コピーライティング講座 FAB FORMULA Benefitの4段階 

どうも、よっしです。

今回は、【 FAB FORMULA Benefitの4段階 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

『FAB FORMULA』というのは、ある単語の頭文字を取って並べた
Benefitの段階を把握するものです。

ファブフォーミュラを知っていただき、本当の意味で
『Benefit』を理解し、使いこなしていきましょう。
4段階を1つずつ分析していきますね。
 

ベネフィット、輝かしい未来の4段階

 
F Features ⇒ 機能

A Advantage ⇒ 利点

(M Motives ⇒ 動機)

B Benefit ⇒ 利益

 

以上の4つとなります、Mもベネフィットの一部として
考えれるので含むこととしています。

ご覧いただきました通り、ベネフィットには4段階あります。

ではそれぞれ例を見ていきましょう。
下に行けばいくほど強くなっていきます。
 

1、Features(フィーチャー)


 
特徴や概要、説明

どういう機能を持っているのか

・木の机、いす、木の板2枚
・PDF10ページ、音声60分、動画54分
・コードレスの掃除機、布団お掃除機能付き

 

2、Advantage(アドバンテージ)

 
利点、強み

・商品購入で何が手に入る
・手に入れたら何が起こるのか

例、PDFファイルで収益構造を提供します
 

3、Motives(モチーブ)


 
その機能が満たし、埋めてくれるもの

無駄な努力や間違った努力をせず、お金、時間をかけずに
(最短で成功していく)

例、無駄な時間、無駄な努力をはぶく
 

4、Benefit(ベネフィット)


 
利点(広義)

この商品を手に入れればあなたはどうなるか
もたらされる未来

⇒もたらされる素敵な未来を具体的に想像させる

・ダニからあなたを守ります
・子供の喘息防止につながります
・電気代も35%カットできます

 
 

以上がFAB FORMULAの解説となります。
 
 
ではさらに詳しくそれぞれの具体例を見ていきましょう。
 

1、Featuresの具体例
 
商品の性質、機能
⇒持っている物、兼ね備えている物

月収10万円を達成した動画、そして音声講義はこちら
 

2、Advantageの具体例

商品を手に入れれば何が起こるか

この動画講義を見て頂ければ、ネットビジネスで収入を上げるためのスキルと、
さらなる進化のための自己投資術がわかり、継続的に収益を生むことができます
 

3、Motiveの具体例

商品が満たしてくれるもの

ネットビジネスのための無駄な勉強や努力、時間を省き・・・

満足させる
 

4、Benefitの具体例

商品機能がもたらす未来

ネットビジネスで毎月利益を上げ自由に生きる事ができるようになります。
真の安定を手に入れ、時間、お金、場所に縛られることなく生きれます。

※参考記事:仕事のモチベーションを高め行動する方法とは?
 
 

以上がより詳しいBenefit4段階の例です。
 

商品ページのレターにも多くが載っているので、
セールスレターを見るときには注意してご覧くださいね。

 
押さえておきたいポイントとしては、Featureが基本となることです。
すべてはここから枝分かれして、ベネフィットが深くなっていきます。
 

そして今回お伝えしたベネフィット、ですが
ブランディングがある場合とない場合で使い分けていくのがおすすめです。
 

ブランディングがある場合
 ⇒ベネフィットをごり押ししない
 

ブランディングがない場合
 ⇒しっかり提示し想起させる

 
 

要はブランディングが構築されている、つまり信頼関係がある状態で
ベネフィットをごり押しする必要はないからです。

逆に過度にゴリ押ししすぎると煙たがられてしまいます。
 

「信頼関係があるのに、なにをいまさら言ってるのだろうか?」

と感じてしまうからですね。
 

つまりブランディングが構築できている場合は、
『Feature』と『advantage』で商品は売れていくということです。

 
とても信頼ができる人が売る商品であれば、ベネフィットを見なくても
どういうものであるかさえ分かれば欲しくなるからですね。
 

行くところまで行けば『お申し込みはコチラ』
だけで売ることも可能になります。

圧倒的なブランディングはそれを可能にします。
※参考記事(ブランディング講義)
 

ざくっとご説明しましたが、動画では
より詳しく説明していますのでご覧ください。

また、

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください。
 
ガンガン行動していきましょう。
では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ