『目標を立てる』の本質はココ

今年も一年ありがとうございました。

本質を考えることに徹底した2016年でしたが、
そんな企画やコンテンツ、コンサルティングなど。

具体的な行動にも落とし込め、
実際コンサル生にもたくさん結果を出してもらい、
人や環境に恵まれた1年でした。

ありがとうございます。

年末、大晦日といっても今日も仕事して勉強してるし、
明日の元旦も朝から仕事して勉強するし、
特に変わりばえはないのですが。

 
未来完了形で目標書いてみるのは良いですね。

期限、数字、未来完了。

2017年1月中にステップメール10通作成完了している。

毎日必ず1記事ブログを書く習慣を身に着けている。

スクワット100キロを2月中に10回5セットあげている。

もっともっと具体的に書いてもいいですが、
ノートでもスマホでも基本的に目につくところに
書いてみてください。

  

新年の目標も大切だけど、僕自身自分に言い聞かせてるのは

『今日できなかったことが明日もできない』

てことで、今できない事なんか明日できねぇよ、
と言ってます。

2年前、目標は立てない方がいい、

なんてことを言ってましたが、
結局目標ってのは未来の話であって、
正直そんなもんはどうなるかわかりません。

未来の話だから。

 
そんでもって、目標は立てた瞬間に過去の物になるので、
レベルの低い過去の自分が立てた目標になっていきます。

毎日勉強してアウトプットすれば、
目標以上のことを達成することができるわけで、
そんなものは毎日の積み重ねがもたらす結果に過ぎないわけですよ。

だから未来のことを考えるんじゃなくて、
結局、いま、現在を全力で生きろ、ということで
目標は立てても立てなくてもいい、と言ってました。

で、それは今でも思ってます。
 

今生きた、その結果で、目標が達成されていた、
ということがよくあるわけですね。

なので、未来の目標を達成しに行くというよりは、
毎日本気でやってたら、勝手に目標は達成されてて、
だから未来完了で書いてみるのがいいし、

過去の自分が立てた目標なんかに
こだわる必要ないし、すぐに突破していけるよう
毎日ちゃんとやりなさいってことです。

夢中にガムシャラに。

ひたすらに感謝して毎日生きる。

 

あ、
書いてて思い出したんですが、

昔ゲームとかやってたとき、そんな目標立てなくても
没頭してやってたし、ミニ四駆とかも1日中触ってたし、
学校にも持っていってました。

ミニ四駆知らない場合はごめんなさい。
電池で動く車です(適当過ぎ)

でもそういう経験は誰しもあると思うんですよ、
ヤバいくらい没頭してたとか。

怒られて没収されても、ミニ四駆愛を先生に語りまくって
先生もミニ四駆にハマらせるという熱さがありまして。

結局先生と土日一緒にコースに行って、走らせたり笑

 

長期目標、短期目標、そんな言い方を聞いたことあるかもですが、
両者とも、今、の積み重ねですからね。

今しかないんですよ。

今やるかどうか。

その今という点を毎日作っていって線になるわけで、
その線がしっかり伸びて行けば目標は確実に達成されます。

 
点が少なかったりすぐ途切れたり、
そうなれば線にならないし、
目標達成は無理です。

非常に簡単でシンプルですよね、目標を抽象化していけばこうなります。

そんなことを今年はいろんな場所で
考えてたし伝えてきました。

 
てな感じでイメージはつかんで頂けたと思うんですね。

 

ごちゃごちゃしてきたのでまとめると、

========

目標は立ててもいいけど未来完了(~してしまっている)で書いて
過去の自分が立てたということを忘れない。

毎日、今現在、しっかり生きた結果、勝手に未来の目標なんかは
達成されていくし、結局は今の積み重ね以外にない。

毎日、点を作って線へ。

こういうことを理解したうえで目標を立てる。

========

そんな感じで。

立てた未来完了形の目標ガンガンお送りくださいね。

 
では2016年もありがとうございました。

2017年に変わりますが、
また明日も大切に過ごしていきましょう。

毎日毎日大切に。感謝して生きる。

謙虚に毎日邁進。

では、良いお年を。


 

One Response to “『目標を立てる』の本質はココ”

  1. あなたのおともアフィリエイターゆーろ より:

    よっしさんこんにちは!

    あなたのおともアフィリエイターゆーろと申します

    もうあと少しで年もあけてしまいますが

    来年は飛躍の年にしたいものです

    実際に結果を出しているよっしさんのような方は常にフル稼働なんですね

    その姿勢見習いたいです

    では応援していきます~

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ