コピーライティング講義 3つのONE 誰に何を、 書いているのか?

どうも、よっしです。

今日は、【 3つのONE、誰に何を、 書いているのか? 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 

コピーライティングで忘れてはいけない法則、
として3つのONEというものがあります。
 

コピーライティングの3つのONE

 
1、ワンマーケット
1、メッセージ
1、アウトカム

 
という3つです。
 

特にメルマガ、ブログなどで情報発信するときに
肝に銘じて取り組んでいく必要があります。

では詳しく見ていきましょう。
 

1マーケット

 
1、マーケットというものですが、どの市場に書くのか?
どこにターゲッティングをするのか?という問題です。
 
ここがぶれてしまうと、誰に伝えたいのかさっぱりになり、
読んでいる人も当事者意識を持てなくなります。

的が定まっていないので、誰に書いているの?と思われて終わります。
 

例えば、

プライベートジェットの管理方法、と言われても
多くの人は持っていないので全く想像ができません。

お金持ちを超えた富豪の人たちをターゲットにする場合はいいですが、
そうでない場合はそのマーケットに合った言葉を選択する。
 

というのが1つめのワンマーケット、です。

(参考記事:ターゲティングの重要性)
 

1メッセージ

 
では2つめの1メッセージに移っていきます。
 

1つのメッセージ、ということですので的を絞って1つを的確に伝えます。
 

私の自己紹介はこちらです。
実績はコチラです。
オススメの教科書はコチラです。
オススメの動画はコチラです。
・・・

 
 
多くなればなるほど読み手は混乱していきます。

混乱すればどうなってしまうのか?ですが、
全ての行動を閉ざしてしまい、何も伝わらないまま
そのページから去ってしまうわけです。
 

混乱した脳は必ず拒否をする、これはぜひメモしておいてくださいね。

 
読み手を混乱させないためにも伝えたいことを
必ず1つに絞って的確に伝えてください。
 

私も講座内ではできるだけ多くのことを伝えずに、
1メッセージでわかりやすくお伝えさせていただいています。
 

コピーライティングならそれだけを、マインドセットならそれだけを、
セールスならそれだけを、です。

(参考記事:コピーライティング講義、あなたの文章が読まれない理由)
 

1アウトカム


 
アウトカムというのは、出口という意味があります。
 
じゃあ読んでもらって何をするのか?という
1つの出口を読み手に提示するわけですね。

 
1メッセージと通ずる部分がありますが、
読み手を混乱させないことがいかに重要か
お分かり頂けると思います。

 
 
1マーケット、1メッセージ、1アウトカム。
 

3つのONEを守って情報発信をしていきましょう。
特にメルマガ、ブログでは実践していくべき内容です。
 
 
ではではお付き合いいただきありがとうございました。
長くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

感想はいつでもお気軽に送ってくださいね、
動画ではより詳しくお伝えしていますのでぜひご覧下さい。
 

では、また次の記事でお会いしましょう。
 
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ