コピーライティングの4つのポイント コピーライティング講座

どうも、よっしです。

今日は、『 コピーライティングの4つのポイント 』  についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 
 
今回は『4つのNOT』、つまりお客さんがNOと言う内容、
行動しない事柄、についてご紹介いたします。
 

コピーライティングで気を付ける4つのNOT

 
1、(メールを)開かない「NOT OPEN」
2、読まない NOT READ
3、信じない NOT BELIEVE
4、行動しない NOT ACT

 
というこの4つです。
 

まずですが、最初に、(メールを)開かない 「NOT OPEN」

コピーライティングに取り組んでいくうえで常にこの4つを
常に、覚えておかなければなりません。

どのタイミングで読み手が放棄するか、わからないからです。
 

わからないからこそ、メールを送った時やブログのタイトルなど
思わず開きたくなるようなタイトルにしていきます。

 

しっかりとターゲットを決め、そのターゲットの心に響くような、
そんなタイトルにしていく必要があります。
 
まずはしっかり開いてもらう、コレをクリアしないと
あなたの文章は読まれることがなくなります。
 

メールさえも開いてもらえない、というのは何としても避けなければなりません。
 

次に、読まない 「NOT READ」


 
メールを開いたとしても、面白くないメールは読まれません。
面白くなくても、例えば役に立つメールや、
役に立たなくても面白いメールなど。
 

機能的価値、感情的価値を高めた文章にすることで、
感情を動かすことが必要となってきます。

 
・おはようございます
・今日は晴れですね
・今日はこんなことをしました
 
こういう日記のようなメールには誰も興味がなく、感情も動きません。
コレが許されるのはアイドル等に限られます。
(※参考記事:あなたの文章が読まれない理由、コピーライティング講座)

 

次に、信じない 「NOT BELIEVE」

 
呼んだとしても信じるに値するかどうかは別です。

月収2億円、という桁外れな数字を信じさせるには
様々な方法が必要がというわけですね。

数字、証拠、周りの人の声、どうしてそんな数字が可能なのか、理由。

などなど【信じない】の壁を越えることは、
読み手を行動させるために大きな壁になります。
(※参考記事:数字を用いて具体的に、コピーライティング講座)
 

最後に、行動しない 「NOT ACT」

 
全ての壁を乗り越えて、最後に最も大きな行動の壁が現れます。

圧倒的なモノであったり、不安を取り除ききることができなければ
行動の壁を越えることはできない、てことです。

しっかりと価値が伝わり、お金<価値、と感じてもらうために
その他の4つの壁を越えつづけていきます。

 
続けて行けば、商品は売れていきます。
 

私もそうやって数百万円の利益を上げてきました。
 
4つの壁の存在、それぞれの超え方は上の音声と、
これからしっかりお伝えいたしますのでご安心ください。
 
1、(メールを)開かない
2、読まない
3、信じない
4、行動しない

 
ですね。

(※参考記事:コピーライティングの4つのポイント)
 

ではではお付き合いいただきありがとうございました。
ご感想、ご不明な点はいつでもお気軽に送ってくださいね。 

では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ