ブログを続けるのはしんどいです【鬼ほど苦労する】毎日更新260日目

こんにちは、よっしです。

ひーひー言いながらブログを毎日更新して約260日を迎えそうです(進行中、1記事約4000文字)

その間、月収1,000万円をこえました。

ちょっと前にこんなツイートをしました。

ブログで稼ぐのがどれくらいシンドイかと言うと「鬼ほど苦労し発狂する」でした。

といいながらもコツコツ勉強したり、サロンに入ったり、すごい人のTwitterとかYouTubeとか見てると100円稼げたりします。そこから継続して5万、10万と増えると景色が変わって、人生が少しずつですが圧倒的にラクになる

わりとシンドイので精神のよりどころを作りつつ、気長に継続すべしですね。

最初からアクセル全開な人は確実にバテて諦める印象。

実体験で解説していきます。

ブログを続けるのはしんどいです

ぶっちゃけシンドイです。

ブログのしんどさの目安【実体験】

シンドサの目安はこんな感じです。

  • ブログ開始1週間→しんどすぎ
  • ブログ開始2週間→シンドスギ、毎日きつい
  • ブログ開始30日、1か月→マジでやめたくなる
  • ブログ開始90日、3か月→あれ?いやしんどすぎる
  • ブログ開始150日、5カ月→型が身につく、少しだけ楽に
  • ブログ開始210日、7カ月→ルーティンになってくる

少しずつマシになっていきます。

一度も苦労したことがいないです!!と言いたかったですが、真逆になりましたね。

ほぼ寝ずにブログを書いている

ちなみに僕の友人は、ブログを始めてまだ間もないのですが、あまり寝てないです。

副業ブロガーですね。

23時くらいからブログの時間を取れるそうですが、通勤時間は電車のなかでインプットしたりネタを考えたり。

帰宅後、家族の時間があってそこからブログで朝3、4時くらいまでやってるみたいです。

 

報酬はまだ上がりだしたところですが、時間が限られたサラリーマンなら長い目で見つつ頑張っていくのがいいですね。

やりすぎるとバテるので彼も少しペースを落とすといってました。

 

とはいえ、彼も僕もそうですが、最初はシンドい努力でしたが、すこしずつなんか没頭みたいになって時間が経つのを忘れそうになりました(忘れてはない)

僕も毎日休みなく14時間、4カ月間働きましたが、今となってはいい思い出だったりします。多分。

 

✅書きたいコトから書くべき話

ブログが続かない人は、書いてて楽しくないことを書きがちです。

どうすればSEOでうまくいくか、どうすれば…これだと消耗して終わりますよ。

 

なので、

  • 書きたいことを書く→これをSEOを意識する
  • 書いてて苦じゃないことを書く→SEOを意識する
  • 続けられそうなことを書く→SEO…

イメージとしてはこんな感じ。

「無理しない」のが大事です。

 

1年とか3年くらい続けてるコトが何かあると思うので、そういうのを記事にするのがいいです。

  • 部活
  • 仕事
  • 趣味
  • 旅行

この辺りで探してみると見つかるはずなのでぜひ。

何を書いたらいいのか、ネタがない

とはいえ、こういうときは普通にやってきますよ。

ネタに困らない方法とかたくさんありますが、それをやったとしても必ずやってきます。

以下を実体験で解説しますね。

  • ネタに困らない考え方
  • ネタに困らない具体的な方法

 

✅ネタに困らない考え方

この2つかなと。

  • 大事なのは経験を増やしつつ生きるコト
  • 今まで経験したことを思い返すコト

ブログを書くとき実体験をもとに記事を書いていくと、なんというか文章に魂が宿るんですよね。

外注した記事とかだとどうしてもこの辺に欠ける。

経験してないことを頭で考えて書けなくもないんですが、細部がうまくかけないはず。

なので、難しいこと書かなくていいし、でも自分の経験を嘘なく自分のコトバで書くべき。

 

ちなみにあのGoogle殿も評価するコンテンツの基準として

・Expertise(専門性があること)
・Authoritativeness (権威があること)
・TrustWorthiness (信頼できること)

の頭文字をとって「EAT」が大事、といってます。

経験してるとこれが書けますよ、簡単です。

 

例えば、

  • E、社畜経験があり社畜の専門(どれほどしんどかったかわかる)
  • A、僕は社畜で毎朝4時半におき200件ピンポン営業
  • T、書いてる内容すべてが実体験

という感じです。

世界10か国回った、とか毎月登山しているとかも権威になりますよね。

なので経験を増やしつつ、過去の自分の経験も振り返ってみてください。

 

例えば、ライザップに参加した友人がいて、すべて記事にしつつ自分の体の変化を画像であげ、アフィリエイトしながら生計を立てていました。

新しいことをやりつつ、人生をブログ化できたら強いですね。

 

僕も筋トレやブログ継続で挫折したことなど嘘なく書いてます。

 

✅ネタに困らない具体的な方法

これはツールを使うべきという話です。

例えば、キーワードを盛り込んで記事を書く際に、ロングテールでも考えないとですよね。

  • サラリーマン 副業
  • サラリーマン 副業 税金
  • サラリーマン 副業 おすすめ

みたいに後半部分を自動で教えてくれるツールがあります。

 

キーワードに関連するワードなどは以下のツールですべて無料で調べれますよ。

  1. キーサーチベータ(キーワードに関連するワードをチェック見やすい)
  2. 関連キーワードツール(キーワードに関連するワードをチェック)
  3. キーワードプランナー(検索ボリュームをチェック)

 

1、2、3の順番で調べつつ、他の記事もリサーチしながらやっていく感じです。

ブログを続ける方法は簡単です

成功のために自己投資する人

ブログを続けるときに大事なのは以下の2点です。

  • 優先順位を上げる
  • 心のよりどころを見つける

優先順位を上げる

毎日やらないといけないことがたくさんあると思いますが、その中でもブログの優先順位を上げます。

ちょっと最初はシンドイですが、慣れますので最初だけ気合い入れてやってみてください。

 

✅260日以上こんな感じです

以下は僕のルーティンですが、朝起きてすぐブログを書くようにしてます。

縛りプレイですが、ブログを書くまで他のことをしない。

と決めると何もできなくなるのでブログを続けれますよ。

 

そんな強制的だと続かないと思われるかもですが、僕はそこまで意志が強くないので、強制的な環境のパワーはわりとありがたい感じです。

最初はやはりシンドイですが、8カ月以上つづいているのでおすすめです。

朝起きたら書いてみてください。

 

☑おすすめしないブログの書き方

それは1週間で3記事書く、みたいな書き方です。

これだと月曜日から金曜日までサボって、土日で3記事書こう、みたいになるのですが、まずムリです。

 

「継続」がカギなので毎日書くのが大事。

上記の例だと毎日できてないですよね。

毎日書くのがきつい場合は、Twitterで140文字までツイートできるので小さくテストしていいねが付いたツイートを記事にするのがいいですよ。

その方法をサクッとまとめました。

☑ ブログだけ頑張るのはツライ話【続かないし頑張れないならコレ】

心のよりどころを見つける

ブログを続けるとなるとブログのことを考える時間が増えるわけですが、しょっぱなからブログ一色だとキツイかもです。

 

僕はブログで稼いでいる人を見続け、稼いでいない人も見たりしてました。

みんなこういうところでつまづいてるのか、とかわかれば肩の荷が下りたりしますよ。

 

おすすめはSNS一歩前を進んでる人を見つつ、許容の範囲で自己投資がいいです。月額1,980円でブログのことを学べるオンラインサロンとかもあるのでおすすめです。

本2冊くらいの値段で、学びまくれるので飲み会我慢して下さい、費用対効果が月とすっぽんです。

 

あとは、いきなりブログを本業にしないことです。

これをやるともれなく消耗して挫折するので注意。

理由は心のよりどころがなくなるからですね。

なので他に収入源を確保しつつ、態勢を整えて全力でやるくらいがいいです。

ちなみに、僕はサラリーマンを辞めてからブログを始めましたが、運営に何回も消されたりしてマジで消耗しました。。。

 

FXとかでも言いますよね、余剰資金でやれって、あれと似ててブログも稼ぐまでに時間はかかるので少し余裕があった方がいいですよ。

ブログはリターンがえげつない

ということで今回は以上なのですが、最初はシンドイですが少しずつラクになっていきますよ。

そしてリターンもえげつない。

僕はブログをやってなければ、月1,000万円なんて稼げることはなかったです。

数年前までピンポン押して怒鳴られる生活でしたからね。

 

はやければ半年、1年とかで生計を立てたりできるので、それくらい長い目、イヤ短いですが、イメージするのがイイかと思います。

うまくなってくれば、毎日がインプットになりそれをブログのネタにしたりと人生がコンテンツ化されていきます。

ファンも増えていき無双に近づく感じですね、とはいえコツコツ継続して学んでいきます。

では今日もブログを書き終えたので、大阪で法人コンサルへと向かいます。電車に乗るのが久しぶりだ。

ありがとうございました。

ちょっとシビアな目線から当時の自分のおしりをひっぱたいてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。