給料が安い仕事は辞めるべき理由【辞めたら会社に好影響?】

安月給で働くサラリーマン「毎朝早くから働いてるのに給料が低い…1年たっても給料あがらないし、貯金もないしただただ時間が過ぎていく、身動きが取れない、一体どうすれば…?」

 

こういった疑問にお答えします。

✔、本記事の内容はコチラ

  • 給料が安い仕事は辞めるべき理由【あなたのせいではない】
  • 給料が安い、つまらないなら、サクッと辞めよう
  • 会社を辞めたら、サクッと自分で稼ごう【具体案提示】

 

この記事を書いている僕は、毎日4時半に起きて、
低賃金のサラリーマンをしていました。

 

現在は一般的に給料が高めのインターネット関連で生計を立てながら、自由に生きて、そういった、脱サラしたり自由に生きる仲間を増やす活動をしております。

稼ぎながら自分の人生をコーディネートできる仲間、ですね。

このあたりを踏まえてご説明させていただければと思います。

給料が安い仕事は辞めるべき理由

 

日本は資本主義社会なので給料が安いと、他人と比べてしまったり、贅沢がまったくできなかったりと、心が締めつけられる思いをします。

 

ちなみに、給料が安い、低いことを「それはあなたの実力が低いからだ」という意見がありますが、実際は業界の影響を受けているパターンが多いです。

上の図でもそうですが、選ぶ業界とか職種によって、
給料は大きく左右されます。

なので限界のある職業で頑張っても、すぐアタマ打ちになります。

 

参考記事:
サラリーマンの生涯年収と手取りの平均が…生涯賃金もチェック【悲報】

人は、確実に周りに影響されます

ちなみに、僕は金融機関を選んだのですが、イマイチな感じでした。
とうぜんそう感じている人は周りに多く、愚痴ばかり。

 

サラリーマン時代は、4時半起き、毎日200件訪問セールス、電話セールス、愚痴の飲み会強制参加、勇気を出してやめるといえば、机を蹴り上げられる、という感じで、控えめに言って二度と戻りたくないですね。

年収は280万くらいでした。

参考記事:サラリーマンの平均年収と給料。年齢、職種、年収別手取りを計算すると…

 

給料安い、愚痴多い、満員電車きつい、やる気がわかない

 

こういう人が多いですが、やる気がある人の周りってそういう人が多いです。

給料高い、ポジティブな発言多い、やる気で満ちている、プライベートも充実

 

すべてがそういうわけではないですが、傾向としては間違ってないはずです。

ちなみに大学生のときは、とんかつ屋でバイトをしていましたが、普通にめちゃくちゃ楽しかったですね。バカみたいにひたすらとんかつをきっていました。

給料が安い、つまらないなら、サクッと辞めよう

 

会社で給料が低いと感じている場合は、【誰にでもできる仕事】をしている可能性が高いです。

アルバイト等もそうで、同じ仕事を同じようにやってほしいので、基本的に誰にでもできる仕事をします。なので時給は固定ですね。

 

ぼくもサラリーマンの給料がひくいなーと感じてましたが、辞めたところで引継ぎされて何事もなかったかのように会社は動きますからね。

具体例はブラック企業の社畜

僕のような社畜は会社からできる限りつかわれていくので、
しんどいと思ったり、給料が低いな、と感じるのであれば辞めた方がイイです。

シンプルに辞める。

 

やめたら逃げだ、といわれるから辞めれない無理してでも働かないと、とみんなが無理することで、会社はシメシメとおもってその無理をする状態が当然になっていきます。

いつ辞めたって誰か氏らに迷惑はかかるし、あなたが辞めたところで会社は普通に存続していきます。

 

なので無理して苦しみながら労働する人を減らすためにも、自分がもう少し高給で生きやすくなるためにもやめましょう。

仕事を急に辞める前に

会社でやるべきことをやったらやめましょう。

 

その前に、貯金をある程度作っておいてください。

あと、月々のコストをできる限り下げましょう。

 

  • 都会暮らし⇒田舎暮らし
  • 車⇒自転車や公共交通機関
  • 月8000円のスマホ⇒月2000円の格安スマホ
  • 1人暮らし⇒実家暮らし、シェアハウス
  • 無駄な飲み会⇒いかない

 

これだけでもかなり出費が抑えられますね。

 

都会で謎に車を所有しながらコストを爆上げしている人がいますが、絶対にやめましょう、後に収入が上がってから買えばいいですから。

当時僕もバイク車など、秒速で売り払いました。

 

固定費がかさむと無理してでも働かないといけない状態が続き、仕事が辞めれなくなります、そうなれば時間の問題で精神もつかれきってどんどん引きづりこまれて抜け出せなくなります。

 

無駄な浪費を減らして貯金して、月々のコストを減らせばすこし時間を確保できるし、ゆっくり考える時間を作れます。

そこで実際に稼いでみるのがいいですね、ではここからは僕が脱サラして生計を立てているインターネットの可能性についてふれていきます。

会社を辞めたら、サクッと自分で稼ごう

 

サラリーマン時代の友人たちの時計です。僕は一番左の飲み物を。

ちなみに、現在はインターネットで生計をたてていますが、僕も最初はパソコンを買うところから始まりました。(22歳当時でパソコン経験ほぼなし)

そんな状態から学んで、生計を立てれるようになりました。

インターネットで稼いでみるべし

インターネットで稼ぐのは有名になりつつも、やはりアウトローですよね。

みんなそんなことやったことないし、知らないモノを排他するのは人間の特徴なので普通の反応とも言えます。

 

なので、まずは確実に稼いでみて体感するのがイイです。

百聞は一見にしかず、ですが
実際やってみるのはもっとイメージが鮮明になります。

 

多くの批判的な人は稼いだことがない、やったことさえない人ばかりです。

僕の周りにはインターネットで、大手企業の役員クラスの年収を1ヶ月、ほぼ自動で稼ぐ人もいますが、そういう人たちはそんなこと言わないし、謙虚に学んで行動してる人ばかりですね。

完全初心者の友人も年収50万円アップ

ちなみに僕の友人もやりました。

彼はメーカーで働くサラリーマンでしたが給料が同年代に比べて、
かなり低いことに引け目を感じていました。

 

具体的にやったことは、
インターネットでライティング(記事作成)で年収を50万円上げたのですが、
パソコンもろくに触ったことのないレベルなので初心者でも大丈夫です。

 

なので、毎日の通勤時間によくわかんないスマホゲームをするんじゃなく、
自分の好きな車の記事を書いて月4万円以上稼いだ、という感じ。

 

通勤時間ずーっと寝たり、ずーっとスマホ触ってませんか?

待ち時間もずーっと何となくスマホいじってませんか?

 

そういった隙間時間や通勤時間だけでも年収50万円あげれたら、かなり心に余裕が生まれますよ。彼は奥さんにブランドバッグを買ってあげたり、家族でグアムに行くといってました。

やさしいですね。

 

IT、インターネット上には仕事がごまんとあります。


例1:副業、ライターで月5万円は簡単です【初心者の友人が稼いだ話全公開】

例2:転売ビジネスとは。初心者が稼ぐための具体的なステップ完全解剖

転職アフィリエイターに注意

これは余談なのですが、給料が低いから転職しましょう。

というブログがたくさんあります。

 

転職もいいのですが、根本的な解決としては自分で稼げる能力を養うこと。

だと僕は思うんですね。

 

結局会社を変えても、そこでまた新たな問題にでくわすし、
月3万円、自分で稼げる能力があるだけで心のゆとりは大きく変わります。

 

僕自身コンサルタントとして月10万円達成された方は数えきれませんし(100人以上)月200万円以上を稼いだ方もいますので、3万円であれば非常にハードルは低いです。

 

ゆとりは会社から与えてもらうものではなく、自分で作れます。

いつでもそうできる状態を自分で作っておくことが、もっとも安全かつ信頼できるのでおすすめですね。徐々にやっていけば大丈夫です。

 

具体案もあげますね。

完璧主義は上手くいきません

ということで話を戻します。

手を動かさず頭で考えすぎると体が動かなくなります。
考えるより行動すべき理由ですが、完璧主義はうまくいかないからです。

 

例えば、仕事を辞めたらそれは甘えだ、逃げだ!なんて言う人はどこにもいますよね、その心理は、辞める人が他の会社で何か成功を収めることを止めたい、というものがあります。

だからこの会社に居続けておけばいい、という気持ちで
そういう言葉が出るわけですね。

 

こういうのをいちいち気にしてたり、いらぬ心配をしていたら確実に行動できないで終わります。

なのでまずは考えるより、行動する。

センスはこれから磨く

こういうのってセンスがないと成功しない、みたいに思っている人がいますが、最初って誰でもセンスないですからね。

というかあるならすでに成功してます。

 

1ヶ月勉強してみれば、普通に知識はつきますし、開始30日で稼ぐ人も普通にごろごろといますので。

最初はわからない事がおおいし、心配なこともありますが、どんどん慣れていきます、手に入る自由にワクワクしながらやってみるのがいいですね。

鉄は熱いうちに打て

ということで、熱冷めやらぬうちに今行動してみてください。

 

明日でいっか、明日やろう⇒この明日は永遠に来ないです。

まずはライティングや転売で稼いでみてください。

 

僕もサラリーマン時代、やろうやろうと思っていましたが、気が付けば1年たってました。マジでびっくりするくらい時の流れは早いですね。

今日できないことは明日もできない可能性が高いです。

インターネットは個人でも稼げます。

 

煽りっぽくなってしまいましたが、給料の安いサラリーマンを辞めてから7年自由に生きている僕がその証明です。きつすぎるサラリーマンで消耗戦を生き抜くのはしんどいですよ。

 

以下からチェックしてみてくださいね。すべてまとめてあります。

 

例1:副業、ライターで月5万円は簡単です【初心者の友人が稼いだ話全公開】

例2:転売ビジネスとは。初心者が稼ぐための具体的なステップ完全解剖

 

また、転売のより詳しい内容や、その他のおすすめの副業などを無料で公開しています。現在は10000人近くが購読してくれているのでよかったらチェックしてみてください。


⇒ 10000名近くが受け取った無料講義で稼いでみる(※期間限定)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。