やる気がおきない?でも「やる気」は幻想です【言い訳せずに生きよう】

 

こんにちは、よっしです。

やる気に左右されず、筋トレ3年と、脱サラして8年間自由に生きてきました。

むしろ、やる気はほぼないですね。

 

結論的な感じですが、以前こういったツイートをしました。

やる気やモチベを言い訳にしないのがいい。

結局そういったものは幻想で、自分でそう思い込んで言い訳にしてるだけなので、だるくてもシンドクてもやろう。

毎回やる気に左右されてるとこっちのほうが余計に消耗します

やる気やモチベーションに左右されて行動するのはぶっちゃけつかれます。なので徐々にこれらに左右されないように行動できるようになっていきましょう、という感じお話です。

やる気がおきない。でも「やる気」は幻想です

やる気をおこすおすすめの方法

それは、5秒でいいのでやる、ということ。

  • 読書なら5秒(2行)読んでみます
  • 筋トレなら運動しやすい服に着替えます
  • ブログを書くなら2行書いてみます 

これができると、あら不思議!その調子で行動し続けれるようになります。

これを「作業興奮」といいます。

 

実際本を2行読んだら、5、10と読み進めますよね。

筋トレなら服を着替えればその流れで、まあいくか、となります。

ブログでも同じですね。

 

でも実際やってみると、やる気がない、面倒くせぇ、と思うことは多々あるので、自分のやる気スイッチを見つけておくといいです。

☑知り合いのナンパ師の話

いきなりナンパ師の話を放り込んで申し訳ないのですがチャラいとかはさておき、今回はやる気スイッチの話です。

 

知り合いのナンパ師はナンパ歴10年くらいのプロなのですが、この人もやる気が出ないときがあるそうで、しかも毎日。

そんな彼のやる気スイッチは。

  • 着替える
  • 太ももをたたく

やる気スイッチの服を着替える、そしてフィールドに立ったら、さらにやる気スイッチの太ももを2回強くたたく、をしてからナンパが始まるみたいです。

 

僕の場合は、ブログをとにかく書き始める、筋トレのための動きやすい服を着る、ですが、これで作業興奮、やる気スイッチを押してます。

 

毎日やっていますが、やる気はないですね。というかやる気に左右されるともっと疲れます。

実際のところ、現在は100日近くブログ毎日更新をしていますが、結構しんどいです。特に最初はきつかった。

筋トレも頻繁に行ってるので、「筋トレ好きだなぁ」と言われますが、嫌嫌いではないですけど、めんどいしんどい時はフツーにあります。

やる気は幻想なので無視して大丈夫です

 

やる気スイッチとやる気を起こす方法をお伝えしてきたのですが、まだ何か物足りないかもしれませんので、やる気をだす効果的な方法、心理編ということでサクッとご説明します。

やる気をだす効果的な方法、心理編

ちなみに僕の無料コンテンツをご覧いただいている場合はご存知だと思いますが、心理学とマインドセットの講義が圧倒的に多いかと思います。

人が動くときなど、深くかかわってるのでやる気とか成果を出す考え方など、結構大事だったりします。

 

  • 1、自分のやる気スイッチを知る(上記で公開)
  • 2、目に見える成果、数字を見よう(遊び感覚)
  • 3、みんなに宣言して逃げ場をなくす(宣言効果)
  • 4、フォーカスする(邪魔の排除)

ということで順番に見ていきましょう、1はやる気スイッチですね。これは自分に合ったものを決めると楽です。

 

2、目に見える成果、数字を見よう(遊び感覚)

目に見える成果があると、なんだかレベルアップしてる気がして楽しいですよね、ゲームとかと同じ、ズバリ遊び心です。

例えば、YouTubeのチャンネル登録者数、メルマガの読者数、ブログのアクセス数など、数字を見て徐々に増えてくればテンションが上がります。

コツコツ増えて、昨日より増えているか、などが大事なのでその伸びが少なくても見てあげるといいです。

ぶっちゃけ、伸びなかったり減ったりすることもありましたが、その時は理由を確かめて修正して、増えたらテンション上がる、という感じで継続してきました。

 

3、みんなに宣言して逃げ場をなくす(宣言効果)

これはみんなにやることを宣言しておいて逃げ場をなくす方法です。

一貫性の法則、とも言ったりして一回やり始めたことは最後までやり抜かないとと思ってしまう、そんな心理学ですね。

 

これは僕のツイートです。

https://twitter.com/change_thejapan/status/1118671212555620352

こんな感じのことを言いふらしているので、宣言しまくって逃げ場をなくしています。

これはやりすぎだとしても、身近な例でラインとかで仲のいい友人とかに宣言してみるといいですね。

 

ちなみに、こういったツイートは自分を鼓舞したり読んでくれる人を鼓舞しているのですが、言ってる本人がやってなかったら本末転倒なので、宣言し、一貫して行動することの2つの心理効果を使ってる感じです。

 

4、フォーカスする(邪魔の排除)

実はここが最重要だと思っていて、選択肢をしぼって集中しよう、という話なのですがポイントがありまして。

 

やりたいことを集中することよりも、それを取り巻くほかの選択肢を切ります。そうすれば結果的にそれだけが残って集中できるということですね。

例えばこんな感じです。

  • テレビスマホの電源をきって勉強に集中する
  • 飲み会、同期からの誘いを断って、勉強する

逆にこれができないと、テレビはうるさいし、スマホは鳴るし、同期が飲み会にひたすらに誘ってくるし、でまったく集中できなくなります。

 

☑いざ行動できても…

フォーカスしていざ始まったとしても、マルチタスクだとこれまたダメです。

やること1つ、でいきましょう。終わったら次、です。

 

それはブログでも同じで、ブログを書くならブログ以外しない、メールの返信とか。

筋トレでも日によって鍛える場所を分けましょう、上半身の日、下半身の日。

恋愛でいうなら、俗にいう二兎を追う者は一兎をも得ず、ですね。・・・これはちょっと違うかもしれません。

しんどいときもありますがコツコツいきましょう

ということで最後になりますが、しんどいときはいつの日かやってきますよ。

でもそういうときこそコツコツ生きましょう。

 

この時に神がかかりてきな言い訳、やる気が起きない、を使ってしまいがちになりますが、ぐっとこらえて「作業興奮」を使ってやりましょう。

 

やる気は幻想なので、存在しないものにもてあそばれ続けると、消耗するだけでもったいないですからね。

 

ということで、やる気は幻想ということを肝に銘じて行動してきました。

その結果ですが、社畜から自由に生きれるようになったので、その軌跡をまとめました、具体的な生計を立てる方法など無料公開していますので、よかったらご覧ください。

 

⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

2 COMMENTS

ゆきぴ

こんばんは。
ブログランキングからきました。
やる気を出す方法色々ありますね。
とても勉強になりました。
参考にさせていただきます。

返信する
ミラ

こんにちは。
やる気が出なくてもとりあえずやる方法は、以前武田早雲さんの本でも読んだことがあります。腹筋なら1回だけやってみるとか、、、
私は、周りに宣言してやるしかない状況を作るのが今のところ効果的です。
とても参考になりましたので、いろいろ試してみます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。