宣言効果とは?学習心理学?

どうも、よっしです。

今回は、『 宣言してから行動する 』についてです。

動画を用いてご説明いたしますので、
早速ですがこちらからご覧ください。
 

 

【宣言効果】ですが、一度宣言してしまったのでもう後には引けない、
成功するしかない、と自分を鼓舞することで
成功する確率が上がる、というものです。
 
サッカーの日本代表の本田選手が得点を決める、と言った時も
しっかりのその後の試合で得点を決めた時はまさに宣言効果でした。
 

・宣言することによって成功率を上げる
・公言しているので、気持ちが変わる
・一貫性を保とうとする
・目標、現状のギャップを埋めようとする
・目標達成にフォーカスができる

 

という様々な効果が期待できますし、自分自身をしっかりと
マネジメントして行動させることが可能になります。

宣言が恥ずかしければ、身近な人にするだけでも
全く違いますのでやってみてください。
 

コツコツ確実に行動し続ければ確実に成功できます、
途中で諦めるのは行動することに納得ができていないからだといえます。

行動する、と宣言して周りにも助けてもらいながら
しっかりやっていき、成功した暁には周りに感謝しましょう。
 
 
そのためにはまずネットビジネスに限らず
集中して取り組む環境づくりが非常に重要になります。

飲み会、誘い、娯楽、などなど私たちが集中するのを
邪魔するものをできる限り排除していきましょう。

取り組む環境を整えるわけですね。

 
私はテレビがないですし、携帯電話も常にカバンの中に入れて
マナーモードにしているので、仕事の時、非常に集中できています。

 
そういった環境づくりとフォーカスの重要性については
コチラの記事を合わせてご覧いただければと思います。
 

⇒ 最強のフォーカス環境を作る方法

 

  
ではありがとうございました。
動画では詳しくご説明していますのでご覧くださいね。

感想や質問はぜひぜひお気軽に送ってください、
しっかり拝読し返信させていただきます。

 
ガンガン行動していきましょう。
では、また次の記事でお会いしましょう。
 

【復習はこちら】
確証バイアスとは?具体例
認知的不協和とは?具体例と恋愛の心理学
権威性の心理効果、行動とは?
両面提示、片面提示の法則と説得の心理学
ヴェブレン効果と消費の非合理性
保有効果の例と行動経済学、損失回避について
自己奉仕バイアス
 

【次の講義はこちらから】 
ウィンザー効果とは?恋愛の心理効果
 


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ