ハイマート佐中オートキャンプ場が最高【お風呂や食事にWi-Fiもあり】

こんにちは、よっしです。

今回は11月に兵庫県は丹波篠山市、ハイマート佐中オートキャンプ場に行ってきました。

気温は7度、夜は2度と寒すぎでした💦

とはいえ最高のキャンプ場なのでご紹介していきますね。

ハイマート佐中オートキャンプ場のアクセス

〒669-2731 兵庫県丹波篠山市小坂459−3

神戸方面から、国道176号線で行かれる場合は、黒豆の大きな看板のある交差点を右折して、からの1つめの信号を左折、そしてすぐに右折で、この道に出ます。

ここから1回も曲がらずに直進でハイマート佐中オートキャンプ場につきます。

田舎を感じるドストレートな道ですね!

ずーっとまっすぐ行くと、家があり細い道や生活道路があるのでスピードは落として通行してみてくださいね。

上は高速道路です、これを最後にくぐります。

そして少しまっすぐ行くと、ハイマート佐中オートキャンプ場は「左」ですね。

そうすると到着しました!

車1台2,000円、大人1人1,000円、+税の3,300円でした。

受付を済ませると、ステッカーをもらえてうれしいですね😌

車を置くに進めて左折すると一方通行の入り口に。(👆右側の道)

ここは右側の道を進みます。

左側は帰られる人の道なので注意です!(👇左側の道)

ハイマート佐中オートキャンプ場の料金、釣りも可

温泉なども入れるキャンプ場として、割安だと思います。

家族風呂、更衣室や食事処に何でもあるので、家族連れにはもってこいですね。

◆キャンプ場利用料金表(税別)
利用時間利用料金
イン 12時~17時まで アウト 15時まで
(三連休中日、GW、などの混雑時は11時まで)
車1台2,000円
アーリーチェックイン
 午前9時~ 大人子供一律 1人300円
大人1,000円
(連休中日などお受けできない日もございます。
詳しくはお電話にてお問い合せ下さい)
3歳~
小学生まで
600円
(利用料金には風呂利用料金も含まれます)

大人2人車1台なら
・車1台、2,000円
・大人2人、2,000円
税込み計、4,400円ですね。翌日15時前に撤収

◆ディキャンプ利用料金表(税別)
利用時間利用料金
イン 9時~アウト 17時まで車1台1,000円
3歳~大人
まで一律
600円
◆バンガロー利用料金表(税別)
利用時間利用料金寝具
イン 12時~17時まで
アウト 11時まで
12帖バンガロー2棟9,000円
(エアコン・テレビ・冷蔵庫・AC・バルコニー)

4.5帖バンガロー5棟3,000円
(AC電源・バルコニー)
貸布団1,000円
毛布300円
(入場料はキャンプ場に同じ。)
◆その他施設利用料金(税別)
施設メニュー料金表詳細
バーベキューテラス昼:11:00~15:00 
1テーブル(網付き)2,000円(入場料はデイキャンプに同じ) 
夜:16:00~20:00 
1テーブル(網付き)3,000円(夜の部は宿泊者のみ利用可)
家族風呂1時間 1,000円当日予約制。お湯の張替えはセルフです。
手ぶらBBQセット1人 2,700円(和牛、地鶏、ウインナー、野菜、焼きおにぎり)
炭、施設使用料、入場料を含むセットです。
石釜ピザ焼き体験1枚 1.800円1回5家族限定
毎週日曜11時~
(要予約)
◆お食事処・民宿利用料金表(税別)
お食事内容お食事のみ宿泊(1泊2食)
地鶏すきやき3,900円9,200円
BBQセット3,900円9,200円
ぼたん鍋5,400円10,700円
◆佐仲ダム釣り場利用料金(税込)
利用メニュー利用料金詳細
釣り券2,000円ワカサギ(9月末~4月末)
1,500円ヘラブナ(年中)
オイカワ(5月~9月)
ワカサギレンタルセット1,300円竿・エサ・仕掛け・イス・バケツ
オイカワレンタルセット500円竿・エサ・仕掛け・バケツ
見学者施設利用料300円ワカサギシーズン中のみ

キャンセル料金

3日前までにキャンセルの連絡を頂ければ一切キャンセル料は頂きません。
オートキャンプ場 お車1台に付きのキャンセル料です。
ご利用予定日の2日前・・・1,000円 前日・・・1,500円 当日・・・2,000円

ハイマート佐中オートキャンプ場の予約方法

予約はこちらからどうぞ、ハイマート佐中オートキャンプ場HP

ハイマート佐中オートキャンプ場のベストポジションとは

この日は寒すぎてほぼ誰でもいませんでした💦

なので、僕は一番奥の階段の下にしました。

ここは端っこなので、管理棟までやたら遠いのがデメリットですが、だれも人が来ないのでその点おすすめですね。

👆管理棟を背にしています。

真ん中に車のための道があって、あとは芝生ですね。

あまり車を動かすと芝生にダメージがあるので、といわれ慎重に場所を決めました。

山に囲まれているので太陽が出てても日差しが届かなくなると、一気に気温が下がります。なので注意が必要です。

自販機もあります。管理棟を出てサイト側ですね。

トイレは2か所あって、これはサイトにあるトイレと、管理棟にあるトイレです。

どちらも洋式でウォシュレットもあり最高。

👆右側がバンガローとトイレ、正面が管理棟という感じです。

ここに炭を捨てます。その他のごみはすべて持ち帰りですね。

 

👇管理等の近くにあるバンガローですね。たしか5棟あったはず。

わりと小さ目でかわいらしい感じです。

1つに4人は泊まれるみたいです。

炊事場は3つあります。

👆一番奥、受付やトイレ、温泉から一番離れた炊事場です。

夜になると電気が自動でつきます。

この炊事場の右の階段がこちら👇

めっちゃ長い階段です。

頑張って登ってみました。

超きれいですね。

走って登ると息切れがやばかったです💦年ですね。

階段をせにすると釣り堀があります。

ここもいってみたいですね。

お風呂は3つあります

家族連れに人気の家族風呂ですね。

予約しておけば貸し切りで使えます。

👆こちらは外にある、陶板(とうばん)風呂です。

左が女性で、右が男性用です。

中は割と広く、シャワーも5台あったので混雑時を避ければ大丈夫ですね。

夏休みの大混雑時にも行ったことがあるのですが、それでも広くて大丈夫でした。

Wi-Fiも飛んでます

すばらしいですね、ハイテクキャンプ場です。

写真や動画も送り放題だし、YouTubeやブログ、映画も見れますね。

人気キャンプ場はこの辺もやっぱりすごい。

薪やガス、ビールに炭もあります

忘れた時にこういう品ぞろえが豊富だと、かなりうれしいですよね。

このあたりの設備のよさも、値段に含まれているはず、安心感がやばいです。

食事処イノシシもあり

暖かい料理も食べれるので、これもかなりおすすめですね。

キャンプ料理を食べて、夜ご飯とか、次の日の朝ごはんとか昼に食べてみたいなと思ったりです。

 

ということで寒すぎたのですが、

夏は暑くて人が多い、冬は寒くて人が少ない、ので難しいですよね。

秋は過ごしやすくて人が多いので、冬に防寒をばっちりしていくのがいいかなと思ったりです。

これからさらに年末寒くなってくるので防寒しつつキャンプを楽しみましょう。

楽しみ方についても記事にしてみました!

では、ご覧いただきありがとうございました。

キャンプがしんどそうならまずはデイキャンプもおすすめです。

気楽に行けるので人気ですね!