仕事の苦痛に耐えても無駄です、対処法を提示【自分が変われば早い】

こんにちは、よっしです。

サラリーマン時代、仕事がきつすぎてハゲました。

今でも胸が痛いですが、同期とも悲しい別れをすることになりました。

こちらのツイートをご覧ください。

✅苦痛の先は成功の光?

苦痛に耐えた先には光が差しこむ感じがするけど、実際そんなことない

成功=苦痛に耐える、ではなく
成功=成功するまで諦めない

正しい方向で努力をすべしだし、それを確かめるために振り返る

さらに言うと、努力=苦痛に耐える、だと継続しない。じゃなくて没頭がいい

結論、苦痛に耐えたからといって報われるわけではないですよね。

それをわかってるけど努力したり耐えればうまくいくとどうしても思ってしまう。

しっかり結果を出す方法も書いていきますね。

仕事の苦痛に耐えても無駄です

耐えることってわりと美学になってますよね。

つらい仕事でも石の上にも三年、とか一度やると決めたことは最後までやる、とか。

でも時に耐えることは必要であったとしても、これは物事の本質ではないはず。

仕事が苦痛でしかない

そもそもですが、耐えるって我慢している状態ですよね。

そして思うに、仕事で耐えまくっているならそれはずっと続く消耗戦ですよ。

  • 大企業でも40代から早期退職者
  • 終身雇用はオワコン
  • 定年が65歳70歳と伸びる

こんな状態に不安を感じながら仕事をしてましたし、なにしろ日々の業務がきつすぎました。

耐えたからといって、会社や時代が変わるわけでもないですよね。

仕事の苦痛に耐えることにエネルギーを使うんじゃなくて、何か頑張れることにエネルギーを使うべき。

そっちの人生のほうがシンプルに楽しそうです。

 

✅金融機関で消耗しまくった話

ちなみに僕のサラリーマン時代は、以下の感じです。

耐えることもままならないほどでした。

  • 毎日4時半起き
  • 満員電車
  • 6時半出社
  • 200件ピンポン営業
  • 100件電話営業
  • 強制的に飲み会
  • ボーナス削減

大手なら安泰だからと思って、仕事のしんどさを耐えてましたが好転することなく、すぐに社畜になりました。

ビックリするくらい重い200枚の資料をもって歩き回ったり、電話を置いたらキレられる電話営業だったり、ゴリゴリな感じでしたね…。

ストレスかすぐに髪がはげてきて、円形脱毛症みたいになりました。

 

僕の支店唯一の同期も耐えてたみたいですが、1年で悲しい別れをすることになってしまいました。

仕事が苦痛なのはなぜ

一概にはいえないですが、やりたくないことをやってる、ケースが多いはず。

例えば、

  • よくわからないサービスを紹介したり
  • よくわからない金融商品を売ったり
  • 仕事の前の満員電車とか
  • 行きたくない飲み会で消耗とか
  • 将来が不安な状態なのに会社に依存してる
  • 人間関係が大変だったり
  • 休日出勤とか毎日の生活がマンネリしたり

などなど。

僕は普通に毎朝4時半に起きるのが辛すぎでした。

 

仕事以外にも飲み会とか満員電車とか、その他のおまけみたいなのもわりとシンドイですよね。

 

しかも自分では疲れてない、と思ってても精神的にかなりのストレスを感じてたり、気づかぬ間に蓄積されてることってかなり多いですよ。

僕も仕事がつらいけど、耐えることに慣れてたので大丈夫と思ってましたが、その結果禿げましたので。

仕事辞めたいならまず有休を使おう

できればサクッと辞めたほうがいいのですが、そんな簡単な話じゃないですよね。

心の準備も、生きていく準備も必要なはず。

リフレッシュはできる限りしたほうがいいですが、なかなか難しいかもなので有休を使うべき。

ちなみに僕も会社を辞める前に有休を使いましたし、会社をうまくつかうことは全く悪いことではないですよ。

 

自分が休むとほかの社員に迷惑がかかるから、という人がいますが、これを言ってしまうといつまでも自分が犠牲になります。

しかもいつ休んでも辞めても誰かしらには迷惑がかかるし、とはいえあなたが会社を辞めたからといって会社はつぶれませんよね。だから大丈夫。

なので、できれば、繁忙期じゃないタイミングであればオッケイですね。

 

✅それでも会社を辞めたいなら貯金しよう

とはいえ辛すぎると会社を辞めたいですよね。

なので早急に準備しましょう。

具体的には、

  • 貯金する
  • 副業する、スキルなど
  • 転職先を見つける

を今日から始めるべきです。

前述のとおり、まだ大丈夫と思ってても実は体がダメージを受けてることは少なくないので、大丈夫な状態から準備しておくべき。

会社が辛いなら自分が変わればいい話

自由に飛び跳ねる男性

早い話が自分が変わったほうがコスパがいい気がします。

自分が変わったほうが早い

例えば、

  • つらいのは会社のせいだ
  • シンドイのは今の時代のせいだ

僕はずっとこう言ってましたが、確かにそうだったとしてもいつ時代が自分の理想な状態になるかわからない。

 

そして会社や時代のせいにすると、基本的に自分で解決はムリげーなので、会社のせいにして終わりですよ。

なので、自分を変えればオッケイという感じです。

謙虚に生きれる

自分をどう改善すればいいか、を感がる癖をつけます。

例えば、

  • どうしたら自分の生きたい人生を生きれるか
  • どうすれば会社におんぶにだっこの状態から抜け出せるか
  • 副業を始めつつスキルを身に着けるにはどうすればいいか

改善の対象を自分に向けるイメージですね。

 

これをすることで謙虚になれます、自責の念ですね。

会社のせいにする他責だと、自分が謙虚になれないし改善もされないので耐えるだけの人生が待ってる感じです。

少しずつ理想の人生へ

貯金をしたり、スキルを身に着けたりと少し時間はかかるかもですが、長い人生のうち数か月や1年くらいは短いですよ。

少しずつ毎日積み重ねていけばいいはず。

 

そして耐えるのがしんどかったら、有給使いましょう。

こんなこと言うと怒られるかもですが、限界なら仮病でオッケイです。

 

会社も大事ですが自分も大事。

辞めて生活費がないなら、頭下げて実家に住まわせてもらえばいいし、バイトして食いつなぎながらネットで稼げばいいと思います。

僕も実際それをしました。

 

ネットで生計を立てるつもりが月2,000円しか稼げず、自信もプライドも吹き飛びました💦

そこから自分を修正して何とか生きれるようになったし、知識や経験はすべて資産になるのでコスパよしですよ。

 

会社にいたときは、耐えてただけなので応用の利かない知識だし経験もぶっちゃけ微妙でしたね。

まあこうして記事にできるのですべて無意味だったわけではないかもですが。

エネルギーは自分のやりたいことに

ということで今回は以上なのですが、まずは耐えつつ態勢を整えましょう。

ある種会社に守られていると捉えれるので、使えるものを使って貯金しつつスキルを貯めていくのが長期的にいいはず。

 

とはいえ、耐えてつらい状態でそこから長期的にとかはハードモードだと思うので、小さな成功体験を増やすべきですよ。

まず第一段階としてこういったのもおすすめなのでやってみてくださいね。

ではありがとうございました。

無理せずだらけてオッケイ、これくらいの気持ちでいってみてください。

完璧主義だと消耗しますので!