成功する人の共通点や特徴!成功者の考え方や習慣を真似る


 

「自由な暮らしとか、お金持ちとか成功する人っていいよなぁ、ブツブツ」

 
サラリーマン時代そんなことを常に考えていました、
こんにちは、よっしです。

今回は人生で成功している人
例えば自由な暮らしとか好きなことをして生きてる人とか
お金持ちとか、まあなんか超楽しく生きてそうな人達ですね笑

そんな人たち、成功者の特徴や法則、
そして習慣について書いてみました。

凡人サラリーマンだった僕が
起業して一応自由に生きている、という
状態から分析しましたので、何かしらのお力になれればと思います。

では行ってみましょう!

成功する人の共通点


 

成功している人、する人の共通点をざっと上げてみます。

といってもどこにでも書いてることを
僕が書いても面白くないので、
そこだけ注意して書くのでご覧ください!!

自己投資が最強だと分かっている

本を読んでいるとか勉強しているとかは
どこにでも書いてあったので、それらをまとめて、
この項目にしてみました。

というのも体験にお金を使うのも自己投資だし、
セミナーやコンサルティングを受けるのも
自己投資ですよね。

自分の脳ミソをガンガン鍛えて行って
より豊かで引き出しの多いものにしているということです。
 

人は知識があるから行動できます、
逆に行動できない人は知識がないです、
ないから恐怖を感じて行動ができなくなるわけですね。

起業??危険だろそんなの。

起業する前僕はこう思っていたし、
事実何の勉強もしていませんでした。

未知の物に対して人は恐怖を覚える、それを退けるのが知識、ということです。

 
ここをしっかり理解していけば
本を読んで知識を蓄えるのも、
勉強しまくって体験しまくって生きるのも
いかに有意義で充実していて、それをすることが当たり前のことのなのか、が
ハッキリと分かると思うんですね。

著者の知識や経験が詰まった本が数千円で買えて、
その知識が一気に僕らの脳ミソに入る、ということを考えると
えげつない費用対効果だと分かります。

人生は有限なので費用対効果の高いことを積極的に取り入れて
脳ミソを強化していく必要があるからですね。

 
なのでどんどんドラクエ感覚で自分の
武器やレベルをあげて行きましょう!

⇒ 自己投資の重要性、上手なお金の使い方

失敗に対する考え方が違う


 

多くの人に共通している意識として
失敗はできればしない方がいい、ということです。

教育課程で失敗はできればしない方がいいし、
悪い点数を取ると褒められることもないですからね。

成功=善、失敗=悪

という等式が成り立ってしまっているかと思います。

 
ただ、成功者は失敗に対する考え方がまるで違います。

失敗にネガティブな意識もないし、
データ収集量で言えば、成功した時より
失敗した時の方が多いときがあることを知っているんですね。

データを収集するってことは失敗から目をそむけないってことです。

失敗を直視する。
 

なぜ、テニスの試合で負けたのか?

なぜポイントをリードされたのか?

なぜサーブが入らなかったのか?

なぜ、サーブを徹底的に入れる練習していなかったのか?

どえらい量のデータがありますよね。
 

なのでたくさん課題が見つかるし、
それを実践していけば、次回以降同じ失敗が減っていきます。

同じような失敗を繰り返すのは避けれますし、
それは失敗を直視してデータ取って行動できてない証拠です。
例えば次の試合でも全くサーブが入らないとかね。

 
なので失敗を忘れて次の試合へ、ではなく、
チャンと直視してデータ取ろうよ、ってことです。

ということでそのまま次へ。

自己責任マインドセットがある

自己責任、で生きているということですね。

これはつまり、失敗した時などに
周りや環境のせいにしないってことです。

自分に改善できる点はなかったか?
自分が注意深くやってれば未然に防げなかったか?

と考えることです。

 
車の運転をしていると危ない運転をしている車がいますよね、
そういった車を右車線からぶわーーーーって抜いていったら
なんだか結構危険そうですよね。

近づかず、左車線をゆっくり走る、離れて走る。
みたいなことが自分でできるコトですよね。

 
あんたが危ない運転してたから事故ったじゃないか!!!

危ない運転をしている人は絶対いますから、
事故に起こさないのはもちろん、事故に巻き込まれない運転を
自己責任でやっていくという感じです。

自己責任で生きればどんどん自分を修正して行く事ができます。
改善して行く事ができます。

失敗をどんどん修正していける、
これが人間の圧倒的な強みですね。

その自己責任マインドセットを持っているのが成功者というわけです。

努力を努力だと思っていない


 

努力をしてない、と書こうと思ったのですが、
努力はされてますよね。

でも努力というと、どこか辛いことを耐えて、
しんどい思いをして、苦しんで練習して・・・
というイメージがあるかと思います。

もちろんしんどいこともあるかと思いますが、
基本的に今は耐える時だ苦しいけど我慢だ、と思ってないです。

 
没頭に近いような感覚で時間を忘れるレベルで
没頭していて、気がついたらこんな時間になってた。

みたいに、やるのが当然だし、集中するし、時間を忘れる
そんな没頭をしてしまう人が非常に多いと思います。
 

もちろん全てが全て大好きなことで、
楽しくて仕方がない、ということは珍しいでしょうけども、
没頭して努力とかそういう存在を忘れるイメージですね。

僕もあるコンテンツを作っていた時、
毎日12、3時間パソコンに向かい続けて、4か月休みなしで
やっていた時は、完成した後に手が腱鞘炎になっていることに気が付いたので、
ある種それに近いものがあったのかな?とにやにやしたこともあります笑

身の回り、環境を整えている


 

経営コンサルタントの大前氏もおっしゃっているように
自分のいる環境はかなり重要で、
それ次第と言っても過言ではないんですよね。

ずーっと愚痴の飲み会に参加していた社畜時代の僕と、
毎日朝から勉強して起業家のみんなに囲まれて
知識や体験を増やしている僕では
成功までの距離とその確率が全く変わっています。
 

かの有名なよくつるむ人の平均年収があなたの年収みたいな。
あれもほぼ当てはまっていると思います。
 

「私は平気です、飲み会に参加しても影響をうけませんから」
 
という人もいるのですが、
それに対してちょっとひとことなんですが。

飲み会に参加した時点で、
そこにまず時間を割いていることになります。

またかわす言葉や話す内容も
あんまり聞きたくない内容でしょう。

食べたポテトチップスがあなたの体に
良くない影響を及ぼすように、
食べた情報は必ずあなたの体に影響を及ぼします。
 

なので影響されないって言うのは不可能なのですね。

仮にその時間、自分があこがれる人達と一緒にいたり、
ずっと勉強していたりすれば、
理想とする情報や環境に身を置けることになりますよね。

 
情報と食べ物は同じということも合わせてお伝えさせていただきます。

食べたもので体は作られます。

食べた情報で脳みそは作られていきます。

良い情報、理想の環境、理想の情報で
理想の脳を作って行けば成功はまず間違いない、ということですね。

⇒ 良い環境で良い情報を食べ続ければ確実に成功する

筋トレや運動をしている


 

これも結構というかかなり当てはまっている共通点の1つです。

成功している人って
運動やスポーツ、筋トレをしている人は
かなり多いです。

体を動かしている。

リフレッシュして仕事に気持ちよく向かえるとか
みんなでスポーツやることの充実であったり、
体を動かすことでストレス発散したり。

色んな効果がありますしね!

 
僕はテニスとアウトドア、野球、ゴルフ
そして筋トレが大好きです、
この記事も足が筋肉痛の中書いてます笑

筋トレする人は、忍耐力や精神力が高いというのも
よく言われていますね。

スクワットと背筋で超健康になって収入も上がりまくった件

サクッと諦める


 

こう書くと語弊がありそうですが、
その通りです苦笑

もちろん諦めないし、粘り強く戦う、というのは
成功者の共通点ですし、そういったことはみんな書いてますよね。

でも僕がそれをかいても面白くない笑
 

これは損切が上手ってことです。

成功していく人って、何かしら素晴らしい能力があります、
ぜーんぶできるわけじゃないし、完璧主義者でもないです。

成功できない人の中の多くの人は完璧主義者になってしまい、
自分に自信がもてないんですよね。

ええ、そんなの俺にできるわけがない。

前述のとおり、できるできない、はあまり関係なく、
できない失敗したときに、
修正できるかどうかなので、
完璧主義は非常に損をします。
 

で、話を戻しまして。

自分が得意で、失敗をガンガン繰り返せるジャンル以外は
どんどん切り捨てて行くわけですね。

僕も仕事でそういったことはよくします。

無理だと思ったことは自分でやらないし、
誰かにやってもらったりもします。

盆栽みたいな感じですね。

太い幹を伸ばして、小さな枝は諦める、という感じ。
 

諦めが肝心とはよく言ったもので、
一通り全力でやってみて無理だと思ったら
すぐ諦め、データ取って次に行こう、ということですね!

成功者の習慣


 

成功者の習慣ということで
今日からできるコトをまとめてみました。

寝る前に明日の1日を頭の中で生きる

渡辺美樹氏の本でありましたねこれ。

これは明日の1日の精度を高めるという意味でやります。

布団の中で目を閉じて

明日は朝起きて・・・

というところからイメージしてから寝る、というものですね。

朝起きたら布団の中でもう一回イメージして
実際その一日を過ごす、という計3回生きるというわけです。

毎日を大切にできるし
精度の高い1日を過ごせます。

ぜひ今日からやってみてください。

ストレッチして寝る準備を整える


 

寝る直前までパソコンを見て寝るのは良くない、
というのはよく聞くことですよね。

お風呂はお布団に入る1時間半前くらいには入っておいて、
体の寝る準備を整えて行きます。

ストレッチをして部屋を薄暗くしてできれば
テレビやスマホなどは見ないようにしてみてください。

体が寝る準備を始めて
質の高い睡眠をとれるようになります。
 

睡眠は日中パフォーマンスを充実させるために
重要な役割なのでしっかりやっていきましょう。

朝活している


 

そういった調査があったみたいですが、
成功者は圧倒的に朝型が多いみたいですね。

人間は日の光と共に目覚めて活動するので
遅くても8時までには起きる必要があります。

日が暮れて夜になったら早めに就寝することが、
自然の摂理とマッチするので人間本来の力を発揮しやすくなるとか。

24時までには寝て、
6時くらいに起きるのが最高かなと思います。

また有名な話として、朝は人間の集中力や思考力が
さえる時間ですよね。

朝勉強したり脳を使ったりするのが
最も効率が良い時間、というわけで
その時間帯を成功する人は最大限に活用する。

つまり、成功するために脳をフル活動させる、特に散歩しながら
音声学習は最高かなと僕は思います。

朝って気持ちいいですしね。
土日とか休みの日とかは特にやってみるのがイイですよ、
昼間眠くなったら10分仮眠すればかなり気持ちよく寝れますので。

浅野時間帯を有効活用するには
朝型である必要があるし、夜中まで飲み歩いてたらそれは無理なので
上手くコントロールしていきましょう。

⇒ 睡眠の質を改善、寝方は仰向け?寝具はどう選ぶべき?

成功者の法則

 
さてちょっと思ったんですが、
 
俗に言う成功者、 
というのは失敗から起き上がる方法を
多く持つ人間、だと思うんです。

 
要は、失敗するのは当たり前で、そこからの復活が
成功者、起業家とか、としての器量を試されているのだと。

 
なんですけど、失敗を恐れるように育てられた私たちは、
この「失敗」を忌み嫌うのは当然なんですね。

テストの点数も、100点取ったら褒められるけど、
10点なら怒られたと思います。

なので、
 
成功>失敗
 
どうしてもこうなっていると思います。

ですが、僕は成功のイメージとして、
 

失敗→復活→失敗→復活→・・・→結果として成功

 
みたいな感じだなと思ってます。

 
そして失敗がないまま成功してしまうと、こけ方が一切わからないので、
こけると大ケガして起き上がれなくなるわけです。
 

子供のころに乗った自転車を思い出していただきたいのですが、
こけまくっていたと思うんですね。

で、起き上がってこけて・・・

を繰り返すと、結果乗れるようになったと思います。

あれが一回もこけずに乗れてしまうと、
グングンスピードを出して、その状態で
こけてしまうと・・・という感じです。
 

だから確実にこけないといけない、わけですね。
 

で、です。

成功していく人、つまり、行動が早い人は、すぐに失敗します。

バタバタとこけるんです。

意味不明なことしたり間違ったりします。
僕も実際やっていました。

で、復活する。

を繰り返すわけですね。

ただ単に意味不明なことをしすぎても体が持たないので、
正しい方向で行動し続けて失敗するわけですね。

 
知識がないと「リスクを考え、避ける」ようになります。 
だから頭がいいと行動できなくなると言われているわけです。
で、それはあながち間違っていない。

 
今日お伝えしたいことからそれてしまいそうなので話を戻しますが、
 

失敗できない人は成功できない

 
そんなお手軽に成功なんてできると
思ってほしくないってことです。

ということなんですが、
それを小さなことから始める、ということです。

 
小さなこと、つまり失敗しても大丈夫な
許容の範囲で行動してきました。
 

いきなり100万円払って起業しましょう!

ではないことは当然ですし、範囲外の行動だと思います。

 
多くの人はこの範囲を理解しないがために何の行動もできない。

・なぜ行動できないのか?
・どうすれば行動できるのか?

ここを考えれない限り、一生何も変わらない。

 
変える、というのは今ある場所から一歩動くことだからです。

 
サラリーマンであれば現状維持ではなくて、
帰宅後の2時間を使って、

カメラ転売やってみるとか、行動するしかないわけです。

 
とは言っても、 

リスク、本当に稼げるのか、不安など、

こういうのがあるから行動できないのではないかと思うんですね。
 

・じゃあどうすれば行動できるのか?

 
行動できれば、毎月30万円の副業収入が得られる、

逆に、行動しなければ一生このまま苦労して、
こき使われる普通のサラリーマンで終わる人生。

これが、正と負のモチベーションであり、行動の動機となります。

 
注意してほしいのは、
 

やる気=モチベーションではないということ。

  
社畜当時僕は、
 
マジでこんな地獄のような生活で、お金も時間も働く場所も全部決められ、
永遠にこき使われる、そんな50歳のおっさんになってたまるか、と。

 

恐怖、つまり負のモチベーションのほうが強かったと思います。

毎朝4時半おき、23時帰宅、あとは寝るだけ、
こんな地獄の社畜だった私は、
完全に思考が停止、していました。

もう本当に何も考えられないし、本当に朝、目が覚めるたびに
頭痛と腹痛が襲ってきました。

 
強いて言うならどうすれば会社休めるか、
こればっかり考えていました。

絶対にトイレに行きたくなるので、15分は早めに起きてましたし、
ガンガンする頭痛、腹痛、が日課になっていました。

円形脱毛症、次々と辞める同期、ボロボロの心と体。
 

・・・
 

こういう恐怖から避けるため、ですね。

こういう現状をイメージして、
ありありと目の前にそんな人間がいると、

イメージして行動してみてください。

恐れをなして、嫌でも行動すると思います。
体が動かなければ、もっともっと恐怖と快楽を想像する。
 

自分の感情を揺さぶってみる。

人間の体が動く時は、その前に感情が動いています。

 
怖い、楽しそう、うれしい、おもしろいなど。
 

それくらいして感情を動かさない限り、
絶対に行動しません、本当に無理。

 
行動するのは本当に、本当に難しい。
 

できるかできないか、やるかやらないか。
人生はこれにつきます。
やるかやるか、ですね。

僕も毎年最低数百万円は自己投資して勉強や経験を
買っています。もちろんこれからも継続して生きます。
 

で、成功していく人は必ずやっている、わけです。

 
何かのマンガで、

努力は裏切るが、成功する者はみんな必ず努力をしている、
的なセリフがあったと思います。

 
行動できるか、できないか、本当にこれだけ、だと言い切れます。
ぜひぜひガンガン行動を。

最後までご覧いただきありがとうございました。
 

下記の私の無料メール講義では、何も知らない初心者が
結果を出す過程を動画を用いて具体的に説明しています。サラリーマンの収入であればしっかり達成できますので。

 
追伸

僕は毎月数百万円を自動で稼いでいます。
月収700万円も突破しました。

この業界多いのは、超貧乏で、コンプレックスの塊で、
借金だらけで、人生を終わらせようとした・・・
という崖っぷちから立ち上がったストーリーをお持ちの方達です。

なんですが、僕は

凡人も凡人、中卒でも高卒でもない、才能もない、
普通に大学も行って就活もして会社勤めでした。
日本人90%の中の凡人中の凡人でした。

そんな毎朝4時半起き、23時帰宅の完全体社畜の僕が
一体何をやって月収700万円を突破していったのか?
その説明を下記の記事で公開しております。

凡人、時間がない、自信がない、知識もない、
そんな状態でも着実に学べば、ぺろんと人生はひっくり返せます。
 

社畜がネットビジネスで人生を変えた。社畜脱出物語
  
 
  

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ