他人を批判する人は人生を台無しにする話【自分の人生に集中しろ】

こんにちは、よっしです。

基本的に人生から批判を排除して生きています。

 

以前こういったツイートをしました。

✅言葉の最初に、なるほどそれイイね
人の意見は様々なのでまずは受け入れて取捨選択ですね。

というのも最初から弾くと、謙虚さを欠くので殻に閉じこもる傾向が知らぬ間に強くなるので、なるほどそれイイね、で会話をしましょう。

学びも多いしプラスになることも多い、いらなかったら捨てるだけ

 

合わせて、以前こういったツイートもしました。

https://twitter.com/change_thejapan/status/1131857223070564352
なにかを批判する人の発信は妄信したらダメですよ。

僕はサラリーマン経験も起業経験もありますが、サラリーマンを批判したことはないし、自分の経験から会社員がキツかったことと依存すると危険だということを発信してます。

なので就職しようが起業しようが、自分のレベルを上げようという話

 

ということで、なにかを批判すると縛られて人生をムダにしかねない、ということについて書いていきますね。

 

他人を批判する人は人生を台無しにする話

前述の通り、批判しない人生を送っています。

その理由は、批判をすると「人生の選択肢が消えていく」からです。

 

例えば以下の通りです。

 

  • サラリーマンはダメ、豊かになれない→サラリーマン×
  • 起業は危険なのでやめたほうがいい→起業×
  • 批判すると気づかぬうちにその選択肢を消している

 

どんどん減ってますよね、批判して縛りプレイだと人生はしぼんでいきます。

なので繰り返しになりますが、批判せずに、肯定していきます。

 

口癖は、なるほど!とか、イイね!とかになりました。

未来は誰にもわからない

僕の経験上ですが、批判する人の多くはやったことないし、おおくは机上の空論でした。

なので話を聞いてるときは「なるほど」と言いながら、
でも僕はやる、という生き方をしてきました。

 

以下は全て僕がいわれたことですね。

 

  • インターネットでなんか稼げるわけないだろ(先輩)
  • お前なんか成功するわけないだろ(上司)
  • 会社でまともに働けないのに起業できるわけない(上司)

 

という感じでしたが、当然、全員サラリーマン経験しかありません。

 

そして批判したものは人生に取り入れられないので、選択肢がなくなっていきますよね。

いまから時代はどんどん変わっていくのにそれに対応することを自分から避けてるので自滅です…

 

仮に経験をもとに、批判したりやめといたほうがいいと言ってくれることもあるかもですが、やってみたいならやってみるべきです。

 

✅出る杭は打たれます

僕はただの凡人ですが「サラリーマンを辞める」みたいなことは控えめに言って非常識すぎるので、前述のとおり、批判されまくりでした。

 

でも実際やったからこそ、シンドイこともありましたが月7桁収入をキープしつつわりかし自由に生きれています。

 

未来は誰にもわかんないわけですし、批判して人生をせばめるより、小さく挑戦した方が有意義だし、自分のレベルも上がるのでおすすめです。

年齢とかも関係ないので、やりたいことはやればいいです。

批判ばかりする人の特徴はコレ

 

前述のとおりで、ほぼ嫉妬です。

または、他人をおとして自分をあげたい、ですね。

嫉妬しつつ芽を摘むタイプ

僕の上司もそうでしたが、出る杭を打ちたがる人はかなりいます。

ネット上で、とくにSNSとかで暴言をあびせてくる人たちもそうですね。匿名の人とかは特にそうです。

 

とくに受け入れられない現実(若いのに自分より稼いでる)とかならなおさらで、激しい嫉妬から批判しまくりますね、そして批判して相手が静かになったら「満足している」みたいな。

 

相手を批判することで自分は間違ってない、と自己肯定するわけですね。

他人を蹴落とし自分を優位にしたいタイプ

こういった人も実際います。

もしかしたらあなたの周りにもいるかもです。

こちらを再掲しますね。

 

https://twitter.com/change_thejapan/status/1131857223070564352

 

敵をつくって、それを批判して自分を正当化するパターンです。

 

  • この商品はココがダメ→自分の商品は大丈夫
  • あの人はココがダメ→自分はココがイイ

 

書いてて思いましたが、ドラマとかに出てくるモテない男性はこんな感じですね💦

 

これは批判する対象をつくらないと自分を強く見せることができないので、その時点でビミョウですよ。 

 

逆に、ちゃんとしてれば、他人を批判せずとも自分のいいところを伝えれるわけで、ぶっちゃけそんなことする必要がない、です。

まずは自分の人生に集中

批判する人は、多分ですけど「暇」なんだと思います。

もちろん暇を否定するわけではないですけど、

 

暇→他人を批判→満足→また暇で批判対象をさがす→批判し満足…これって自分の人生に全く集中できてないですよね

 

なので他人を批判せず、自分の人生にフォーカスした方が僕はいいと思うので、他人より自分に目を向けつつ精進していきます。

批判する人も批判しない

ということで、まとめに入ろうと思いますが、ちなみに批判する人はバカなので相手しないようにしましょう、みたいなのもよくききますよね。

 

バカとは付き合うな(ほりえもんさん、西野亮さん)みたいな本もあるくらい

 

ただ、あまり気づいてる人は少ないですが以下の感じです。

ネットで発信すると少なからずアンチが出ますが、彼らはアンチ作業をしてる時に快感を覚えるので、時間を削って本当に無駄なことをするなぁ、と思うのは実は違ってたりします。

時間をしっかり使って相手を叩いて快感、ということです。僕の人生は批判しないし時間を使わないので褒めて生き続けます

 

なので批判する人を批判してるのは結局おなじこと、ですよ。

 

前述の通り、批判はほぼ嫉妬ですね。

  • 批判は嫉妬(8割)
  • 無価値の抽象(5分)
  • 生かすべき批判→自責の念(1割5分)

 

例えば、僕のもとにもたまに批判は届きますし、その内容やバランスは上記の通りです。

 

批判は「確かにそうだな」と学べるものも中にはあるので、ありがたく修正しましょう。1人からそういった批判をもらったのであれば、10人は同じことを思ってるけど言ってないだけ、という可能性がありますね。

自分の人生に集中し仲間を集めればいい話

ということで結論ですが、批判が気にならないほど自分の毎日に集中すればいいです。

そうしていれば、そういった自分の人生に全力な仲間があつまってきますよ。

 

集めるといっても、以下の感じですね。

  • SNSやYouTubeで尊敬できる人をフォローする
  • 自分の作業に集中しつつ、その人から学び刺激をうける
  • 批判する人とかかわる時間がへっていく

 

こんな感じで批判することなく自分の人生にフォーカスすれば、チャレンジ精神も磨かれますね。

なので、批判して人生の選択肢をせばめず、自分の人生にフォーカスしましょう。

批判は基本的に口だけで、何の根拠もないですよ、それをまに受けてしまうのはモッタイナイですからね。

 

自分の信じた道をちゃんと歩んで、失敗したら修正して1歩ずつ前進していきましょう。

ではご覧いただきありがとうございました。

 

最後にですが、批判しない生き方を選ぶと人生がかわりました。 社畜から社長になった軌跡をまとめています。 

具体的な生計を立てる方法など無料公開していますので、よかったらご覧ください。月200万円を超えた実績者やその他多数輩出の7日間講義です。

 

⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。