個人のメディアでおすすめなものまとめ【僕はこれで脱サラしました】

 

 

こんにちは、よっしです。

サラリーマンが続かず脱サラし、個人のメディアをもって法人化し、わりかし自由に生きています。

 

以前こういったツイートをしました。

ブログ執筆3000文字完了です。今日もコツコツ。ちなみにみなさんはどういった資産構築をしてますか?思うに個人のメディアは持つべきです。

・ブログ
・SNS
・YouTube

この辺りを頑張れば普通に生計を立てれるようになります。どれかを極めても良いしトータルで頑張ってもいい、自由に生きれますよ

 

ということでこのツイートを深堀しながら、あたらしい時代での個人の生き方を紹介していこうと思います。

会社に勤めるだけの時代は終わりましたね、いきなり脱サラせずとも生き方の選択肢を増やしてみるのはリスク分散につながりますね。

個人のメディアでおすすめなものまとめ

 

  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • TikTok
  • インスタグラム

この辺りは個人でビジネスを始める場合は絶対だし、インフルエンサーになる場合にも重宝するかと思います。

というかこういったネットの力を借りないで成功するのは遠回りですね。

YouTube

言わずと知れたYouTubeですね、5Gが入ってくるので今まで重かった動画コンテンツも爆速になり、現在の4Gの100倍のスピードになると言われています。これが現実のものとなると、さらにYouTubeは伸び続けていきます。

有名YouTuberなら月7桁から8桁の収入があったり、企業から声がかかって商品が提供されたり影響力が高いですよね。

 

  • 筋トレ
  • 魚裁き
  • 狩猟
  • スポーツ
  • 料理
  • 車やガレージ改造、DIY

 

などなどチャンネルは多岐にわたりますね。

どういったモノを発信していくべきなのか、ということですが。

 

☑発信する内容は自分が経験したこと

これはYouTubeに限ったことではないですが、自分が経験したことを動画にしましょう。

じゃないと続きません。

3年前の自分に言うなら、というようなスタンスで発信するとイメージしやすいかと思います。

 

僕の話になるのですが、サラリーマンとして大手金融機関で働いていました、しかし普通に耐えられずやめたのですが、その社畜経験で感じたことを中心に動画を作っています。

 

そのあとは、脱サラしても生きていく術なども合わせて公開していますね。

 

例えば以下のような感じです。

社会人は辛いし報われません。マジメはバカを見る【解決策提示】

 

Twitter

Twitterも必須ですね。インフルエンサーにもなれるしブログやYouTubeと絡めて使っていけばシナジー効果もあります。

 

 

https://twitter.com/change_thejapan/status/1128651760300580867

 

こんな感じで、YouTubeやブログをからめています。

Twitterは趣味感覚でやるにはもったいないし、立派なメディアなので本気でやればフォロワーも増やせて、拡散力もあるのでぜひやってみてください。

 

これも自分が経験したこと、過去の自分に向けてつぶやくコトから始めてみてください。

ブログ

ブログはオワコンと言われていますが、ぶっちゃけまだまだ大丈夫です、それ以上にライティングスキルや継続力など身につくスキルが多いので、こちらもおすすめですね。

 

ブログ単体だけではアレかもですが、TwitterやYouTubeなど発信内容や重さ、文字じゃないと伝えにくいことなど角度を変えて伝えれます。

 

僕も机上の空論にならぬよう、毎日更新120日目で4か月が達成しましたが、継続力など磨かれたと思うので、これからも続けます。

あとは、毎日更新のポジション、脳内SEOをとるため、でもありますね。ブランディングです。

TikTok

こちらもインフルエンサーには欠かせないし、企業とのタイアップで生活費どころかそれ以上も稼げます。

YouTubeよりもライトで短時間で気軽に見れるのが特徴で、使い分けをしてるYouTuberがいて戦略的だなといった感じでした。

インスタグラム

思うにTwitterやインスタグラムなど芸能人や海外セレブなども使っているようなSNSは伸びますよね。フェイスブックもですがここで書いていないのは気軽さや拡散力に劣るかなと判断し載せませんでした。

 

気軽に投稿、拡散、そしてそこからインフルエンサーになって仕事をもらう。

 

Twitterと違ってリツイートなるものはないですが、視覚的なメディアなので、その強みを生かせる発信をする場合は必須ですね。(景色や写真、動画)

 

☑ネットの力を借りたくありません

こういった意見をたまに目にしますが、時流に乗りましょう。

 

よくわからないプライドや縛りプレイは価値を提供する側の人間としてはナンセンスですよね。てこの原理を使ってインターネットで拡散するのは鉄則ですね。

複合的にどうぞ

どれか1つを極める、のもいいのですが僕は幅広くやっています。

  • YouTube
  • Twitter
  • ブログ
  • メルマガ

まずはできる範囲でチャレンジしてみて、合うものを見つけましょう。

これらを絡ませているので、いわゆるテーマパーク的なところがあります。

 

ブログやTwitterなどのアトラクション、YouTubeにメルマガという講義中心のセクションという感じで角度を変えて情報提供できるようにしたり。

飽きの来ないテーマパークに育てていってます。

個人の新しい生き方

 

ずばりインターネットを、メディアを使って稼ぐことです。

 

サラリーマンはオワコンではないけど…

終身雇用は限界、と経団連からそして日本を代表するトヨタからも発表がありました。

利益が伸び悩むのに新入社員をとると給料を払うのが大変ですよね。大企業でも軒並み減収なので、利益が伸びない状態で終身雇用は不可能です。

 

サラリーマンは徐々にきつくなりますよ、しかもあなたが若手であればなおさらだし、30代でも定年まで40年近く働き続けることになります。僕はまず耐えれません…

 

以前こういったツイートをしました。

やはりシビアな話ですがスキルや資産が溜まりづらいサラリーマンだと、これからの働き方の変化に飲み込まれそうです。

トヨタでさえも「終身雇用」はキツイとしてるし、というかこれは前からもうわかっていたことですが、自分の人生を安定させるためのスキルや勉強は誰しもがやらないといけないですね

 

そのほか、大手企業でも45歳以上の退職者を募ったり、この年代ってローンの真っ只中かと思いますが、もう待ったなしのシビアな状態ですよね。

 

日本に生まれた時点でヌルゲーではありますが、徐々に厳しくなっていくのは避けられませんね。

バブル当時に作られた「終身雇用」でしたが、時代の流れが速く数十年しか持ちませんでしたね、というかここまでよく続いたのがすごいです。

なので自分で稼げるようにしておくべき

今回はメディアの紹介でしたが、メディアを持ちながらスキルを磨くべきです。

  • インターネット副業で稼ぐ
  • ブログを作って発信
  • インスタグラムで経験したことを写真に
  • フリーランスで生計を立てる

 

若い年代のほうが圧倒的にインターネットには詳しいですよね、会社だと若いだけで給料が低いですが、ハッキリ言って意味が分かりません。

 

現に価値ある人材は会社を辞めていく傾向にありますし、海外に行く若者も増えてますよね、そして終身雇用制度の崩壊…。今後どんどん時代は変わるしそのスピードは速くなります。

 

ということなので会社に過度に期待せず、時間をつくってインターネットで稼ぎましょう。

 

☑具体例:初心者はインターネットでスキルを磨く

ここは正直何でもいいです、まずは行動して初心者であってもインターネットで稼ぐことを実感することが大事ですね。

 

そのあとその体験を発信して、その際メディアを使っていくのでまずスタートラインに立つためにも実践してみてください。

現段階で実績があったり、発信する内容がある場合はメディア作ってみて、反応を見ながらやっていくべしですね。

例1:副業、ライターで月5万円は簡単です【初心者の友人が稼いだ話全公開】

例2:転売ビジネスとは。初心者が稼ぐための具体的なステップ完全解剖

 

ということで

インターネット上には有益な情報がたくさんですし、無駄な飲み会に参加して無意識でテレビを見ていても現状は変わりませんし、飲み込まれてしまいます。

 

しっかりと情報を集めて、許容の範囲で行動していくのみです。これができる人とそうでない人で差がついて、気が付くと取り返せなくなってます。

今回は以上です。

あ、最後は社畜から脱出してメディアをつかって田舎で自由に生きれるようになった軌跡をまとめました。

そのメール講義は具体的な生計を立てる方法もアリ、無料です。

現在は10000人近くが購読してくれているのでよかったらチェックしてみてくださいね。自由に生きる実績者も多数です。

 

⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

1 COMMENT

takafumi

こんばんは。
メディアを1つに絞る必要もないのですね。
いろいろしてみようと思います。ありがとうございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。