最も効果的な追伸の使い方 コピーライティング講義

どうも、よっしです。

今回は、【 最も効果的な追伸の使い方 】 についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

この『追伸』についてですが、非常に重要な役割があります。

ちなみに、追伸のことをよく【PS】と呼んだりしますが、
あれは、【post script】の略だからですね。

では追伸の役割を1つずつ見ていきましょう。
 

追伸の役割分担

 
1、全ての念押し

2、前半部分を読ませる

3、言い忘れていた(シークレットボーナス)

4、理念

 
最後にもう一度大切なことを繰り返し読み手に伝える役割が1、です。
 

また前半部分を読んでいないと、内容がわからないような文脈にし
前半部分をしっかりと読ませる役割もあります。2
 

シークレットボーナスといって、言い忘れていましたが・・・
というように価値、特典を付け足すこともできます。3
 
そして最後に『理念』熱い想いをつづって読者さんに
しっかりと感じとってもらいましょう。4
 
 
まとめとしましては、

追伸はヘッドコピーというセールスレターの一番上、の
一番目立ち誰もが読む部分の次に読まれるデータがあり、

ざーっと一番下までスクロールして画面を移動させ、
一度下まで読んでいくという動きがあります。
 

つまり、必ずと言っていいほど読まれる

 
読まれるので、様々な工夫を凝らして読まれずに飛ばされてしまった部分を
しっかりと呼んでもらったり、念押し、シークレットボーナスなどを
書いておくわけですね。

 

効果的な追伸を作り、メルマガやブログ、そしてセールスレターに
載せていってください。
 
(※参考記事:希少性と限定性)
 
コピーライティング講座、3つのONE
コピーライティング講座、4つのポイント

 

では以上となります。ありがとうございました。

ざーっとご説明しましたが、動画では詳しくご説明していますのでご覧くださいね。
 

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
ガンガン行動していきましょう。

では、また次の記事でお会いしましょう。

 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ