社会人に必要なスキル○○を抑えれば雇われる必要が無くなる話し【経験済】

 

社会人に必要なスキルが気になる新社会人「社会人に必要なスキルって何でしょうか?多くてどれから手を付ければいいのか…。すぐ廃れる小手先のテクニックではなく、できれば長く使えるスキルを身に着けていきたいです」

こういった疑問にお答えしていく、この記事の内容はコチラ。

 

  • 社会人に必要なスキルとは
  • 本質を抑えれば雇われる必要がない
  • 例:副業で稼いで本質を抑えてみる

 

この記事を書いている僕は、正直、社会人時代ではスキルを身に付けれませんでした。現在は脱サラして会社を建てれましたが、スキルと本質を少しずつ抑えた結果ですね。

なので、社会人時代に身に着けておきたいスキルと本質をまとめています。

結論、スキルと本質を抑えれるようになれば、ほぼ確実に何をやっても成功します。

社会人に必要なスキルとは

 

経産省が2006年から提唱している「社会人基礎力」というものですがこれは現代の社会人に必要なスキル、のことで。

  1. 前に踏み出す力(主体性・働きかけ力・実行力)
  2. 考え抜く力(課題発見力・計画力・想像力)
  3. チームで働く力(発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール力)

という感じです。

 

このあたりは読んで字のごとく、会社でも説明されるかと思います。

今回はこういった大切なスキルやテクニックから本質を抜き出して、コアを抑えた方がイイという話と、その方法やメリットにも触れていきます。

 

  • 具体的なテクニック
  • 抽象的なコア

ですね。

具体的なテクニック

これは会社の業務やその他の細かな行動のことです。

しっかり身に着けることで仕事ができます。

  • 訪問営業で配る名刺には一工夫する
  • お客さんには手紙でお礼を書く

 

という感じでこういった細かいテクニックを身に着ける必要がありますね。

テクニックは再現性が高くて誰でも真似しやすいです。

逆に言うと誰でも真似できるので、目覚ましい成績を上げるためというよりは、基礎力アップのために使うのがいいかなとおもいます。

抽象的なコア

これはテクニックの元となる幹をさします。

  • どうすれば信頼してもらえるか?
  • どうすれば役に立てるか?
  • どうすれば商品販売後も安心してもらえるか?

などなど「どうすれば?」と考えることで、お客さんの気持ちを理解できて、それを繰り返すことで人の理解にもつながりますね。

 

ぶっちゃけテクニックは小手先で誰にでも真似できてしまうのですが、こっちのコアは真似しづらいです。アタマで考えないといけないし本当にその気持ちになる必要がありますからね。

 

ただ、営業で成績がよかったり、異性にモテる人って無意識でコアをしっかり押さえている人は多いんですよね。

今の職場ではなかなか学びづらい…

こういったこともあるかと思いますが、ぶっちゃけ会社だけに縛られる必要はないですし視野を広くすればいいですね。

会社以外に何かコミュニティに参加してもいいし、ネット上でサロンやサークルなどに参加して、他業種とか会社以外の人と関わりを持つのは結構大事だったりします。

 

というのも、この会社にしか通用しないスキルというのはもはや小手先のテクニックなので、ほかの業種の人とも共通の本質を探していった方がイイです。

  • 人の感情
  • 人が行動するタイミング
  • 人が信頼するとき
  • どうすれば相手の理解ができるか

など人にフォーカスした人間理解は何においても共通ですね。

本質を抑えれば雇われる必要がなくなる

 

話しを飛躍させていくと、本質である人間の理解は、どんな小手先のテクニックよりも普遍的ですよね。

  • 名刺の配り方、渡し方10選⇒名刺がなくなると終わり
  • 人間の理解⇒人間がいる限り不滅

簡単すぎますが、こんなイメージです。

 

ビジネスでは相手はほぼ人なので、普遍的な人の理解ができれば、あらかた成功します。

小手先のテクニック<本質

インターネットを見ていると「~テクニックで稼ぐ方法」(僕も紹介しています)などがありますが、基本的に依存度が低いモノがイイですね。

ミクシーで稼いでいた人とかはアプリが廃れて稼げなくなったり、
ブログなら医療系の記事がアップデートによって表示されなくなって稼げなくなったり。

 

グーグルやYahoo等に依存したブログですが、世界的大企業がつぶれることは、まれでしょう。でもテクニックに走りすぎるとやはり対応がとれないですね。

  

でも潰れた時のために本質を押さえておけばビジネスは再起できます。

  • 人が集まる場所はどういう場所か(集客)
  • 人が信頼してくれるのはどういう時か(価値提供)
  • 人が商品を買いたいと思うには何が必要か(情報提供、販売)

 

あとはそれを行う場所がどこか、というだけですね、メルマガなのかラインなのかヤフオクなのかYouTubeなのか。

それは臨機応変に対応していくのがイイです。

時流に合わせてその都度良いものを選んでいきましょう。

本質を身に着ける方法

シンプルですが、なぜ?を繰り返していくことです。

  • なぜ、集客できたのか?できないのか?
  • なぜ、商品が売れたのか?売れないのか?

なぜ、で辿っていけば、仮説が立てられます。

あとはそのたてた仮設を1つずつやっていけば大丈夫ですね。

 

僕はブログをよく書くのでそこでもこういった仮説を立てます。

  • なぜ、この記事はたくさん読まれるのか?⇒キーワードと内容が読み手にとって価値ある記事だから
  • なぜ、この記事は読まれていないのか?⇒自分の言いたい事だけ書いたから

 

読まれるブログは、基本的に読み手に取って役に立つこともしながら、その他のテクニックが盛り込まれていることが大半ですね。

なので読まれる記事を書く場合は、自分の言いたいことを書く前に、まずは読み手の悩み解決や役に立つことが大事ですね、その後持論の展開です。

 

この記事でも、相手の理解から始まり、その後に持論という流れですね。

人としゃべるときも商品をセールスするときも異性とデートの時も、相手の理解から始めましょう、いきなり自分の話をしまくる人がいますが、基本モテませんね。

 

テクニックから本質を抽出する

例えば、前章の自分の話をいきなりしない、こういったテクニックですが、そこから大切な本質を抽出すると、

持論をいきなりぶつけない⇒相手の理解に力を注げる

とできます。

 

コミュニケーション能力もすべては聞くこと、相手の理解から始まるので、それができて信頼関係も構築できて、話が進んでいきます。

多くの成果が出ない商品が売れない、告白しても振られる、場合は信頼関係が薄かったり、相手の理解が完成してない状態なので、(自分や商品を)セールスする前から結果は出ている感じです。

 

逆に言うと、信頼関係が強固で相手の理解ができれば、商品が売れたり、セールスしなくても相手側から言われたりもします。(告白、商品購入)

例:副業で稼いで本質を抑えてみる

 

僕の話にはなり恐縮なのですが、サラリーマン時代、副業の勉強をしていました(結果、会社をやめて、今それで生きてます)

参考記事:

1、転売で月5万円を稼ぐ方法、商品公開【パクっても大丈夫です】
2、副業、ライターで月5万円は簡単です【初心者の友人が稼いだ話全公開】

 

転売やったりブログやったりアフィリエイトやったりといろいろやってくる中で、本質を抽出して、

  • お客さんが集まる仕組み
  • お客さんに価値提供できる仕組み
  • お客さんと信頼関係をつくる仕組み

 

など本質を抑えつつ仕組み化を考えた結果、仕組みがうまく起動して月7ケタ万円の利益がほぼ自動で出ています。

ただ目の前の作業をこなすだけだと、頭を使わなくなるのでダメですが、「なぜ」と「どうすれば」を常に挟んでいくのがイイですね。

 

  • なぜ訪問営業が効率悪いのか?
  • どうすれば効率よく価値提供ができるのか?

 

サラリーマン時代、あまりにも効率の悪すぎる訪問営業をしていたので、それが功を奏した気がしないでもないですね苦笑

参考記事:効率の悪い営業不要説。飛び込み営業はもはや迷惑行為【解決策提示】

 

これをしてきたからこそ、インターネットの力を使って効率よく届けるマーケティングを学べたと思います。

 

副業は1つの例ですが、スキルは資産になるしお金も稼げるし社畜から脱出できるし、本質を抑えれるようにもなるので、控えめに言って最高です。

ぜひやってみてください。

 

ということで、最後に「サラリーマンを辞めて自由に生きる」ためにしてきたことをすべてまとめました。何をして生計を立てて行くべきなのかなど、無料で公開してます。現在は10000人近くが購読してくれているのでよかったらチェックしてみてくださいね。

 

⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。