいと思ってしまってるからです。

 

また、失敗して恥をかきたくないから。

謙虚になれないと成果を出しづらい

謙虚になれない、つまり人の話や教えにすなおに聞けないとうまくいかないですよ。

理由はシンプルで学びがストップするから。

 

というのも、そのジャンルで成果を出している話であれば、なおさら聞いた方が良くて、成功してない新参者の自分が考えれることは、言ってしまうとたかが知れてるんですよね。

 

  1. ギターに挑戦しよう
  2. ギター詳しい友人「動画見たりレッスン受けるといいよ」
  3. 俺には俺のやり方がるんだ

 

謙虚さがないっていうの構避けなければいけない状況で、先人の知恵を借りれるチャンスをすててしまうと、なんでも結果が出ないですよね。

 

参考記事⇒成功する人の共通点や特徴!成功者の考え方や習慣を真似る

 

たとえば、習い事とかスポーツでも趣味でも何でも同じです。

 

  1. インターネットで稼ぎたい
  2. ブログで学んだりや信頼尊敬できる人の教材などを買うべき
  3. 謙虚に学ぶ価値を感じたので買うor独学自己流

 

上記の例だとインターネットで生計を立てる場合ですが、独学で成功していくほど簡単な世界はないような気がします。

みんな勉強してやっていきますからね。

よって謙虚さが欠けると、成功しづらいです。

謙虚になるには絶望や挫折が手っ取り早い

謙虚になれないと、自分の成長が止まる。

前述のツイートの通りで、人の話を聞けなくなるので学びが止まるからです。

 

ただ、誰でも簡単に今日から謙虚になりましょう、と言われてなれるかと言えば、ぶっちゃけそんなに簡単な話ではないですよね。

 

謙虚になれるのは行動して失敗する(絶望、挫折)こと

 

身を持って体感せよ、ではないですが、僕の場合、数年前サラリーマンを辞めて自分の会社を設立していて。

 

何故か自分でもよくわからない自信があったのですが、失敗の連続で、まあ失敗は必要だと思っていたのですが成果が出ないとさすがに焦りました。

 

全然うまくいかないので普通に挫折しそう→貯金もすぐに底をつきる→だめじゃんセンスもないじゃんということに気が付きました。

そこで雑魚だから謙虚にならないと真面目に学ばないと、と痛感したんですね。

謙虚さが生きやすさ向上に直結する話

  1. 会社を辞めたからインターネットで生計を立てよう
  2. まあ独学でも上手くいくでしょう
  3. 見よう見まねで成果出ず挫折

 

シンプルに書きました、何を隠そうこれは僕のことです。

 

アクセスが集まらないし、メルマガ読者も増えない、商品なんて売れるわけがない、「自分のやり方で上手くいくはず、もっと自分の頭で考えないと」と謙虚さの無い失敗する典型でした。

 

そんなことがあり無事に挫折して謙虚になる事ができたので、7桁収入をキープしながら最高月利は700万円を超えるところまで来ました。

謙虚になり生きやすさを向上させる方法

 

なるほど、をつけること癖にして、さらに自己責任で行動することです。

謙虚に学んで(インプット)行動(アウトプット)なので成果が出ます。

上記は俗に言う成功法則ですが、謙虚になる事から全てが始まるなと思っています。

サラリーマンは頑張る必要あり

僕自身サラリーマンを経験して起業していますが、サラリーマンはやはり会社に守られているので責任がすべて会社に行きます。

 

サラリーマンを批判するわけではないしあくまで僕の経験からの意見ですが。。

 

それを続けていくと謙虚さが徐々に欠落していき後輩にも大きな顔をする上司はどの会社に行ってもいるんじゃないでしょうか。普通に働いていればリストラもなければ給料も毎月もらえます。

 

生かさず殺さずみたいなことが言われてますが、あながち間違っていないようなきもしないでもないです。

自己責任で独立し失敗して謙虚が大事と痛感

前述のとおりですが、いい意味でも悪い意味でも守られているサラリーマンを辞めてから、独立起業したわけですが数々の失敗をしました。

 

自分だったら成功できるかなと思っていたのですが、逆に上手くいく事の方が圧倒的に少なく毎日胃痛との闘いでした・・・

 

一応勉強も最低限してきたし、金融機関に入ってるしとかいう謎の理由でまあ大丈夫だろ的な、ふんぞり返ってたわけではないですけど謙虚さには欠けていたように感じます。

 

謙虚さがかけ、失敗しまくることで完全に自己責任だということを痛感したし、それと同時にこのままじゃ生活費も稼げないじゃんとなっていました。

謙虚にならないといけない、そう体感したタイミングでしたね。

謙虚になったら成果を出せた件

自分に何もできないことが判明し、一から勉強すべく僕は何も知らない、と言い聞かせプライドを捨てて、なるほどと言いながら謙虚に学びだしました。

 

TTP(徹底的にパクれ)を実践して、まずは自分の変なフィルターを取っ払ってて。

 

プライドを完全に捨てたり、謙虚になりすぎたら自分を失ってしまうのでは?と思ったことがあったのですが、0か100で考えることもないような気がしていて、バランスを考えて行けばいいなと思います。

 

でも最初はやはり知らない事ばかりですし、学ぶことは多いので自分を捨てつつ謙虚な学びに徹していく方がイイです。

その後、学んで成果を出して来たら徐々に自分を出して独自性なるものを出すとバランスが取れてくるかなと。

 

でも徐々に成功していくとまた謙虚さが無くなっていくので、バランス変えて自分を捨てつつ新たに学びを追加していく、この繰り返しが今しっくりきています。

 

以前こんなツイートをしました。

 

誰かの意見に流されることは悪くない。でも本質や根幹、コアとなる自分の軸はしっかり持っておこう。色んな意見の枝を持っていてもいいけど、幹は自分らしさを忘れない。枝ばっかりに目がいって、枝ばかり育つと肝心の幹がぐらついて折れてしまう。軸はしっかり。あくまでも枝はサブだ。 

完全に自分に言い聞かせたツイートですね。苦笑

天狗になることなくひたすらに学んで行動してを繰り返していこうと思います。

謙虚になれない人はプライドが高いと思う

謙虚に学べばどんどん進化成長できるので、自己責任で挑戦していくのが良いと思うのですが、そう簡単な話でもないんですね。

プライドが邪魔したりすることもあるかと思います。

 

正直最初の小さな行動は何でもいいので、まずやってみることが大切です。

例えば

  • あたらしい勉強を始めてみる
  • メルマガを購読してみる
  • インターネットでお小遣いを稼いでみる
  • 不用品販売や転売をやってみる

 

こういったことでも小さく許容の範囲で、謙虚にやって見るのがイイかなと思います。

 

失敗が怖いとこういったことに挑戦できないし、その根幹にはできるはずの自分が失敗するのが怖い」であることが多く、謙虚さが無くプライドが高かったりします。

 

自分は何も知らないと謙虚になるには、自己責任で小さく挑戦して失敗修正を繰り返していくことです。

 

学びを止めてしまうと成長が止まると痛感しているので、コンサルティングは積極的受けて日々のインプットとアウトプットをこれからも大切にしていこうと思います。

 天狗になることなくひたすらに学んで行動してを繰り返す、ですね。

 

ということで、脱サラした軌跡や副業で生活を変えていくすべを無料公開しています。現在は10000人近くが購読してくれているのでよかったらチェックしてみてくださいね。実績者も多数です。

 

 
⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

 

1 COMMENT

ミラ

こんにちは。
ランキングから来ましたミラです。
“謙虚”に学ぶ姿勢、大事ですね。
そして学んだらアウトプットする、行動に移ることですね。
参考になりました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。