自己本体価値とは? ブランディング要素3

どうも、よっしです。

今回はブランディング構成要素3、『 自己本体価値 』 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

ブランディングの構成要素3ということで最終章ですが、
自己本体価値、というのは造語です。

私が尊敬する人が教えてくださったものになります。
わかりやすくご説明しますのでご安心くださいね。

ではいきます。
 

自己本体、つまり私たち自身の価値

 
自己本体価値は3つの分野によって構成されます。
 

1、私たち自身のキャラクター
2、私たちの軸、理念
3、かざらない私

  
の3つです、なんか最後だけちょっと変ですね苦笑
では1つずつ見ていきましょう。
 

1、私たち自身のキャラクター

例えば、

大好きな恋人の前、厳しい上司の前、仲のいい先輩の前、
というように場面に合わせて私たちはキャラクターを変えます。

厳しい上司の前で、大好きな恋人といる時のように
ふるまうことはまずありませんよね汗

その場に臨機応変に対応する、ということです。

ペルソナ(仮面をかぶるコト)などと表現します。

 
では続きまして。
 

2、私たちの軸、理念

人それぞれですが、私たちは、軸や理念があり日々生きています。

そんな大げさなものはない、と思われるかもしれませんが、
大きなものでなくても、『軸』というものが存在しているわけですね。

それをより強固なものにしていくことで、
失敗してくじけそうになった時など、私たちを支えてくれます。
 

ゆるぎない理念を兼ね備えた発信は人の心を打ちますし、
収入も増え続けていくのは間違いありません。
 

では最後に。
 
 
3、かざらない私

ありのままの私、といえばアナと雪の女王を思い出しますね。

これは、素顔の自分ということになります。

演じきれずにうっかりした時につい出てしまう、素の自分です。

お客さんとの関係が深くなっていけばいくほど、
心の距離も近くなっていきます。
 

つまり、コレはどういうことかというと。
 

ゴマカシがきかなくなる、ということ


 
靄がかかっていた存在でも近くなれば見えてくるものがありますので、
ごまかしがきかない本当の自分もより磨いていきましょう。

そうすることでより強固なブランディングは形成されていきます。
 
 
以上が自己本体価値を構成する3つの要因となります。
 

では次回は今までの価値を総まとめにして
あなただけのブランディングを形成していきましょう。

・機能的価値(役に立つ、圧倒的)
・感情的価値(好悪)
・自己本体価値

この3つの総まとめ、ですね。
 

セルフブランディングができれば、月収100万~は切りません。
ぜひぜひこの境地に立ってくださいね。


 
ご覧いただきありがとうございます、ざくっとご説明しましたが、
動画ではもっと詳しく説明していますのでご覧くださいね。
 

『ここまでのブランディング講義はこちらから』

セルフブランディングとは?ブランディングを極める
ブランディング構築講義 第0章
機能的価値とは?ブランディング要素1

 
また、

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください。
 
ガンガン行動していきましょう。
では、また次の記事でお会いしましょう。
 

⇒ ブランディング講義 セルフブランディングとは まとめ
 
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ