40代の平均年収や手取りとランキング。男性、女性の差がすごい!?


 

40代、子供も成人しておらず、お父さんはまだまだガシガシ働き盛り、
役職が上がり、責任を増す、サラリーマンでも私生活でも
休みない毎日が続くことかと思います。

教育費や住宅ローン、車のローンなどの支払いも
多くの方が残っているでしょうし、
趣味にお金を・・・なんてことは現実離れし、
というかそんな時間もろくにない、という人も多いみたいです。

親の介護、将来の貯金、子供の養育費、自分たちのお金、
プレッシャーが結構のしかかってきますよね。
 

同じ40代の人は一体、どれくらいもらってるのか?
平均年収や手取り、気になる事も多々あるかと思います。

ということで、国税庁の情報を元にチェックしていきましょう、
転職や副業、どういったものがいいのかも紹介していきますね!

40代の平均年収

縦軸が平均年収、横軸が年齢です。40代は赤くかこっております。

40代の平均年収は477万円
こちらは男女込の数字ですね。

では続いて男性、女性分けてみていきましょう。

 

40代男性の平均年収

男性40代の平均年収は、598万円

 

40代女性の平均年収

女性40代の平均年収、300万円

 

40代前半の平均年収

40代前半

男性平均年収、563万円
女性平均年収、302万円
 

40代後半の平均年収

40代後半

男性平均年収、633万円
女性平均年収、299万円

 
男性は、40代前半からと比べると約70万円の平均収入増加で、
女性は3万円減少という数字が出ています。

40代に入り、50台に近づくにつれて役職や部長クラスに到達する人も中にはいて、
昇格組が平均年収を上げていることが考えられます。
 

また、女性は家庭に入ったり、パートの方も含まれているので、
バリバリ会社で働く人も減り、こういった数字になっています。
もちろん多い人もいますが、それは少数派なので全体的にみると減少傾向にありますね。
 

40代のすべての平均年収はこちらから(男性女性)

40歳は約449万円
41歳は約454万円
42歳は約460万円
43歳は約466万円
44歳は約473万円
45歳は約480万円
46歳は約487万円
47歳は約494万円
48歳は約496万円
49歳は約498万円

 

40代の平均手取り

では、40代の平均年収に続きまして、
40代の平均の手取りについてみていきましょう。

ちなみに『手取り』というのは、
【給料から税金や保険料などが引かれたあとの、実際手元に残る金額】のことを言います。

額面の給料はまだ引かれていないので
手取りより多いのですが、そこから引かれます。

税金
・所得税
・住民税
社会保険
・健康保険
・介護保険
・厚生年金
・雇用保険

という感じですね、手取りが確定してからも、
ここから家賃や生活費などもガンガン引かれていきます。

悲しいかな、これがルールです・・・
 

ということで、40代の手取りの平均ですが、

40代前半平均手取り

 
40代前半平均手取り、約365万円
(※独身の場合)
 

最低限の引かれるものを考慮して考えていきますね。

・健康保険料、13,860円
・介護保険、2,200円
・厚生年金、25,600円
・雇用保険、800円
・所得税、5,800円
・住民税、10,000円
 

以上の約58,000円が控除される感じなので
平均給与(額面27万円)の手取りは22万円。

賞与、ボーナスも控除があるため
住民税以外が再度引かれ、約12万円の控除。
賞与(額面676,500円)の手取りは556,500円となる。

年収460万に対して手取りは、約8割365万円程となります。

 

40代後半平均手取り

40代後半平均手取り、約390万円
(※独身の場合)

給与(額面290,588)の手取りは227,120円

・健康保険料、14,850円
・介護保険、2,350円
・厚生年金、27,500円
・雇用保険、870円
・所得税、6,420円
・住民税、11,520円

以上の約63,500円が控除されるので
平均給与(額面29万円)の手取りは226,500円。

 
賞与、ボーナスも控除があるため
住民税以外が再度引かれ、約135,000円の控除。
ボーナス726,500円の手取りは591,000円
 

年収494万に対して手取りは、約391万円となり80%きり79%程度まで下がる、収入が増えれば増えるほど控除が増えるのでジリジリ手取りが減ることもあります。
 

40代の平均年収ランキング

では気になる40代の平均年収ランキングを見て行こうと思うのですが、
これはあくまでめやすであり、かなりハードルが高い、
と考えてみてくださいね。

というのも勤続年数であったり、
社員数などを合わせて考えると、上位の会社は
人数が少なかったり、勤続年数が極めて短い数年などの会社も含まれているからです。

これは個人の主観にもよりますが、
長く働ければそこまで給料が高くなくてもいい、と考える人もいれば
短くても数千万円の年収を得てみたい、という人もいます。

 
1位、M&Aキャピタルパートナーズ 2,271万円
2位、GCAサヴィアン 2,247万円
3位、キーエンス 2,023万円
4位、ストライク 1,771万円
5位、日本M&Aセンター 1,537万円
6位、ヒューリック 1,410万円
7位、伊藤忠商事 1,339万円
8位、朝日放送 1,317万円
9位、三菱商事 1,314万円
10位、ファナック 1,262万円
 

1位、2位、4位、5位は
企業のM&Aの仲介と助言を行う会社となっていて
カナリ収入が多い業種となっていますね。

3位キーエンスは、とんでもなく多忙で有名のメーカー。

 
激務や残業、選ばれし者、といったのはごくごく普通のイメージで、
いばらの道をかけていく必要がありますね。

僕も大手金融機関でしたが平均年収1000万円に到達するかしないかのラインでも
平均勤続年数が10年にも全然満たなかったので、
いかに過酷か、伝わってくるかと思います。

ちなみに、サラリーマン当時は毎朝4時半起き、23時帰宅でした。笑
 

高給取りの記事もぜひ合わせてみて頂ければ、
イメージが湧きやすいとお思います。

高給取りはいくらから?その仕事や職業とは!?ランキングや特徴まとめ

 

大企業、中企業、小企業ごとの40代平均年収


 

では企業の大きさによって40代の平均年収はどれくらい変わるのか?

大企業、中企業、小企業ごとの40代平均年収をチェックしてみましょう。
 

年齢大企業中企業小企業
男性40代前半
女性40代前半
661万円
537万円
550万円
430万円
506万円
346万円
男性40代後半
女性40代後半
759万円
601万円
604万円
454万円
525万円
350万円

 

以下は厚生労働省のデータよりまとめてみたものです。
 

40代前半

男性40代前半
大企業、661万円
中企業、550万円
小企業、506万円

女性40代前半
大企業、538万円
中企業、430万円
小企業、346万円

40代後半

男性40代後半
大企業、760万円
中企業、604万円
小企業、525万円

女性40代後半
大企業、601万円
中企業、454万円
小企業、350万円

 
学歴もそうでしたが、やはり企業の規模によっても
年代があがるにつれて、平均年収も大きく変わってくるようですね。
  

資本金がさらに大きくなり10億を超える大企業であれば、
平均年収はさらに高くなります。

40代前半でも平均年収は男性739万円、女性で373万円。
40代後半なら平均年収は男性845万円、女性で361万円
とすごい感じです。
 

ここまでの上場企業ならその他福利厚生も
かなり充実しているので、子育て、マイホーム、
貯金としっかりできますね。

年収800万円も稼いでるんだから、といっていろいろ無理してしまうと
稼いでいるのにお金が足りない、見栄に使いすぎると危険、なので注意です!
 

また、基本的に、資本金が少なくなるほどに平均年収は少なくなる傾向にあり、
資本金5000万円~1億円未満の40代前半の平均年収は男性528万円、女性274万円となり、
40代後半の平均年収は男性で567万円、女性で278万円となります。

大企業と中小企業を比べると
平均年収が200万円以上の差があることが分かります。

 

まず600万円を目指すためにその世界を知っていくのもありですね。

年収600万円の手取りと税金、生活レベルは?貯金はいくらくらい?

 

学歴別40代の平均年収

以下にもご紹介してますが、勤続年数が増えるほどに
収入に差が開いてくるわけですが、それは学歴も大きく関係しています。

 
40代前半の学歴別平均年収

大学・大学院卒短大・専門学校卒高卒
男性512万円
女性403万円
男性392万円
女性318万円
男性374万円
女性260万円

 
40代後半の学歴別平均年収

大学・大学院卒短大・専門学校卒高卒
男性583万円
女性442万円
男性445万円
女性335万円
男性395万円
女性267万円

 
40代前半
大卒や大学院卒の学歴を持つ大卒以上の人の平均年収は512万円。
高卒、専門学校、短大卒などの四大卒未満の人の平均年収は374万円。

40代後半
大卒や大学院卒の学歴を持つ大卒以上の人の平均年収は583万円。
高卒、専門学校、短大卒などの四大卒未満の人の平均年収は395万円。

 
40代後半になってくると
学歴による年収の差、ずばり200万円近いですね、
毎年この金額違うのはかなり大きなものです。

4年制の大学を出ていることが採用条件の大企業もやはり多く、
そういったところも影響しているようですね。

 

40代の平均貯金額


 

さて、ここまで40代の平均収入を見てきましたが
貯金についてはどうなのでしょうか?
 

貯金があると答えた人、ないと答えた人の割合はこちらです。

貯金がある、65%
貯金がない、35%

半分以上の方が貯金があると答えてますが、
地味に驚いたのは貯金がない人の35%、結構多いですよね。
 

年収300万円未満の方の貯金の有無ですが、
貯金ありが60%弱、まで下がります。

年収500万円未満の方は約7割の方が貯金をしているので、
500万円以上になると、その割合はさらに増えて貯金をしている人が多くなります。

キャッシュはいざという時やはり持っていると心強いので、
貯金は無理せず、コツコツやっていくのがイイかなと思いますね!

 

40代の平均貯金額は588万円です。
1世帯当たりの貯金額ですね。
 

とにかくお金が必要になる年代なので
独身か結婚しているかによっても大きく異なる感じですね。

40代、正規雇用の平均年収は非正規雇用の約2倍

40代、正規雇用での人と非正規雇用の人の
平均年収ですが、どんどん差が広がってきています。

こちらの記事にも書いたのですが、
20代、30代、とどんどん平均年収に差が出てくるんですね。
長く務めるほどにそれは顕著になります。

30代の平均年収、手取りはいくら!?ランキングや男性、女性別にチェック
 

正社員、正規雇用の人の平均年収は約560万円。

契約社員や派遣社員、アルバイトといった非正規雇用の人は、
平均年収は約255万円でした。

というように平均年収の差は約2,1倍になってしまうわけです。
 

20代ではそういった差は顕著に表れませんでした、
ですが40代では管理職や経営幹部になったり
ボーナスをもらえる場合もかなりの金額になってきます。

ですが非正規雇用の人の場合は、大幅な昇給も期待しにくく、
ボーナスの金額も正規雇用の人には届かない場合が多く、
こういった現状になっています。

生涯年収やボーナスについてもこちらにまとめましたので、
ぜひチェックしてみてくださいね。

サラリーマンの生涯年収、手取りの平均が。生涯賃金もチェック

サラリーマンのボーナスの夏と冬の平均は?税金もお忘れなく

 

40代での転職は厳しい


 

40代で平均年収が少ない、と感じた場合は
転職を視野に入れるのもアリですが、事実2,30代に比べると
転職先が少なくなっているのが現実です。

40歳以上の転職の成功確率はなんと15%程度。

かなり少ないことがわかります。
書類審査でも落ちることが多く諦める人も多いようですね。
 

無理に転職をして危険な成功確率の低い戦いに勝負するより、
副業やリスクを抑えたもので平均年収を増やしていくのがイイと思います。

 
僕はいきなり脱サラしましたが、
かなり危険だったのでおすすめしませんw
普通に文無しになる可能性が高いですので。

40代、年収を増やす方法


 

1 40代の平均年収
1.1 40代男性の平均年収
1.2 40代女性の平均年収
1.3 40代前半の平均年収
1.4 40代後半の平均年収
2 40代の平均手取り
2.1 40代前半平均手取り
2.2 40代後半平均手取り
3 40代の平均年収ランキング
4 大企業、中企業、小企業ごとの40代平均年収
4.1 40代前半
4.2 40代後半
5 学歴別40代の平均年収
6 40代の平均貯金額
7 40代、正規雇用の平均年収は非正規雇用の約2倍
8 40代での転職は厳しい
9 40代、年収を増やす方法

 
40代のすべての平均年収はこちらから(男性女性)
40歳は約449万円
41歳は約454万円
42歳は約460万円
43歳は約466万円
44歳は約473万円
45歳は約480万円
46歳は約487万円
47歳は約494万円
48歳は約496万円
49歳は約498万円

 
と、40代の平均年収や手取りについてご紹介してきましたが
ここまでいかがでしたでしょうか?

学歴によって徐々に大きな差となってくるサラリーマンですが、
今から昔勉強をしていればよかったと後悔しても遅いし、
かと言って転職するのもかなり難しいようです。

 
なので、できるコトをコツコツやっていくべきで
副業やリスクを抑えてネットで収入を増やすのが
おすすめですね。
 

ネットを使った稼ぎ方としては

・ブログ
・転売
・アフィリエイト

などがありますが、個人が稼ぎやすい時代になったのと同時に、
資金が少なくても数万円、数千円で始めれるのがメリットです。
 
ハードルが下がっていますが、
逆に身銭を切ることが少ないので
気合いが足らず、途中で諦める人が多い印象ですね。
 

僕もネットで生計を立てて7年が経ちますが、
多くのコンサル生にも月10万円から~265万円と
実績を作ってもらっています。

20代で月の利益が700万円を突破し、自由に毎日過ごしています、
といっても毎日休みなしで働いています笑

キャンプなどが好きでずっとやっています。

 

 
そして、先ほどの実績者達も読んでいる、無料講義がありますので
もしよかったらチェックしてみてください。
現在6000人以上が無料で読んでくれています。
 

『期間限定無料』1日1時間、ネットで稼いで収入を増やしてみる
 

では最後までご覧いただきまして
ありがとうございました。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ