石の上にも3年は長すぎです【耐えるコトが目的になったら終わり】

こんにちは、よっしです。

石の上にも3年と言われますが、すぐ脱サラしました。

ちょっと前にこんなツイートをしました。

✅石の上にも三年

と言われてサラリーマンを辞めずに続けている先輩がいたけどやはり消耗していた。

耐えるコトは社畜とか苦しいことを耐えるんじゃなく、成果を出したいことが結果が出ない時、諦めずに耐える時に使いたい。

悲報ながら社畜に耐えても見返りはほぼなかった、損切りが大事

思うに3年は長すぎです、損切りは大事ですよ。

ズルズル進んでしまうとより身動きが取れなくなります、3年待っても変わらないので小さく挑戦すべき。

石の上にも3年は長すぎです【耐えるコトが目的になったら終わり】

ぶっちゃけ長すぎ、です。

そして耐えても見返りはないですよ。

石の上にも1年でいい

石の上にも3年が問題なのは、それに耐えるコトが目的になってるからです。

 

結果が出てない状態で3年続けれるのって趣味とかですよね。

まったく結果が出なくても楽しいか、趣味か。

 

仕事で結果が出ずに3年続けれるのはかなりハードだし、言ってしまうと3年もやって結果が出ないなら、方向転換しないとですよ。

 

例えば、副業でブログで稼ぐといっても3年間、報酬ゼロ、で続けてる人はたぶんゼロです。

続けてたらそれは趣味なはず。

 

✅訪問営業をしまくってた話

かく言う僕は、金融機関で訪問営業、電話営業をひたすらにしまくっていました。

毎朝4時半に起きて、寮で日経新聞を読む。

200件訪問、大量のチラシを持って、帰宅後すぐ100件電話営業という感じ。

成績はぶっちゃけ悪い方で、後ろから数えたほうが早かったです。

 

結局、1年くらい頑張りましたが、禿げたり、同期も大量に辞めたりと、僕も辞めました。

 

「当時は、この会社以外やっていけるところないだろうな」なんて思ってましたが、辞めてマジでよかったです。そしてあんな状態で3年も働いてたら、心身ともに崩れてたはず。

 

逃げるようで情けない

とはいえ、途中で辞めるとか3年もたたずに逃げるのはなんだか情けないと思うかもです。

僕もそう思って何度も言い聞かせてました。

「いやいや辞めるの早すぎだから、意志弱すぎ」的な感じで自分に言ったりしてました。

 

でもぶっちゃけ、無理なモノは無理ですよ。

 

もちろん1回は全力でやってみるのはアリですが、しっかり挑戦したのであればそこで無理して戦っても消耗するだけだし、逃げてオッケイです。

日本人は特にマジメな人が多過ぎるので、辞めるコトが「逃げ=情けない」みたいに思ってしまうので注意。

 

僕も金融機関で働きつつ「勝ち組だぁ」なんて思ってましたが社畜になり辞めて、起業して1人で月1,000万円を達成できました。

ことわざとか常識には注意

わりと妄信しがちなのですが、ことわざとかちょっと考えないとですよ。

というか自分に当てはまるとは限らないので注意。

 

ことわざがあってそこに自分を当てはめて考えますよね。

でもこれって実は逆ですよ。

 

自分がいて、そこに当てはまることわざがあれば当てはめればオッケイなはず。

 

自分にあってもないことわざに無理矢理当てはめても消耗するだけなので、すぐにことわざから離れるべき。

 

ことわざ考えた人スミマセン、でもmそんな簡単な言葉に当てはまる方がなんか違和感ですよね。

石の上にも3年をスルーして結果を出す方法

目標に向かって稼ぐサラリーマン

ずばり、修正、です。

 

石の上にも3年って耐えまくってる印象なので、3年耐えても得れるものは少ないですよ。

コスパが悪いので、耐える前に修正すべき。

修正したら3年も耐えなくていいはず

3年、耐えずに修正です。

悲報ですが、耐えてるとなんだか達成感がやってきますよね。

例えば

  • 200件訪問営業やった
  • 100件電話営業やった
  • 愚痴ばっかりの飲み会に耐えた

これってわりと達成感があるんですが、耐えるのがメインであまり成長してないパターンも多いはず。

なので、受け入れつつ修正です。

 

☑副業で稼げなかった時

サラリーマンを辞めようと副業を始めましたが、わりと稼げませんでした。

  • 独学で学び始める
  • 毎日30分ほど勉強
  • 週末やろうとするけど堕落

という感じで控えめに言ってオワッテました。

  • 自己投資する
  • 土日は最低でも8時間カフェで勉強
  • 最終的には会社を辞めて追い込む

1カ月やるだけでも小さな成果は出るはずなので、それでも出ない場合は、ちょっとだけ悲しんで修正ですね。

 

1歩先を歩いてる人を徹底的に見て学びつつ、自分に生かしていく感じでやっていくのが吉です。

大成功してる人は割と参考にならなかったりするので、1歩先を行ってる人のマネがおすすめ。

  • ブログで稼ぎたい→ブログで月5万円稼いでいる人をマネ
  • Twitterのフォロワーを増やしたい→1,000人フォロワーいる人をマネ

 

☑筋トレで体が変わらなかった時

ガリガリがコンプレックスだったので筋トレをしたのですが、3か月やっても体がほぼ変わりませんでした。

  • 独学
  • 週1、2回筋トレ
  • 食事は適当、朝ごはん無しの時も多々

という感じだったので、

  • 筋トレの頻度と強度の見直し
  • そもそも食事が終わってた
  • YouTubeでひたすら筋トレの勉強

これに変えてから1年で10キロ、2年で15キロ、3年で20キロほど体重が増えました。

小さな挑戦の積み重ねです

ということで今回は以上なのですが、いきなり損切するのは危険なので小さく挑戦をすべきだと思います。

時には耐えるコトは必要ですが、それは嫌なことをただただ耐えるんじゃなく、成果がでるまで頑張りつづけて、耐えるコトですよね。

 

そのためには修正が必要だし、修正の前には小さな挑戦があるはず。

 

思うに、小さく小さく始めるときは、「思い立ったが吉日」ということですぐに始めるのが大事なはず。

 

最初からうまくいくことばかりじゃないし、というかそんなことほぼないはずなので修正ありきでやっていくのがいいですよね。

日々失敗しつつ修正して生きていきます。

ありがとうございました。

1 COMMENT

なかい

「1歩先を歩いてる人を徹底的に見て学びつつ、自分に生かしていく感じでやっていくのが吉です。」その通りですね。大成功者にあこがれてもすぐに同じことはできないし、できないと挫折しちゃいますよね。とても参考になりました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。