筋トレで人生が変わる。凡人だった僕が社畜から社長になれた話

筋トレしたら人生変わったなんて話聞くけど本当?どういう理由でどう人生が変わるの?ステマなしで実体験を聞いてみたいなぁ。できれば筋トレも継続してみたいです

こういった疑問に答えていきます。

 

✔本記事の内容はコチラ

筋トレしたら仕事が入ってきたり、芸能人と繋がれたり、心なしかモテるようになった、収入も上がって行った話。

 

以前にこういったツイートをしました。

 

【筋トレ】自己管理スキルが高まる筋トレは、人生レベルで役に立つ。しんどいことに立ち向かう、食事も以前より気を配るようになる、睡眠、栄養、仕事の取り組み方など、まあそこまでいきなりは無理だったとしても、物事に対するアプローチは確実に磨かれる、自制心もまさに高まるかと思います

 

ということでこちらのツイートを深掘りしながら、すべて実体験をもとに語っていきます。こういったことがあるだろう、ではなく僕自身が経験したことだけを書いていくので、ノンフィクションでお楽しみいただければと思います。

筋トレで人生が変わる

こういった話は本とかでもよく目にするんですが、一体どうなのでしょう。

これはあくまでも僕の場合なのですが、

筋トレは人生を変える要素の1つになりました。

 

人生が変わるきっかけになったモノをまとめてみました。

  • 精神力が異常に強化される
  • 健康になる、風邪を引かなくなる
  • 睡眠が安定する
  • 収入が上がる
  • 元気な人が集まってくる

ということで1つずつ見ていきましょう。

精神力が異常に強化される

筋トレすると筋肉がつくと思われがちですが、いやそれもそうなんですけど、それにもまして精神力が強化されます。

忍耐というかあきらめない気持ちが強くなります。

 

わざわざ重りを背負ってスクワットするほどしんどいことはないんですが、しんどくなってからのラスト3回は本当にきついです。

でもそこで、そのしんどい状況でのみ精神力は鍛えられると思っていて、余裕で楽々できることだと筋肉も精神力も鍛えることってできないんですよね。

 

正直、あのしんどさに比べれば日常生活はしんどくないですし、仕事も恋愛も粘り強くなります。

精神的にも肉体的にもしんどいことって日常生活ではそうありませんから。

 

また、

筋トレで筋肉は確かにつくんですが、俗に言うムキムキになろうと思えば、最低でも1年は週3以上でジムに通う必要があると思っていて、初年度は特に筋肉がつきやすいのですが(といってもかなり大変)それ以降どんどん筋肉は付きづらくなっていきます。

 

そんな状態でも筋トレし続けていくっていうのは、すごい継続力だし苦しいことにも立ち向かっていける気力があるから、ですね。後は単純に好きか。

健康になる、風邪を引かなくなる

筋トレをすると、タンパク質を補給したくなるので食事にもいつもより少し気を使うようになります。

以前こういったツイートもしています。 

 

いい食事より悪い食事に着目する。マイナス要素を減らすだけで体はかなり健康に向かう。ジャンクフードにお菓子に暴飲暴食。栄養が高く、いい食事を摂ったとしてもこれらのマイナス要素が一向に減らなければ体は全く改善されない。プラスを伸ばすことも大事、でも健康に置いてはまずマイナスを減らす 

 

食事は徐々に整えてマイナスを少しずつ減らしましょう。

 

僕の知り合いのパーソナルトレーナーは食事の方が圧倒的に大事、というくらい食事に重きを置いていてまずは食事を徹底させるそうです。

お菓子とかケーキばっかりだとせっかく筋トレしたのに、筋肉がつかずに脂肪ばかりついてしまいますからね。

 

ということで食事、高タンパクで低脂質を心がけるようになり、食生活が徐々に正されるようになっていきました。

 

具体的な食事は、

納豆、キムチ、アボカド、卵、ご飯、味噌汁、魚、鶏肉、豚肉、牛肉、野菜(ブロッコリー、ピーマン、人参、玉ねぎ、野菜ジュース)などが主食になっています。

もちろん、ラーメンとか餃子とか中華にハイカロリーなものを完全に断ち切ったわけではないですが、やはり量は減りましたね。

 

ちなみに、僕はお酒をあんまり飲みませんが、筋トレした日はできれば飲まない方が良くて、アルコール消化に体が集中してしまうのでせっかく筋トレしたのであればその日はちょっと量を減らすか、我慢がいいですね。

睡眠が安定する

これも毎日のパフォーマンスが上がることに直結するのですが、筋トレで適度に疲れていれば夜ぐっすり眠れます。

寝れない場合は適度な運動を入れることで改善されます。

 

ただ、注意してほしいのは、寝る前の筋トレは睡眠を妨害するのでできれば寝る3時間前には筋トレを終了させておくのがイイです。

筋トレは体が目覚めるので注意。

収入が上がる

精神力が高くなり、体が健康になれば、毎日いいパフォーマンスで粘り強く人生を送ることができるようになってきました。

 

筋トレすることで心身ともに鍛えられて、クオリティの高い毎日を送るようになった結果当然仕事も毎日いいパフォーマンスでできるようになり、追い詰められたりあと一歩の所のふんばりができるようになりました。

地獄のスクワットに比べるとまだマシかな?と思えるので、行動の限界値が広くなったように感じます。

 

失敗したらうまくいっていない理由を探せるし、明確にコレだけ上がったというのは証明しづらいのですが、筋トレした結果収入も上がったかと思います。

数値で言うなら、毎月7桁の収入をより高く安定させることができたように感じます。

元気な人が集まってきた

体が変わり、毎日元気に生きて収入も上がってくると、よくわからないですがそういうオーラなのか、元気な男性、女性と関係を持つことができました。

筋トレを日課にしている男性経営者、テレビ出演多数、雑誌やメディアに毎週出ているような女性起業家にコンサルティングをお願いされたりとそういう機会に恵まれるようになりました。

 

これは筋トレを始めた、というところからかなり派生していますが、そういった恩恵を得るきっかけを与えてくれたのは、筋トレかと思っています。

体の話ができるようになるし、健康について無関心な人って少ないですしね、でもこころなしかそういう人とはあまり引き寄せあわなくなった気もしますね。

 

ということで、

  • 精神力が異常に強化される
  • 健康になる、風邪を引かなくなる
  • 睡眠が安定する
  • 収入が上がる
  • 元気な人が集まってくる

筋トレすることで僕が感じたメリットをまとめてみました。

筋トレを継続させる方法

 

筋トレとかダイエットとかってやらないといけないことがわかっているにもかかわらず、継続させるのが難しいと思われがちです。

それはシンプルに慣れていないから、です。

ジムに行くのがきつい場合は家でやりましょう。

 

以前こういったツイートをしました。

https://twitter.com/change_thejapan/status/1086545808072175616
1日をルーティン化しよう、やる気やモチベに左右されたとしても、常に継続。毎日やる。これを守るのが最強かと。

有無を言わさずやる。最初は慣れないですが2週間続ければあとはいけます。
ブログ書いたりコンテンツ作るのを毎日のルーティンにして生きます。
もちろん筋トレも

 

毎日必ずやる、これをルーティンにするしかないです。筋肉痛になったらその部位はやらずに筋肉痛じゃない個所を筋トレしましょう。

 

ルーティン化することでやる気に左右されなくなります、この段階まで行く必要があって、やる気やモチベに左右されていると下がった時に対処できなくなるので、歯磨きと同じようにルーティンにするのがいいです。

筋トレで人生を変えよう【結論】

 

結論はずばり筋トレしよう、ということです。

いきなりジムに行ってムキムキになる必要はないですが、できれば自宅よりジムに行った方がイイですね。

僕は自宅にも筋トレができる設備を制作しましたが、器具の充実度ややる気の高まりはジムの方がイイかなと思います。

 

筋トレするメリットは筋肉がつく以上に、精神力が強化されること。

確かに良い体になれば自身もつきますが、日々のしんどいことに耐えれたり、果敢に挑戦できる忍耐が付くことは、筋トレの副産物と言われますが、こっちの方が人生を変えるのに結果として役に立ちます。

 

  • 継続できない弱い自分に立ち向かえる
  • コンプレックスだった体を変えられる
  • コンプレックを克服できて自信がつく
  • 最後まであきらめない気持ちが身に付く

 

このあたりは一生の糧になるし、最高のメリットですね。

筋肉がつく方が副産物のような気がするくらいです苦笑

 

体は資産なので、命尽きるときまで使い続ける大切なものです。健康を害してしまうと、ほんとになにもできなくなってしまうし、健康であるからこの記事をかけていて、そしてご覧いただいてるかと思います。

 

最初は筋肉痛になったりすると思いますが、家でコツコツ筋トレしてみてテンションが上がってきたらぜひジムにも行ってみてください。トレーナーさんが優しく教えてくれますよ。

 

ということで、地獄の脚トレ、今から行ってきます。

1 Comment

松千代

こんにちは。
筋トレは良いこと尽くしですね。
毎日やる、これをルーティンにするしかないのですね。継続することで、忍耐力も付くという考えはとても参考になります。
コツコツと何事も続けていこうと思います。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。