サラリーマン人生がつまらないので辞めた【メリットとデメリット公開】

毎日消耗するサラリーマン「飲み会に満員電車、ノルマに接待、ボーナスカットとサラリーマン人生はなかなかハードです。ずっとこれが続くのはシンドイしつまらないような気が…どうすれば…」

こういった疑問を解決します。

☑本記事の内容はこちら

  • サラリーマン人生がつまらないので辞めた
  • サラリーマンをして後悔したこと
  • つまらないサラリーマン人生からの脱出法

こんにちは、よっしです。

金融機関にてサラリーマン人生を送っていましたが、合わなさすぎて辞めました。

 

日本ではサラリーマンになる人は多く、充実した日々を送ってる人もいますが、実際は毎日しんどく、愚痴を吐きながら、やりきれない気持ちを常に持っている人が圧倒的に多いですね。

 

なので現在サラリーマンの人、サラリーマンになる可能性の高い人に届いてほしいです。

僕もサラリーマンをして、今は辞めて起業していますが、どちらのメリットデメリットも経験しているのでそういう背景の僕がお伝えさせていただきますね。

サラリーマン人生がつまらないので辞めた

 

つまらない、というと上から目線ですが、普通にきつくて辞めました。

デメリットが多いと僕は感じたので先にデメリットから。

サラリーマン人生はなぜつまらないのか?

 

多くのサラリーマンが感じるデメリットやストレス、について。

人間関係が面倒くさい

週5日、ほぼ毎日同じメンバーに会い続けるので何かしらの問題は発生します。

マジか…、というような理不尽な人も本当に存在するので、ここはたぶん避けて通れないですね。

それは我慢して上手くやっていかないといちいち反応してたら、心が持ちません。

参考記事:仕事で人間関係が面倒なら距離を置いて自分のステージを上げるべき

 

満員電車はマジでみんな得しない

これどうにかならないのか?と思いますがどうにもならないのが、通勤の満員電車ですね。

 

パンパンにつまった電車が駅について、そこからまた大量のサラリーマンが突っ込まれていきます。最初見た時は普通に無理でした、乗れなかったです。

疲れ切ったサラリーマンが詰め込まれている満員電車はかなり印象に残ってますね。

しかも毎日です。

しんどいとか疲れてるとき眠いとか暑いとき、問答無用です。

サラリーマンの会話がつまらない

とくに飲み会ですが、究極につまらなかったです。

ちょっと楽しい時もありますが、とはいえ永遠に愚痴とか課長の悪口ばかりなので、ぶっちゃけ生産性も皆無でした。

しかも僕の場合は、社員寮だったので平日も休日もずっと同期や先輩といたので同じ会話の繰り返しでした。

  • 成績とか
  • ノルマとか
  • 誰が異動するとか

思考が固まるというか、井の中の蛙みたいになりましたね。

むちゃくちゃ言ってますが、事実なので書かせていただきました、すみません💦

時間、場所、お金の自由は会社にお預け

  • 時間
  • 場所
  • お金

 

基本的にこの3つの自由は会社にお預けです。

でもそれ以上に、この3つによって得られる「精神的な自由」も手に入れづらくなります。

 

☑働く時間は週5朝から晩まで固定です

時間は朝から晩まで会社にささげます。

毎日8時間で終わることもなければ、残業も合わせれば10時間、12時間をこえたりが普通ですね。

 

朝起きた時点で会社に行かないといけないなぁと憂鬱が始まるし、仕事が終わっても上司と飲み会に行かないといけないし、課題や資料作成で帰ってもサラリーマンから離れることは難しいです。

土日営業もあったり、接待があったり、勤務時間以外でもふつうにサラリーマンしてました。

 

ちなみに僕は毎朝4時半に起きて日経新聞を読み(読めてないけど)6時半に出社して200件訪問営業、電話営業して飲み会、23時帰宅、でした。

僕にとっては、控えめに言って地獄でした。

 

☑働く場所は会社に決められます

これも全国転勤の会社であればどこに飛ばされても文句は言えません。

結婚とかマイホームとか、そういった話がない限り、関東と言われれば関東、中国地方と言われれば中国地方です。

 

☑給料は会社に決められます

当然給料は自分では決めれないです。

大台の年収1000万円、といいますが、達成できるサラリーマンは100人中3人ほどですね。

普通にいってもまず不可能、且つ、達成できても50代のおじさんクラスで成績がいい人達だけです。

 

余談ですが、年収1000万円以上のサラリーマンで若い人と結婚したい、という女性がいますが、いかに母数がすくなくて熾烈な争いか…

参考記事:サラリーマンの平均年収と給料。年齢、職種、年収別手取りを計算すると…

 

ではこの流れで、お金について詳しく見ていきます。

時間を売ってしまうとダメな話

これは悲しい現実なのですが、お金のために時間を売り続けると人生が終わります。

 

タイムイズマネーなんていって時は金なり、だと言われますが、時間は人生なので、タイムイズマネーではなく、タイムイズライフ、ですね。

 

人生は有限な時間なので、時間には限界があるし、1日24時間は有限で自分の体も1つしかないし、時給がどんだけ上がろうと時間に上限があるので。

 

時給800~2000円×8時間~10時間

 

普通に働いてれば年収もアルバイトもまず頭打ちします。

なので、世知辛いですが、時間労働をしている限り金銭的な自由は一生手に入りません。

誰でもできる仕事=価値が低いかも

以前ツイッターでこういったツイートをしました。

 

【誰でもできるコト】には価値は集まりにくい。簡単に言うと収入が伸びない。といっても誰もできない事をやる必要はなくて、誰でもできるコトをしないようにするだけでいい。10人に1人ができることができて、もう1つ10人に1人しかできないことができれば、それだけで100人に1人の存在

 

これも語弊を生むかもしれませんが言ってしまうと、誰でもできる仕事には価値が集まりにくくて、簡単に言うと、変わりが効きます。

辞めても誰かが補充されるだけ、サラリーマンの性ですね。

初任給も基本的に18万円くらいです。ズバリこれが相場。

 

ちなみにバイトや就活での面接もあるにはありますが、基本的に誰でもできるものが多くて、初心者として雇われ、そこから学ぶ工程があります。

 

僕の話をさせていただくと、サラリーマンを辞めるときも、辞めた後は後任の社員が入って終わり、ですね。

変わりが効くっていうのは、誰でもできるコトとも言えて、価値が集まりにくく給料も上がりづらいわけです。

見事にみんな丸くなる

みんなまるくなります。

 

学生時代やる気に満ち溢れてた友人も、新卒でメラメラ燃えてた同期も、苦痛を感じながらサラリーマンを続けると、びっくりするくらい丸くなります。

挑戦心も無くなるし、弱音も多くなります。

 

僕も半年くらいで会社を辞めたいなと思いだしてから、1年たつまでは完全にロボットみたいな人生でした。

 

やめたいな、とすら思わなくなり、感情をなくしたロボットになる

 

これになると一瞬で時が流れるので今思い返しても恐ろしいですね。

気が付けば1年たってます。

なので、辞めたいなと思ったのであれば、素早く準備したほうがいいです。

石の上にも三年、だと長すぎて、いざ3年が経っても辞めようなんて思えません。

サラリーマン人生のメリット

 

考え方や人にもよりますが、サラリーマン人生にはメリットもあります。

 

サラリーマンは社畜だ!とひたすら叩く人が多いですが、そもそも日本はサラリーマンで回ってると言っても過言ではありません。

また、そういう人に限ってサラリーマンを経験してないパターンが多いです。

 

毎月給料がもらえる

これは当然だろ、と思うかもしれませんが、普通すごいことです。

決まった日に安定して毎月2、30万円がもらえるので。

 

安定とは安く定まる、と書く

なんていったりますが、 起業して思ったのは毎月売り上げを安定させることは簡単なことではないということでした。

 

もちろん、そういう風に計画を立てれば可能ですが、サラリーマンのように決まった日に決まった額をもらえるのはメリットと言えます。

人生の計画ももらえる給料内ではありますが、立てやすいです。

 

マイホームやマイカー、子供の数などもそうですね、計画が立てやすいです。

 

給料をもらいながら学べる

これもかなりメリットだと思いました。

というのも新人時代はとくに、何も知らない状態で会社に入り、勉強が始まります。

 

戦力にならない状態にもかかわらず給料がもらえるし、いってしまえば、勉強してるだけでお金がもらえるわけですね。これはすごい。

 

会社で学べる業界のことや普通では勉強できないことなど、専門知識を勉強できるのは貴重な経験だと思います。

 

なので会社側からしたら、お金を払いながらも社員をさせてあげるわけです。1年とかで辞められると、お金を払って勉強させてあげたのにというただの赤字になるわけですね。

ちなみに課長クラスになると、新人が辞めると評価が下がるので、全力で辞めることを止めてくれます。いや、止めてきます。

サラリーマンをして後悔したこと

 

  • 貯金しておけばよかった
  • もっと勉強しておけばよかった

この2つですね。

 

☑貯金しておけばよかった

意味もなく無駄な飲み会に行きまくっていたので、お金がほぼありませんでした。

貯金がないと、自己投資もできなければ知識も経験も貯まりにくいですね。挑戦もしづらい。これは後悔です。

 

☑もっと勉強しておけばよかった

あとは土日もぐうたら過ごしすぎて半年位は何も勉強してなかったです。これも後悔ですね、一切成長せずに時間が流れてました。

 

結局勉強して人生が変わりましたが、どうせやるならもっと早くしていればよかったと思います。

 

サラリーマンの人生は無駄か?

とはいえ、サラリーマン経験自体は後悔してないですね。

実際経験してみて色々感じることができたので貴重な経験でした。

そしてこうやって実体験に基づきながら記事もかけるので、無駄だとは思わないです。

 

でも今からまたやるかといわれれば話は別なので、やるなら大好きな仕事をしつつ自分で稼ぐスキルは磨いていくと思います。

つまらないサラリーマン人生からの脱出法

 

ずばり、サラリーマンにならずとも生きていけます。

 

自慢みたくなるのであれですが、信頼の担保として、僕は毎月7桁収入があり、多い時で700万円をインターネットのみで稼いでます。

自分だけだと嘘っぽいのでクライアントにも稼いでもらっていますので、こちらもご覧ください。

参考記事:コンサル生から頂いた、感謝の声をまとめました

 

さて、以前こういったツイートをしました。

[個人が稼げる時代]になったのは、ネットに資産を無限に構築できるようになったから。インスタの写真もブログの記事も、ユーチューブの動画も全部資産。その数が増えれば勝手に働く資産が積み重なるので、誰でも収入を増やせる、個人も稼げるし、会社の上限のある収入から脱出して青天井になる時代 

 

インターネットのおかげで、ブログ(この記事も)などの資産を誰でも作れるようになりました。

アフィリエイトやライティング、プログラミングや転売など副業レベルから、サラリーマンを辞めて生計を立てたり、自由に生きれるレベルまで稼げます。

 

僕の周りにもそういった人は多いですし、僕自身もインターネットで生計を立てて7年がたちました。

企業より個人の時代

今まででは、企業に雇われる以外働く選択肢はほぼありませんでした。

ですが前述の通り、個人が稼げる時代ですし個人が強い時代です。

以前こういったツイートもしました。

 

タイタニック号より小舟。デカい船に乗った気分で安心してると方向修正がしづらいというかほぼできない。大企業とかまさにそうで、意見が通るのにもすんごい時間がかかるしまず通らないwじゃなくていつでも舵を切れて臨機応変に方向を変えれる小舟を個人が持つべき時代。細かいニーズは個人が満たせる 

 

大手が拾いきれないポイントは、たくさんあります。

趣味趣向が多様化してるので、細かすぎて拾いきれないからですね。

 

AKBを生んだ秋元康さんも、最小公倍数の時代といっていて、誰にでもあてはまるモノを作る時代は終わったと言ってます。

 

  • 時間
  • 場所
  • お金

 

これを会社に預ける必要もなくなるので、僕は田舎でずっと仕事をしてます。田舎だと稼げない、なんて言われますが全くそんなことないですね。

精神衛生上も最高です。

参考記事:田舎暮らしでも稼げる仕事【東京からど田舎に移住して生きる】

具体的な方法も提示します(無料)

具体的な方法がないのでは、信憑性に欠けますので無料で公開しています。

 

例えば、インターネットで稼ぐオススメな方法としては、転売とライティングなどです。

 

理由は、稼ぐまでのスピードが速く、初月から稼げるうえリスクも少ないから。

稼ぐまでに1年かかるモノもありますが、いきなりそれをやると半年無給で99%の人が辞めるのでそれはちょっと、という感じですしね。

参考記事:

1、転売で月5万円を稼ぐ方法、商品公開【パクっても大丈夫です】
2、副業、ライターで月5万円は簡単です【初心者の友人が稼いだ話全公開】

支出を減らせば普通に生きていけます

もちろん収入が1万円ならきついですけど、サラリーマンしてちゃんと貯金して、自己投資しながら副業して稼げるようになれば、生きていけます。

 

都会で支出が増えるなら田舎に引っ越しましょう。

家賃はもったいないですね、まずは稼げるようになる必要があるので、ちょっと我慢して数年後少しレベルを上げたらいいです。

 

  • 田舎で生きて15万円稼ぎ、支出を5万円程度に抑えれば10万残
  • 都会でサラリーマン20万稼いで20万使えば疲れるし貯金できない

 

支出を減らしながら入ってくる分を増やす、そのためのスキルアップの期間を作ります。

 

もし、サラリーマンの人生を送りたくない、のであれば続けながら、副業で稼いでみてください。

他のサイトでは、嫌なら辞めよう、みたいな記事が乱立してますが、リスクは抑えたほうがいいです。

 

インターネットは非常に稼ぎやすいですが、余計な危険性は消すのがポイントですね。

サラリーマン人生しか選べないのは危険

ということで今回は以上なのですが、当然サラリーマンに合う人もいれば、合わない人もいます。

もし自分が合わなかったり、他の人生を歩みたい場合にサラリーマンしか選択肢がないのは危険ですよね、40年続けないといけないので。

繰り返しになりますが生き方は選べる時代ですよ。

スキルを磨きつつ、副収入を得ることから始められるのがいいかなと思います。

ではありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。