ガリガリが筋トレして変化したこと【写真】食事とメニューも公開

こんにちは、よっしです。

ガリガリ過ぎて「シャー芯、ごぼう、手羽先」というあだ名をいただいてましたが、筋トレと食事で20キロ増やしました。

182センチ57キロから78キロ(1年前は15キロ増でしたが20キロまで増えました)

 

さて、以前こういったツイートをしました。

✅ガリガリが筋トレで変わったこと

・体重57→78キロ(身長182)
・周りが驚く
・ガリガリといじられなくなる
・食事の知識が身につく
・代謝が上がり食べても太りづらくなる
・姿勢がよくなる猫背治る
・ハツラツとする
・へこたれなくなる
・収入がリアルに50倍に
・筋トレしすぎると風邪をひく

ガリガリでも大丈夫です。食べても食べても太らないもやしの僕でもできました、筋トレと食事を変えましょう、すべて実体験ステマなしで説明しますね。

筋トレは副産物おおすぎです。最高ですね

ガリガリが筋トレして変化したことまとめ

ステマなしで画像付きで変化を公開していきますね。

体重57→78キロ(身長182)

シンプルに体重が増えました、これが最高にうれしかった。画像の後、数か月で20キロ増えました。

 

ガリガリでひ弱なカラダがコンプレックスだった僕は、このコンプレックスを克服できて少し、いやかなり自信が付きました。

 

しかし、食事も変えて筋トレも変えてひたすらに努力しました、何しろ食べるのがつらすぎた。僕は焼肉屋でもとんかつ屋でも必ずお替りするし、誰よりも食べるんですが、まったく体重が増えず、こんなにつらいのかと思うくらいでした。

しかし継続しつつ、勉強しつつで何とか2年ちょいで少しずつ増やしていきました。

 

食事内容等はコチラに詳しく記載しました。

☑ ガリガリの僕が筋トレと食事で自信をつけた方法【182㎝59キロ⇒75キロ】

周りが驚く

ガリガリと認識されていた僕は久しぶりに会う友人や起業仲間、知り合いの経営者に会うと必ず驚いてもらえました。

そりゃ20キロも増えたらそうですよね。

 

がっちりしたね、筋トレ頑張ってるねなどガリガリだった僕にはうれしい言葉ばかりでした。

ガリガリといじられなくなる

いじられすぎて多少のコトではどうじなかったのですが、昔そんないじられ方してたなぁ、と忘れるほど一切いじられなくなります。

筋トレしている知り合いも少ないので、僕が最もごついくらいになってました。

食事の知識が身につく

これは生きる上で筋トレがもたらした最高の副産物でした。

最初はまったくわからなかった食事や栄養についてですが、すこしずつ知識がついて、明らかに体に良くないものを抑え、そこから体に必要なビタミンやミネラルを食事から摂れるようになりました。

 

体はずっと使い続けますし、口にするもので形成されているわけですが、その割に食べ物については知らないことが多いですよね。

 

筋トレすることで食事の大切さをひしひしと感じましたし、筋トレをいくら頑張っても食事がお粗末だったら、体は変わらないですね。

筋トレは食事ありきです。

代謝が上がり食べても太りづらくなる

筋トレをすると、筋肉量が増えますよね。

とくに、足、胸、背中、この3つはビッグ3と呼ばれるほど大きな筋肉があり、鍛えれば代謝が上がります。つまり痩せやすい体になる。

しかし人間は老いるので、年々基礎代謝は下がります。太りやすくなる。

 

なので筋トレすることで代謝が上がれば、エネルギーを消費しやすい体になるので、根本的に太りづらい、痩せやすい体になります。

筋肉量を増やさず、ただ食べる量を減らすダイエットは、食べる量を戻せばすぐリバウンドなんて良くある話です。

根本的に体を変えるのが大事。

姿勢がよくなる猫背治る

身長が高い人あるあるですが、猫背ですよね。僕もそうでした。

胸筋と背筋を鍛えると、背筋が伸びます。胸を張れるし、筋トレするときも胸を張って姿勢を正してやる種目がほとんどなので、猫背も治ります。

 

ここまで書いてきて思いましたが、メリットだらけですね。

ハツラツとする

これは気持ちの面で個人差はあるかもですが、

筋トレする→おなかが減る→しっかり食べる→疲れてるので夜眠れる→よく眠れて目覚めがイイ→気持ちがスッキリハツラツ

という流れです。

 

スッキリと目覚ましをしなくても起きれるようになるので、夜型の生活ならそれもなおせて健康体になりますよ。

へこたれなくなる

体力的なものとメンタル的なものですが、僕の場合はメンタルですね。

重りを担いで限界までスクワットしたりダンベル持ったりしてると、日常生活ではへこたれなくなってきます。

精神力が強化されますね。

あと1歩にも強くなるし、あとひと踏ん張りもできるようになるので、メンタル強化にはおすすめです。日常生活ではそうそう、へこたれません。

収入がリアルに50倍に

へこたれなくなった結果、ともいえるのですが、サラリーマン時代の月収20万円(実際は18くらい)の50倍、月収1,000万円をこえることができました。

脱サラしてから筋トレと仕事をわりと頑張ってきたので、へこたれず毎日継続して積み重ねた結果、こういった成果に結びついたのかなと思います。

筋トレしすぎると風邪をひく

コレはデメリットかもですが、筋トレにはまりすぎて週6でやると風邪をひきました。

調べてみるとカラダが疲れすぎて免疫力が低下する、みたいなことが考えられるようだったので、やりすぎ注意ですね。

後は、Tシャツが入らなくなるみたいなデメリットを書いてる記事がありますが、1つサイズを上げて買えばいいので問題なし。メリットが強すぎます。

ガリガリにおすすめの筋トレメニュー

前述の通り大きい筋肉を鍛えます。それにフォーカス。

 

  • スクワット
  • ベンチプレス(ダンベルベンチプレス)
  • デッドリフト、懸垂

 

腕や腹筋をやっても体重を増やすという点では効率が悪いです、理由は筋肉が小さいから。なので上記のデカい筋肉を鍛えましょう。

スクワット

まずは自重(重りなしの自分の体重)でやりましょう。十分シンドイハズ。

やり方は、

  • 肩幅と同じ足幅でつま先を少し開く
  • 胸を張る
  • 膝もつま先と同じ方向を向くようにお尻を落とし
  • 息を吸いながら太ももが地面と平行まで下げ
  • 息を吐きながらスッと上まで上がる
  • 足の裏全体で地面を押すイメージ

15回3セットでいきましょう。

ベンチプレス

胸はベンチプレスがオススメなのですが、ガリガリだとベンチプレスができないこともあるので(僕は最初できなかった)腕立て伏せでオッケイです。

膝をつきつつやってみて、慣れたら膝を離してやります。

1週間、2日に1回20回3セットでいきましょう。

1か月やったらジムに行ってベンチプレスをやるのがイイ感じですね。いきなりやるとケガする可能性が大なので注意。

デッドリフト、懸垂

デッドリフトは背中と、もも裏(ハムストリングス)を鍛えるのにもってこいなのですが、やり方が難しいので、懸垂をおすすめします。

 

懸垂も最初はシンドイと思うので、公園の鉄棒などで捕まりながら足をつけて上がる方法もおすすめです。下記画像

これができれば、ジャンプして上に上がり、耐えながら降りる、を繰り返しましょう。

ジャンプして上まであがり、耐えながら降りる、コレを繰り返すと少しずつ背中の筋肉が強化されますよ。めちゃくちゃおすすめの背中の筋トレ方法です。

食事が最重要

まずは爆裂に食べましょう。

じゃないと筋トレしても無駄です。とにかく食事を最優先、コレが絶対です。

とはいえ、僕は食えなかったので、飲みました。

 

3食とりつつ、3食プラスします。

 

  • 朝ごはん
  • オートミールプロテインバナナホウレンソウのジュース
  • 昼ごはん
  • 16時くらいにオートミールプロテインバナナホウレンソウのジュース
  • 夜ご飯
  • プロテイン

 

見た目は悪いですが、混ぜるときれいな緑と紫になります。味も最高においしいミックスジュースな感じ。

 

オートミールのドリンクについてはこちらの動画で解説しています。

 

僕が飲んでるマイプロテインは安くて品質も悪くないので、継続できるのでオススメです。割引コードもあるのでよければ使ってください→ マイプロテインを見てみる

筋トレして人生を変えよう

ということで今回は以上ですが、食事を大事にしつつ大きな筋肉を鍛えましょう。

そうすれば体だけでなく人生も変わります。

ガリガリは太るのはかなり大変だしシンドイのも事実です、でも長期的にやっていけば、これほど素晴らしいことはないですね。体が変わることは最高にうれしいし自分に自信が持てるようになりますよ。

それが今回の様々な変化につながったことは間違いないし、これからも継続して人生をより良いものにしていこうと思います、ぜひ一緒に頑張りましょう。

 

では筋トレ行ってきます。

さて、筋トレへ向かいます。

ガリガリは甘えですよ、当時の僕は太らない筋トレしても体が変わらない、体重増えない、なんて弱音を吐いてましたが、知識不足すぎ

すこしずつ行動して修正してを繰り返せば結果は出ます。最低3か月続けて、半年、1年、ルーティンにしましょう。

運動は大事すぎます

 



とはいえ、好きなことでもうまくいかなくて体が動かないことってありますよね。なので僕は毎日やることを宣言して、逃げれないようにしてます。Twitterにて宣言してますので、一緒にやっていきましょう。

☑ → よっしのTwitter

 

最後に、僕は社畜でしたが、地道な積み重ねは裏切らないと、実体験から学びました。まだまだなのでこれからも精進します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。