努力しても報われない人は『いかにラクをするか』で考えた方がいい理由

消耗するサラリーマン

努力しても報われない人「毎日マジメに生きて努力してるんですが、なかなか報われないです…頑張り方が間違っているのでしょうか?どうしたらいいかわかりません」

これらの悩みを解決します。

✔本記事の内容はコチラ。

  • 努力しても報われない人の典型例を解剖
  • 努力が報われる人は「ラク」をする人という事実を解説

 

実体験や具体例を合わせて解説します、またしっかり報われる努力の方法についても、あまり語られない切り口から説明していますので、正攻法で努力しているけど報われないのであれば、最後までご覧いただければと思います。

努力しても報われない人の典型例とは?

 

同情をなくして言うなら、意味のない努力をしてしまっているから。

達成したい目標のための努力ができていないから、と言えます。

 

進んでいくべき方向が間違ったままではいくら努力をしたって報われないし、それどころかどんどんマイナス方向に進んでいく可能性だった大いにあります。

頑張れば頑張るほどマイナスというのはあまりにも残酷なのでこの状況は何としても避けましょう。

でも努力が報われないパターンはどんどん悪化して行く事がおおいので、結果が出ない方法は辞めていく必要があります。

具体例 、インターネットで稼ぎたいのに経営の勉強をしている

これは非常に多い例なのですが、インターネットで稼ごうと思ってまず経営の勉強や、法律の勉強などをやろうとする人がいます。税金の勉強とか。

 

そういった専門知識も必要ではあるのですが、必要最低限で大丈夫ですし、まず優先されるべき事ではないです。その都度調べてやっていく程度で大丈夫だし、1から勉強してたら、インターネットで稼ぐための作業に取り掛かれないです。

 

じゃあインターネットで稼ぐためには具体的に何をすればいいのか?

それは、インターネットで稼げるアフィリエイトや転売、ブログ等のスキルを磨いて行く事です。これが目標に直結しています。

 

「法律関係もシッカリしていないといろいろ危ない」と思うかもしれませんが、そんな問題を起こすほどの悪事を働くつもりなのでしょうか?

よほど有名になって悪事を働かない限りそんなこと在り得ませんし、真摯にやっていればしっかり対応できるので、法律や経営の勉強ではなくまずインターネットで稼いでみて、その後に最低限のことを知っていけば大丈夫です。

 

まずはインターネットを使ってしっかりと稼いでみましょう。その中で身に付いたり、学べることは非常に多いので、都度勉強していけば大丈夫です。

初心者こそまずは稼いで実感するのが大切だと感じます。

参考記事⇒転売ビジネスとは。初心者が稼ぐための具体的なステップ完全解剖

努力が報われる人は『ラク』をする人

 

正直、努力をして結果を出す人は、努力を努力と思ってない場合が多いです。

 

うおお、耐えるぞ、このしんどい作業に耐えて努力するんだ!

こう思ってないからこそ、ずっと継続できるわけで、行動し続けられます。しんどいことに耐え続けれるほど人間強くないですからね。成功している人がみんな苦痛に耐える努力している、というわけではないんです。

 

努力を努力と思っていない⇒普通に行動(没頭)できる(ラク)⇒結果が出てる

イメージとしてはこんな感じです。

 

僕自身、知識に投資して勉強したり、ブログ記事、YouTubeを更新したりしていますが、それが継続できるのは、努力と思っておらず、これが費用対効果が異常に高いということがわかっているからです。

いかにラクで自分の資産が作れるかを考えて行動すれば、余計な遠回りをせずとも成果に結びつけることができるようになります。

 

例えば、極端な例ですが、

大阪から出発して4時間後に東京に行くと目標を決めるなら、頑張って歩いていこうと努力したり、バスでいこうと努力しても無理ですよね。間に合いません。

いかにラクに、できるだけ努力せずに到達しようかと考えた時に、新幹線とか飛行機の選択肢が出てくるわけですね。

 

努力しても効率が悪い、費用対効果が低い努力をしてしまっている場合は要注意で努力が報われない場合は、他に効率が良くて費用対効果の高い努力はないか?と考えてみましょう。

前述の知識を得るなら、独学だけだと効率が悪いです、自己投資して本を買ったり、コンサル受けたり、どちらも合わせて勉強するのが効率が良いというわけですね。

効率的に、ラクにというのは、汗水たらすのが正義とされている日本では受け入れられがたいものですが、実際結果を出している人はそうやってますね。

参考記事⇒成功する人の共通点や特徴!成功者の考え方や習慣を真似る

努力が報われないなら損切りせよ

 

とはいっても正しい方向に進んでいるか、努力ができているかどうか、わからないことがあるかもしれません。

 

そういう場合は、期限を設けて全力でやってみて無理そう、と判断できたらスパッと辞めた方がイイです。なぜなら時間がもったいないから。

 

ここまで頑張ってきたから諦めるのはもったいない、と思うのが一番危険で、それ以上やるとズルズルマイナス方向に進んでいく事になります。

足を怪我した状態で大阪から東京には行けないし、途中で歩くのをやめてサクッと新幹線に乗りましょう。

 

僕自身も大手金融機関に内定をもらって仕事をしていましたが、しょっぱなから向いてないなと感じていました。効率が悪すぎる訪問営業や、無意味なセールスなど頑張って成し遂げようとしましたが、無理だったので1年で辞めました。

毎日4時半起きも強制飲み会も無理だったし、完全に向いてなかったのでスパッと切りました。

 

当然ながら人には向き不向きがあるので、努力しても報われないこともあるので、そう感じたら期限決めてやってみるのがいいです。無理ならすぐ辞める。

 

損きりで着る人生にしていきましょう、人生は有限ですし、全てを自分の力でやろうとしても無理ですし、そう割り切った方がラクに生きていけます。

結論:努力をしても報われないなら方向転換するべき

 

努力ってどうしても輝いてしまうし、価値が置かれるんですが、結果を出すことにおいては努力は正直どうでもいいことです。

その理由は簡単で、結果が全てだから。

 

  • どれだけ努力して頑張っていようが売上がないと会社は潰れます。
  • どれだけ努力していようが彼女がそれに価値を感じてくれなければフラれます。

 

残酷な話と思われるかもですが、事実なので仕方がありません。なので努力の事はもう忘れて、いかにラクに結果がでるか、コレだけにひたすらにフォーカスしていくのがイイです。

 

努力=苦痛に耐えるコト、ではなく、努力=ラクに結果を出す方法です。

 

努力からラクへ転換してみる

僕がインターネットを使って稼ごうと決めた時は、全て自分で努力してやろうと思って、バナー作成や専門知識が必要なこと、または単純作業も全部自分でやっていました。

 

ただ、時間が足りない、作業が多すぎる。努力しても無理だ。

 

そう感じて、いかにラクをするか、自分が働かなくてもツールが働いてくれるか、人が働いてくれるか、を考えて、ラクになるための努力をしてきました。

そして自分にしかできない事に注力して勉強したりコンテンツを作ってきました。

 

効率化、合理化、もっとシンプルに言うと、いかにすればサボれるか、これを考えて今やっている無駄な努力を徹底して排除してみてください。

 

そうすると一般的な、苦痛な事を耐え続ける努力から、楽な方向へ進んでいく努力がどんどんできるようになっていきます。苦痛じゃないので努力が続きます。

そうなるとゾーンというか、没頭の状態に入るので、集中できてさらに生産性が高まっていくと思います。

 

努力が報われなくてしんどいときは、真正面からぶつかっていくのではなく、少しラクをできる方法はないか、まずそう考えてみてください。

 

僕自信、脱サラした時は地獄の努力をしたと思います苦笑

そんな軌跡をまとめましたので、良かったらチェックしてみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。