30代の将来が不安な理由ランキング【解消する方法を実体験で解説】

慎重派で悩んで行動できない人

こんにちは、よっしです。

将来が不安で脱サラし、行動を繰り返しているうちに不安が薄れていきました。

ちょっと前にこんなツイートをしました。

✅30代で将来が不安

20代に比べると確かに自由度は下がるカモですが、まだまだぶっちゃけ若いですよね。将来を考えつつも、色々挑戦できるし「尊敬できる人」に囲まれ、小さく小さく動いてみるべき。20代がすべてみたいに言われてるけど30代はまだまだいける挑戦できる。頑張れ「チーム三十路」

30代の方に記事を書いていきます。不安はほったらかしても増大するだけなので、小さく挑戦していきましょう。

30代の将来が不安な理由ランキング

では中でも特に多かったベスト3についてご紹介します。

30代の将来の不安ランキングベスト3

ベスト3からの発表です。

3位、結婚のこと

30代になってくると結婚について多くの人が考えるようになります。

三十路を超えると結婚する人が増え、周りでも独身が減ってきます。それが焦りになったり💦

結婚、出産、マイホームなど周りがどんどん人生の階段を上がっていく中で、自分だけ独身だと、焦りや不安はどうしてもでてくるんですよね。

僕の友人もほっとんど結婚しているか、プロポーズが成功しているか、という状態で恋人がいない同い年は、全体の1割くらいなイメージです。

男性ならまだしも女性は出産があり、男性よりも大変かつプレッシャーもあるかと思います。

ざっと思いつくものであれば、友人からの紹介、結婚式での出会い、行きつけのカフェなどのお店での出会い、合コン、マッチングアプリ、イベント、クラブ、お見合い、など何にせよとにかく行動が必要ですが、30を超えると自分の考えもある程度固まってきているので、的を絞っていくのがいいかと。絞りすぎてダメなら広げるべき。

 

1世代前では考えにくいマッチングアプリの出会いも今ではメジャーになりつつあり、僕の親友もマッチングアプリで出会った人と晴れて結婚していました。

思い込みで選択肢を狭めるのは危険なので柔軟に取り入れて行かれるのがイイかなと思います。さて、僕も登録しよう。

めったに心配しない親にも若干心配されるようになって、なんだかせかされてる気分になったり。

こんだけ余裕があればいいのですが、結婚したくてもできないとなってくると、焦りも生まれて負のループに入っていきます。

平均は400万円前半
30代って家庭を作ったり、家や車を買ったり、養育費の準備などめまぐるしく毎日が過ぎていくし、仕事も任されるものが増え、役職も上がっていきますよね。

2位、仕事のこと

30代に差し掛かってくると、仕事にも慣れ徐々に色々な部分が見えてくるようになります。

僕が新人サラリーマンの時はただただ目の前の仕事をこなすだけ(こなせなかった)でそんなところまでは目がいかなかったですが、それも落ち着いてくる、同じ会社で10年過ごすとなるとやはり見えてきます。

将来性や上の人間、経営などこのままじゃいかん、と思うこともしばしばあるかと思うんですね。

仕事の不安は消えない
・早期退職者募集
・ボーナスカット
・会社の統合など

こういったものが僕が勤めていた会社でもあったので大手金融機関でも将来が不安に感じる人は多いんですよね。

会社にすべてをゆだねていると、タイタニック号に乗っているように安心してしまうのでもしもの時に対応がとれなくなります。

当時の僕の3つ上の先輩もリストラにあい、新婚生活もシビアなものになっているとのことでした。依存しない、自分のスキルアップ、将来不安な仕事、会社からどうすれば脱出できるのか、を考えていく必要があるわけです。

 

転職や起業、独立、副業、などがありますが、個人的にはまず副業から始めて(詳しくは後述しますね)軌道に乗ってくれば独立がおすすめです。

独立が恐ければせずに、副業で収入面をカバーしながら働きやすい会社に転職したりするのも素晴らしいですね。

 

いい意味でも悪い意味でもお金に洗脳されているので、副業で副収入があるとやはり精神的にラクになれます。これは間違いないですし、月の収入が少しプラスされるだけでもディナーに行けたり、趣味に使ったりもできます。

僕の友人は副業で年間約50万円くらい収入を上げていますし、それで奥さんにセリーヌのカバンを買ってあげていました。

なんだかホッコリしますね。僕のコンサル生でも月10万円~260万円突破など素晴らしい実績を出される仲間が増えてきているので、これからもどんどんそういった仲間を増やしていきます。

1位、お金の心配

これは30代に限ったことではないですが、やはりお金の心配が1位でした。

子育てや、マイホーム、仕事では役職があがって責任感も増えてサラリーマンモードが激しくなっていきます。

奥さんも子育てにパート、職場復帰など夫婦共働きでやっていくのが大事ですよね。

全体の約8割がお金が理由で将来が不安なのでここはより丁寧に書いていこうと思い、さらに詳しく後述しました。

まずですが、

貯金をする、無駄遣いをしない、会社での昇給、などなど、というのが第一段階でできることで、僕のサラリーマン時代のように貯金もせずに無駄遣いをしていると行動できる範囲が異常に狭くなります。

色々と選択肢が少なくなるわけですね。本当に何もできませんでした、そしてやる気もなかった。どうせお金ないし、何もできないやん(自分で浪費してるだけw)

 

30代の貯金額は?
世帯持ちで平均120万円。独身の場合は約220万円が貯金の平均です。

  • 0万円は30%弱
  • 50万円以下は50%
  • 300~400万円は1,5%程度
  • 200~300万円は4%
  • 400~500万円は4%
  • 500~1000万円以下が約6%
  • 1000万円以上は6%

という感じで貯金している人としていない人の差が激しいのが驚きですよね、約80%は50万円以下の貯金という感じです。

30代の不安を解消する方法と考え方

ぶっちゃけ、30代はまだ若いです。

まだまだ若いし攻めれる

確かに、仕事、育児、家族、とやるコトは増えるかもですが、とはいえそれを理由になにもやらないのは悲しいですよね。

 

なんか周りがどんどん丸くなっていって「20代のような若さはもうないなぁ」なんてみんな言うもんだからそんな気になっちゃいますよね。

ただ、僕も30歳を迎えて今まででかなりアクティブに生きれてますよ。

規則正しい生活は大事ですね。

 

✅35歳でも活躍する人

これは僕が20代の時、尊敬してた人なのですが、彼は35歳のサラリーマンの方でした。

サラリーマンの営業がキツくて副業をしてたみたいですが、睡眠時間は3~5時間でそれを2年ほど続けてるとのことでした。

 

その時の彼のモチベーションがこちら。

死んだ目をした魚のように満員電車に詰め込まれ運ばれるサラリーマンから抜け出したい

わりとパワーのある言葉で鮮明に覚えてるのですが、サラリーマンの僕もまたそうでした。で結局彼は、副業で稼ぎまくり年収も8ケタとなって会社を辞めています。

不安は小さな行動で解消される

サラリーマン時代の僕は、働きまくって疲れて同期となんだか楽しそうなお店にいって散財したり、土日はウイイレをしたりしてました。

たまにはいいかもですが、これだと何にも好転しないですよね。乙という感じ。

 

オススメはまず1人でやること。

こんな感じです。

いきなり起業は危険だし、海外に旅に行くのもビミョウ、尊敬できる経営者にあうのも非現実的、ということで僕は上記をすべてやりました。

ネットで情報を集めよう!
1、Twitterで尊敬できる人をフォローして毎日チェック
2、ブログもすべて読み漁る
3、YouTubeがあればこれもリピート
4.参加できそうな企画やサロンがあれば参加してみる

4つ目以外すべてタダですよね。

こんな感じでハードルを下げまくって行動すべき。

これを繰り返しているうちに環境も変わっていくし、自分のレベルも知らぬ間に上がっていきますよ。

行動すれば自信がつく

僕は脱サラして起業したのですが、不安だらけで自信なんてまったくなく、不安だらけでした。

会社も続けられないし、大手なのに辞めようと考えてしまうし、ぶっちゃけ学生時代のバイト先に戻るしかないのか…とまで考えました。

レベルが低すぎですが、現実はそんなに甘くないですしね。仕方なしです。

理想の環境に身を置く方法

前述の通りですがこちらです。

ネットで情報を集めよう!
1、Twitterで尊敬できる人をフォローして毎日チェック
2、ブログもすべて読み漁る
3、YouTubeがあればこれもリピート
4.参加できそうな企画やサロンがあれば参加してみる

この4つだけでイイと思います。

僕はただの社畜からニートになりましたが、そんな状況ではすごい経営者とかなかなか会えないですよね。

なのでまずは1人で修行しまくりました。もちろん家とかカフェで。

 

なぜこれがオススメかというと、毎日継続できるから、これにつきます。

本を読んだり、セミナーに参加したり勉強になることは多いかもですが、毎日は無理ですよね。寝て起きて忘れてオワリなはず。

テレビも見ず勉強して、電車移動もイヤホンで動画を見たり、常に学び続ければ少しずつすごかった人たちを身近に感じれるようになりますよ。

 

30代は、20代よりあとがないわけなので圧倒的に作業ですね、気合いが違います。

30代の不安はわりとシビアで待ったなし

ちょっと深刻な話ですが、事実です。

会社は助けてくれない

給料はビビるくらいに増えないですよね。

ですがそれが決まりなので文句を言っても仕方なしです。

僕もボーナスが消滅し、早期退職者をガンガン募集する会社でした(一応誰もが知ってる大手です)

☑ホリエモンがぶった切った手取り14万円の話

以前僕がしたのですが、以下のツイートが現実ですね。

12年勤務して14万円、日本じゃなくておまえが終わってんだよ、とホリエモン。

年功序列ではもう図れないので、長く勤めればいいなんてことはないワケです。

 

なのでことわざに縛られず、損切りしましょう。

✅石の上にも三年

と言われてサラリーマンを辞めずに続けている先輩がいたけどやはり消耗していた。

耐えるコトは社畜とか苦しいことを耐えるんじゃなく、成果を出したいことが結果が出ない時、諦めずに耐える時に使いたい。

悲報ながら社畜に耐えても見返りはほぼなかった、損切りが大事

45歳でもリストラされる

ちなみに僕の会社の早期退職者は、27歳!?、39歳、41歳でした。早すぎです。

終身雇用もオワコン、年金制度も…という感じ。
・コカ・コーラ
・富士通
・キリン
・NEC

詳しくは「社会人が辛い理由と解決策まとめ【楽すぎという友人の乗り越え方公開】」でも書いていますが、待ったなしのシビアモードですよね。

誰もが知ってる企業でこれなので、中小とかはさらにシビア。

 

大手=安定、安泰、と何となくそう思ってる場合はもはや赤信号ですし、45歳でリストラとかエゲツナイですよね。

家や車のローン、家族もいるし、転職もキツイ。

ここから再起はきつすぎますよね。。

30代こそ行動すべき

僕の周りには消耗する30代と、稼ぎまくってかつ自由でヒマという30代がいます。

なんだかやるせない気持ちになりますが、コレが現実ですよね。

なので自分ができることから始めていくべき。

少しずつ挑戦して不安を消すパターン
・会社にいながらもネットで学ぶ
・飲み会は断りつつ自分の時間を確保
・Twitter、YouTube、noteなど習慣にする
・環境を変えつつ、毎日継続し収入を増やす
・本業と副業の収入を同じくらいする
・完全に不安は消えないもののかなり精神的に安定する

この流れがオススメです。

 

シビアになり不安が増大するパターン
・会社で消耗しつつ飲み会
・帰って、寝るを繰り返して週末休む
・マイホームと購入し逃げれない
・勉強する時間もなく身動きが取れず消耗
・不安が増大していく日々

こうなると、カツカツすぎて何もできない、となるかと思います。

僕の友人も完全にこの状態になって、重い腰を動かしブログで副業を始めました。

確かに最初はかなり忙しそうでしたが、少しずつ波に乗りつつあります。

環境を変えて尊敬できる人から影響を受けよう

という感じで、最後やや気が重くなる内容ではありましたが、事実を受け止めつつ、行動していきましょう。

 

それが以下です。

  • 「毎日」尊敬できる人の発信を受ける
  • できる範囲で自分も行動に移す
  • ミスったら修正する、失敗はデータととらえる

 

30歳になったからと言って諦めたらダメです、むしろここから。

ある意味で追い詰められていれば、火事場のバカ力が作動しますよ。

 

会社が守ってくれる、続けてれば好転する、なんてことは一切ないので、今日から体を動かし不安を減らしていくのみですね。

ではありがとうございました。

 

最後に、僕は社畜でしたが、地道な積み重ねは裏切らないと、実体験から学びました。とはいえまだまだなのでこれからも精進します。

その軌跡、そして具体的な生計を立てる方法など無料公開していますので、よかったらご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA