最強のフォーカス環境 を作る方法

どうも、よっしです。

今日は、『最強のフォーカス環境 を作る方法』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですが、こちらからご覧ください。
 

 

集中する、という意味合いでよく使われる【フォーカス】、
という言葉ですが、大きな勘違いをしている人が
たくさんいるので補足をさせて頂きます。
 

量をこなしていけば質に転換される、量質転換ですが、
そのスピードを最速にする方法が私のお伝えさせていただきたい、
本当の【フォーカス】です。
 
では、一体そのフォーカスはどういうものなのか?
 

それは邪魔を完全に排除するコト


 
こう聞くとひどい言い方だと思われるかもしれませんが、
本当にちょっとひどいかもしれません汗

 
1つのことを頑張る、集中するのではなく、
その頑張りたいこと、以外のものをそぎ落とします。

そして最終的にそれ以外することがない状況をつくる。

 
これこそが本当のフォーカスです。
 

簡単にお伝えいたしますと、それ以外やるコトがない状況です。

私はテレビを自分の部屋に置いてないのですが、
あると気が散ると分かっているからです。

基本的に仕事をしている時はスマホの電源を落としてます。
 

またパソコンの電源を付けない時もあるのですが、
それは、サイトや動画を見てしまわないために、
邪魔をそぎ落としているからなんですよね。

 
例えば、

二兎追う者は一兎をも得ず、なんてことわざがありますが、
フォーカスできないから、ですよね。

気になる異性3人と連絡を取っていれば、
どっちつかずになる、ということです(テクニック次第で可能汗)
 
嫌でも1つのコトだけに集中せざるを得ない環境、
これを作り出せれば最高の現象が起きます。

何だと思いますか?
 

その答えは、【没頭】

 
フォーカスの環境を作ることができれば、
没頭の状態に入りやすくなります。

極限状態まで集中力を高めて、かなりの量を行えます。
 

没頭しているので、色々注意が散漫な普段よりも
かなり質が高くなります。

量もこなせる、質も高まる。

 

フォーカスをしっかりと行うことができれば、
毎日自身の成長を感じれるはずです。

 
かく言う私も、

起業した時、友人にこちらから連絡を送ることを辞め、
よく遊んでいた友達とたまに遊び、
飲み会はいかずテレビもみていませんでした。

 
それは狙ってやったわけではなく、
単純に楽しかったので勝手に没頭していたのですが、
そういった環境が自動的に作られていた、と今になって思います。
 

そして気が付けばサラリーマン時代の10倍の収入を得ていた、
というわけです。
 

それくらいいきなり没頭できなかったとしても、
フォーカスし邪魔を排除していくことは可能です。

試にスマホの電源を切って、勉強してみてください。
YOUTUBEも見ずにやってみましょう。
 

フォーカスの環境は最初は慣れが必要ですので、
作ることができれば人生すべての行動の質が上がります。

それだけに最高集中できるようになるわけなので。

 
1つのことを頑張る、のではなく、
その他を排除しそれだけを残す。

 
必要でない事の時間をなくす、これを守ってみてください。

 

ではではお付き合いいただきありがとうございました。
 

是非とも、共に頑張りましょう。

長くなりましたが、ご覧いただきありがとうございました。

感想はいつでもお気軽に送ってくださいね、
では、また次の記事でお会いしましょう。
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ