美容室コンサル事例、経営難の悩みや儲かる仕組みづくり

美容院
 

こんにちはよっしです。

ご覧いただきありがとうございます。

脱サラしてネット業界にいると集客や広告など
美容院やサロンのコンサルをすることが簡単になります。予約も増える。

美容室の悩み、経営難

美容室の経営難、その中で一番多い理由が
人件費。ここが悩みの種、です。
 

美容室での仕事は覚えるのにも、実際お客さんの髪の毛を触るのにも
非常に時間がかかる。

数年経たないと髪の毛を切れない、なんてこともザラみたい。
でも5年未満に辞めてしまう人は多く、
入社してきた人が誰もいない、ということもよくある話しみたいです。
 

美容スタッフ募集
入社、頑張る、でも多くが辞める、
辞めずに頑張り指名増える、でも辞める、売上が減る

こういったことをループのように繰り返している。

美容室の経営難の理由

・店を増やそうとする。
・広告サイトに頼りすぎて広告費、固定費が高い。
・ただ髪の毛を切るだけ
 

こういったことをしている状態は危険と言えます。
完全に技術労働肉体労働なので、店舗を増やすことは
店員を必然的に増やさないといけないことを意味します。

ですが、先ほどのスタイリストが辞めてしまうことを加味すると
かなりリスクがあることがわかると思います。

 
また他にも店が多すぎて、どこで切ればいいのか
そしてどこの美容室で働こうかな、と悩みが多いこともあります。

美容室経営難から免れる方法

人を大切に、辞めない環境作りを!!

なんてことをかいてるブログがたくさんありますが、
そういったことは正直当たり前です。

そういったことをやっているにもかかわらず、経営難になる美容室は
本当にたくさんあります。

なので、仲間が辞めない環境づくり、こんなのは当たり前に
やって行く事が、至極当然です。

 
その上で、やらねばいけない事、を
考えて行かねばいけません。

ネット上、つまりオンラインの集客
もちろんオフラインの集客にも役立ちます。
 

というのもスタイリストさんはカットやカラ―
トリートメントなど、髪型、パーマ、こういった
髪の事については詳しいのですが。

マーケティングであったりDRMであったり、
そういった知識はまだまだ改善の余地があるからです。

 
ステップメール?なにそれ?」

 
というスタイリストさんが多いというか、
知ってる人が全くいない、というわけです。

機能的価値の講義でもお伝えしていますが、
髪を切るカット、染めるカラー、トリートメント。

このあたりはスタイリストさんなら誰でもできます。

その土台をつくった上で、面白い会話など
感情的価値をたかめていくわけです。 

どんどん2つの価値を高めて行く事で
ブランディングができるわけですが。

 
ブランディングができれば、
よりプレミアムなコースにも
予約が入るというわけですね。

ではちょっと語りましたので、
下記の画像をクリックして音声をお聞きください。
 

美容院をコンサルしてみた【事例1】

 
【レジュメ】
・提供できるものを増やす
・カット
・トリートメント
・楽しい会話
・で、終わっている美容院が多い
・お客さんが来てないなら、バイラル等必要
・どの美容院でもできることだけ=機能的価値
・SNS、サイト、メルマガで情報を提供する
・ステップメールで自動で状況を提供するため
・髪についての情報
・丈夫な髪のはやし方
・洗い方
・乾かし方
・などを提供する
・LTV(生涯顧客価値)
・提供できるものを増やす
・提供場所もネット上に作っていく(資産化
DRM
・価値を感じれないのでプレミアムコースが売れない
・それ本当に必要あるのか?
・知らない、知識がないからそう思う
・あれば買う可能性が高まる
・既存客に信頼を移転してもらう(アフィリエイト
・バイラルマーケティング
マーケティング・ファネル
・提供できるものを増やして口コミを起こしたり
・いかに提供できるか(出遅れてる論
・カット意外にも提供できるもの
 

動画でもお伝えしていますが、ポイントは

・提供できるものを増やす
・提供できる場所を作る

この2点です。

商品が売れるかどうかは、提供できているかどうかが全てです。
提供する前に商品を売るのは独りよがりですし
そもそもお客さんが欲してない可能性があります。

DRMの観点から、というか
マーケティング・ファネルからと言いますか、
どんどんお客さんに提供して
進化してもらう必要があるわけですね。

知識を高めてもらって、進化してもらう、
そして必要性を感じてもらう。

ウォンツを引き出す、わけです。
 

そのまえに利益に目がくらんで、
商品を売ろうとするから

「え?なにこれ、いらないんだけど・・・」
「あ、また考えておきます」

なんて言われれるわけですよ。

 
提供提供提供。

なぜなら信頼を結ぶにも、
お客さんに知識を持ってもらうにも
提供以外ないからです。

最低限の提供であればお客さんも
最低限しかお金は払わない。

じゃあどうやって提供していけばいいの?

ということをネットを使った
観点から今回はお話しさせていただきました。

ちょっと早口ですが、詳細に説明していますので、
ぜひ動画もご覧ください。

ではありがとうございました。
 

マーケティングやコピーライティングなど
ネットを使ったモデルやスキルは美容業界も必ず取り入れていくべきだと言えます。

良かったらいろいろご覧になって見てくださいね。
 

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)月収100万円をリアルに達成するスキル
コピーライティング講座 行動せざるを得ない強制力 

追伸 

下記の私の無料メール講義では、何も知らない社畜だった私が、
月収711万円を稼いだ過程
動画を用いて具体的に説明しています。

え?、と信じられないかもしれませんが、
動画や画像、音声すべてで徹底的にやっておりますので。

当然ながら、月収10~100万円以上を達成された読者は
たくさんいますし、その声も載せております。
ぜひ完全無料でご覧いただければと思います。

では第一回講義でお待ちしてます。
 

⇒月収700万円になれた完全体社畜よっしの脱サラ目録

  

 

One Response to “美容室コンサル事例、経営難の悩みや儲かる仕組みづくり”

  1. しん より:

    よっしさん今晩は!

    いつもメルマガ、ブログ、動画、大変為になりくらいつくように拝見、試聴させて頂いております。

    今回の適切な形で、適切なものを伝える、与えるという表現が非常に自分にガッチリはまってモヤモヤが吹き飛びました。

    恋愛にしろ、ビジネスにしろ、人間関係にしろほんとに本質的な事を理解せず、無駄な努力、無駄な時間、無駄な労力を使ってきてたんだなと35年目にして気付きました(笑)

    毎日よっしさんの動画見てたら勝手によっしさんが自分の師匠になっていました。

    これからもよっしさんに追いつけるように精進していきますのでよっしさんもガンガンいつも以上に熱いメルマガを楽しみにしています!

    お忙しいと思いますので返信は不要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ