30代の平均年収、手取りはいくら!?ランキングや男性、女性別にチェック


 

30代、家庭を作ったり、家や車を買ったり、
養育費の準備などめまぐるしく毎日が過ぎていく、
自分のためだけに生きて行く事が比較的簡単だった20代とは
大きく変わってきた、そんな30代。

仕事も任されるものが増え、役職も上がっていきますよね。
 

みんな平均年収どれくらいなのかな?
手取りにしてみたら結構減るよ?

 
など、会社にいっても帰宅しても、休みの日も、接待の飲みの席でも
悩みは尽きないのが30代サラリーマンの現状です。

では今回はいろいろ忙しい30代サラリーマンの平均年収や手取りを
細かくチェックしていきましょう。

30代の平均年収はいくらなの?


 

ではまず30代の平均年収を30代前半と後半に分けて
チェックしていきましょう。

サラリーマンの生涯年収や手取りの平均についても
合わせてご覧いただければ、かなり全体像が見えてくると思いますので
こちらもどうぞ!

サラリーマンの生涯年収、手取りの平均が。生涯賃金もチェック

 

30代前半

30、31、32、33、34歳のサラリーマンの
平均収入は403万円
 

30代後半

35、36、37、38、39歳のサラリーマンの
平均収入は433万円

 

30代男性の平均年収

30代前半男性の平均年収は457万円
30代後半男性の平均年収は512万円

 

30代女性の平均年収

30代前半女性の平均年収は315万円
30代後半女性の平均年収は300万円
 

ご覧いただいたように、女性は男性より低くなり、
30代前半女性より30代後半女性の方が平均年収は下がります。
 

子育てや職場復帰など、家庭を持つと
休職等もあり、減少傾向にあるのが現実ですね。

これは30代に限ったことではなく、
40、50代でも特に顕著にみられます。

20代は、家庭に入る女性が増え始める時期ではありますが、
それでもまだ仕事をされている女性のほうが割合は多く、
30代に入ってから徐々にその比率は変わり、女性が家庭に入る数が増えるにつれ、
年収も下がっていく傾向にあります。

 
30代全体の平均年収(男性女性の平均)

30歳、約382万円
31歳、約394万円
32歳、約403万円
33歳、約409万円
34歳、約415万円
35歳、約421万円
36歳、約427万円
37歳、約433万円
38歳、約438万円
39歳、約444万円

  

そして、20代、つまり新卒の平均年収まとはこちらからご覧くださいね!

新卒の平均年収は300万~400万円?手取りやボーナス、貯金額はいくら?

 

30代の手取りの平均いくらなの?


 

では続きまして、先ほどの平均年収から手取りを見ていきます、
手取りになると減るわけなので、税金等はなかなか厳しいですよね。

給料が上がるほどに当然ながら税金関係も高くなるので
大きく収入を上げようと思うとかなり困難なのが現実です。

40代の手取りはこちらからどうぞ!

40代の平均年収や手取りとランキング。男性、女性の差がすごい!?

 

30代前半の平均手取り

30代前半の平均手取りは、年収403万円に対し
手取り、3,250,668円

 
設定は、平均の年収403万円より計算。

額面237,059円の給料の手取りは、月188,783円
控除されている物はこちら。

・健康保険料11,880円
・厚生年金21,960円
・雇用保険711円
・所得税4,840円
・住民税8,885円
 

以上、計48,000円程度が控除されます。
もちろんここからも固定費などが引かれていく感じです。

 
続きまして、ボーナス賞与(額面592,646円)の手取りは486,674円。

控除されているのは

・健康保険料が29,304円
・厚生年金が54,168円
・雇用保険が1,778円
・所得税が20,722円

以上105,900円ほどが控除される。
 

ということで、全てを計算すると
年収403万に対して手取りは325万円程になります。

19,4%、約2割が税金等に支払われているイメージですね。
 

毎年当たり前のように2割なので、結構な額ですよね、
というかこれだけでもないし、固定費や必要経費などを
合わせると、自由に使えるお金はかなり限られそうだし、
お小遣い増やしてくれ!!なんていったら怒られそうですね苦笑

サラリーマンのお小遣いの平均や内訳が衝撃…お小遣い稼ぎ方法を公開

 

30代後半の平均手取り

30代後半の平均手取りは、平均年収433万円から控除され
3,479,532円です。

毎月の給与(額面254,706)の手取りは、月202,038円で

・健康保険料12,870円
・厚生年金23,790円
・雇用保険764円
・所得税5,410円
・住民税9,834円

と、以上52,668円が控除される形になります。

 
続きまして、ボーナス、賞与(額面636,764)の手取りは522,913円で

内訳は、

・健康保険料31,482円
・厚生年金が58,194円
・雇用保険1,910円
・所得税22,265円

の113,851円が控除対象です。

年収433万に対して手取りは348万円程になり、
こちらも30代前半とほぼ同じで約2割が税金等に支払われている、というわけです。

サラリーマンの平均年収と給料。年齢、職種、年収別手取りを計算すると…

 

30代の企業別、年収ランキング

続いて、どういった企業の平均年収が高いのか
30代の企業別年収ランキングということで
トップ10を見ていきたいと思います。

 

1位 M&Aキャピタルパートナーズ 2,222万円
2位 GCAサヴィアン 1,832万円
3位 キーエンス 1,546万円
4位 日本商業開発 1,223万円
5位 ファナック 1,176万円
6位 日本M&Aセンター 1,104万円
7位 ドリームインキュベータ 1,089万円
8位 三菱商事 1,048万円
9位 伊藤忠商事 1,030万円
10位 朝日放送 1,021万円

 
もちろんバリバリの仕事マンになる必要があるし、
ひたすらに仕事をしまくる、というのが現状で、
僕も大手金融機関で働いていましたが、毎朝4時半起き、6時半出社23時期に帰宅
という完全に社畜モードでした。

それでよくて年収1000万円行くくらい。
 

かなりシビアでハードですね、これだけの給料を頂こうと思えば
人生の大半を仕事に費やしてというのは至極当たり前のことです。

キーエンスは40歳で墓場が立つ、と言われるほどの
激務メーカーで有名みたいで、基本ランキング上位の企業は激務を超える超本格派ですから
人生のバランスとよーく相談された方がいいですね。
簡単に入れる企業ではないという事実もありますが・・・
 

ランキング上位に入るために、ということで
高給取りについての記事を書いたので、
どうすれば高給取りになれるのか、チェックしてみて下さい。

高給取りはいくらから?その仕事や職業とは!?ランキングや特徴まとめ

 

大企業、中企業、小企業ごとの30代平均年収


 

では続いて、企業の大きさ、大企業とか中企業など
によっても、30代の平均年収は変わっていくのか、見ていきましょう。

30代前半

大企業の30、31、32、33、34歳の平均年収、504万円
中企業の30、31、32、33、34歳の平均年収、438万円
小企業の30、31、32、33、34歳の平均年収、405万円

 
ご覧いただいた通り大企業が1つ頭が抜けている感じで、
小企業と比べると約100万円の差があることがわかります。

年収面だけでもそれだけの差があるので
福利厚生とかそういうのも合わせると、さらに充実してると思うので
結構な差になってきそうですね。

しかも40代50代と年を重ねるごとにその差は広がっていきますし。

 
男性30代前半
大企業585万円
中企業494万円
小企業464万円

女性30代前半
大企業424万円
中企業382万円
小企業347万円

 

30代後半

大企業の35、36、37、38、39歳の平均年収年収、570万円
中企業の35、36、37、38、39歳の平均年収年収、480万円
小企業の35、36、37、38、39歳の平均年収年収、437万円

 
先ほどお伝えしたようになってきました、
つまり、年を重ねるごとに年収に開きが出てきています。

小企業と大企業のさが130万円ほどに開いているんですね。
これはどんどん開いていく傾向が強くなっていきます。
 

男性30代後半
大企業650万円
中企業546万円
小企業491万円

女性30代後半
大企業370万円
中企業330万円
小企業280万円
 

高卒、大卒など学歴ごとの平均年収

では続きまして、高卒、大卒など学歴ごとの平均年収について
こちらも変化があるのでグラフを用いてみていきましょう。

学歴などでどれくらい平均年収に差があるのか?
と思ったことがある人は多いと思います。

 
ということで、まずは30代前半の高卒、大卒など学歴ごとの平均年収です。

大卒高専卒・短大卒高卒
男、385万円
女、328万円
男、320万円
女、284万円
男、305万円
女、242万円

 
続きまして30代後半の高卒、大卒など学歴ごとの平均年収

大卒高専卒・短大卒高卒
男、444万円
女、363万円
男、359万円
女、303万円
男、339万円
女、252万円

コチラの表は
厚生労働省の賃金構造基本統計調査を参考に、作成いたしました。

 
30代前半の高卒、大卒など学歴ごとの平均年収
大学卒の男性年収385万円、女性年収328万円
高専卒、専門卒の男性年収320万円、女性年収284万円
高卒の男性年収305万円、女性年収242万円

 
30代後半の高卒、大卒など学歴ごとの平均年収
大学卒の男性年収444万円、女性年収363万円
高専卒、専門卒の男性年収359万円、女性年収303万円
高卒の男性年収339万円、女性年収252万円

 
という感じでご覧にいただいた通り、
学歴は年を重ねれば重ねるほどに
年収に開きがあることがわかります。

20代ではそんなにわかんないんですが、勤めれば勤めるほどに
給料に差が出てくるんですね。30、40代となっていくと
まとまったお金も必要になってきますので、この差はボディーブローのように響いてくるような気がしますね。

ということもあり普通にサラリーマンをする場合はしっかり勉強して
ある程度のラインをクリアしておいた方が年収的にはよさそうな印象ですね。
  

業種別30代の平均年収

30代の平均年収についてここまでご覧いただきましたが、
30代前半のサラリーマンはどういった業種の人がどれくらいの給料を
もらっているのでしょうか?

その平均年収を見ていきましょう。

30代前半業種別サラリーマンの平均給与まとめ

業種給与所得者の数平均給与
電気、ガス水道業14,000人670万円
金融業、保険業155,000人570万円
情報通信業239,000人490万円
製造業985,000人450万円
建設業324,000人443万円
学術研究、技術、教育、学習支援行223,000人426万円
不動産業101,000人422万円
運輸業214,000人420万円
複合サービス事業79,000人375万円
卸売業、小売業773,000人365万円
医療、福祉664,000人355万円
サービス業623,000人350万円
飲食サービス業、宿泊業16,3000人277万円

(国税庁「民間給与実態統計調査」より

 
ご覧のとおり、30代前半、サラリーマンで
一番平均給与が多い業界は、約670万円『電気、ガス、水道業』でした。

平均よりもかなり多くもらえるのがわかります。

年収600万円の手取りと税金、生活レベルは?貯金はいくらくらい?
 

といっても従業員数が少ないので、
平均が高くなっているとも言えますね、
でもインフラ関係の業種は安定と言われているし、
オススメな業界とも言われていますね。

続いて2位には、僕も務めていた、銀行などの『金融業、保険業』です、
僕は証券会社だったので、ブラックとまでは言いませんが、
平日月曜日から金曜日は仕事以外全く何もできませんでした。

かなりエリートの課長39歳で、
年収1000万円ぎりぎりいかないくらい、
というのを聞いたのを覚えています。

もちろん僕より激しく毎日ずーっと仕事です。
平日は子供の寝顔しか見れないと言ってましたね。

 
金融関係は給料が多いというイメージ通り2位ですが、
実際の所かなりシビアでハードな業界だと僕は感じました。
証券会社はとくに3年以内の離職者もかなり多いですから。
 

でIT会社などの情報通信業、製造業などが続きまして
大学時代、飲食店でバイトをしていましたが、
当時の店長は休みはほぼなかったですね。

1ヶ月で数日、3日くらいでしょうか、
しかも休みの日でも仕事場に来て、
色々発注なども行っていました。

それでもなかなか給料は上がらずランキングも下位、というのが現実ですね。

副業や転職、などを積極的にやっていかない事には
どうも打開しづらい現状が続く、と言った感じです。

 

30代の平均貯蓄額はいくらくらい?

40歳で1000万円あれば多い方、とよく言われるみたいですが、
これはもちろん人にも生活にもよります。

家族やマイホーム、マイカー、など
接待費や色々な必要経費で30代はかなりお金が必要になります。

 

30代で年収1000万円に到達する方法

ということでここまでご覧いただきまして
ありがとうございました。
 

僕の友人もそうですが、30代は家庭を築く方が多いため、
マイホーム、マイカー、養育費など本当にお金が必要になります。

一番お金が必要になる時期、30代!

といっても過言ではないかなと思ったり。
 

そんな30代の平均年収や手取りについて男女別に見てきましたが、
いかがでしたでしょうか??

給料が徐々に上がる30代ではありますが、
役職も上がり、責任も増す仕事が増えてさらに家庭も築いてと、
大忙しな毎日になりますね。

30代で年収1000万円を達成する方法としては
 

1、就職先を変える
2、副業
3、起業

 
等といった方法が挙げられます。
 

1、転職、になるわけですが、こちらは先ほどのランキングや
業種別の平均収入で多い業種を選ばれるのがイイかなと思います。
 

僕がオススメするのは
2、3、副業と起業ですが、
僕もこれで脱サラをすることに成功しました。
 

現在、ネットを使えば個人でも発信の媒体を持て、
メディアを育てれば、生活するにまったく困らない収入になります。

20代前半で脱サラし、ネットを使ったビジネスで起業しましたが、
25歳くらいで年収1000万円を突破しました。
20代後半で月700万円以上の利益も達成できました。

 
ブログ、転売、アフィリエイト、コンテンツビジネス、
コンサルティング、集客などなどネットを使ったビジネスの幅は
広がり続けていますし、まさに時代に乗った働き方だと言えますね!

 
なによりもポイントは、

時間を自由にしながら稼ぐということです。

 
証券会社時代に思ったのは、年収1000万円は確かにすごいけど、
こんなに働き続けて一切の自由がないなら意味ないやん、
ということでした。

時間は減る一方ですがお金は稼げば増えます。

もちろん初めから時間を自由にすることはできないですが、
ネット上に資産を積んでいけばそれが可能になります。

現に僕やコンサル生は毎日24時間自由の身です。

 
ということで、
もっと詳しく無料講義でお話ししているので
興味あればチェックしてみてください!
月収200万円以上を突破したコンサル生も読んでくれていた内容です。

現在6000人以上が無料で読んでくれています。
 

『期間限定無料』1日1時間、ネットで稼いで収入を増やしてみる
 

では最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ